• TUNERS(チューナーズ)は車のカスタム,改造車,ドレスアップを中心とした専門WEBマガジンです。カーライフに関わる情報を随時更新しています。
  • logo
  • logo
  1. ホーム >
  2. ホイール&タイヤ >
  3. オフ車にも似合うホイールが欲しい─。CRIMSON MG/クリムソン MG

オフ車にも似合うホイールが欲しい─。CRIMSON MG/クリムソン MG

01

CALL CRIMSON,INC. 06-6180-1511
MG LYCAN (18×8J IN35 10H-114.3/127)

アメリカ生まれの都会派ストリートホイール

オフロードテイストを都会派にアレンジしたホイールブランドとして人気の高い「MG(エムジー)」ブランド。

アメリカンブランド「マーテル」からストリートピックアップ向けのブランドとして誕生し、いまでは200系ハイエース用としても人気を確立している。

そんなMGを知るため、ブランド立ち上げのきっかけとなったアメリカの4WDカスタム事情を振り返ってみよう。

2000年代の4WDカスタムでは、24インチ以上の大口径ホイールが流行していたが、2010年頃になるとストリートでマッドタイヤを履きこなすオフ寄りのスタイルが盛り上がっていく。

SEMAショーに出展される4WDカスタムがガラリとオフ寄りのテイストになっていくのもその頃から。

カスタムベースとしてジープ・ラングラーがもてはやされるのもそんな経緯からだった。

この4WDカスタムのNEWウェーブを国内にフィードバックし、牽引したブランドがMGだ。

本格的なオフ向けホイールのテイストを巧みに取り入れ、ストリートで映える都会派の4WDホイールを次々とプロデュース。

インサート、ストリートロックというカラーチェンジできる着せ替えアイテム的なNEWパーツをオプション設定としたのも新しい。

「ビースト」を皮切りに最新作の「ライカン」まで、すでに5モデルをラインアップするMG。

いずれも力強さと都会的なスタイリッシュなフォルムを併せ持ったデザインが特徴。

ストリートで4WDの足元を飾るには絶好のモデルとした。

オフロードを走破する4WDのカッコよさを足元から演出するMGは、都会派4WDカスタムの新・定番ホイールだ。

LYCAN(ライカン)【16・17・18inch】

21

ストリートロック

7つの交点を持つ独特なディッシュデザインが印象的な最新作「ライカン」。

ダミーのビッグピアスボルトを配したディスク外周やビッグボルトイメージのセンターキャップなど、随所に斬新なデザイン処理が施されている。リムにはマシニング処理が施されている。

22-1

VAMPIRE(ヴァンパイア)【16・17・18inch】

17

インサート

リムにピアスボルトや角形デザインのアクセントを持たせた「ヴァンパイア」。

6本スポークの中央部に輝くポリッシュ仕上げはリムへとつながり、フランジ部分の角形デザインへとつながる立体的な構造を採用。

スポークとインサートが一体化するデザインが美しい。

1888

DEMON(デーモン)【16・17inch】

13

ストリートロック

骨太&ワイルドなオフ系ホイールを前面に押し出したのが「デーモン」だ。

ディッシュデザインのディスク面には5つのホールを採用し、ホール側面にはサイドマシニングを施すことで造形のアウトラインを引き立たせる。

ビードロック調のストリートロックも新しい試み。

144

MONSTER(モンスター)【16・17・18・20・22inch】

07

インサート

細身の10 本スポークを備えた「モンスター」はブランドの中でもっとも大径感をアピールするモデル。

スポークがリムに接合する部分にはピアスボルトを設けるなど、派手なアクセントを込めた都会派のアレンジが光る。

このモデルも多彩なカラーのインサートをオプション設定する。

08-01

BEAST(ビースト)【16・17・18・20inch】

02

※軽カー用に12&15″ アリ

インサート

ブランドを世に知らしめた代表モデルが「ビースト」だ。

脚長感を演出した8本スポークは大径感をより強調する印象的なデザイン。

しかも各部の造形にワイルドなテイストを取り入れることで、オフロードのイメージを取り込んでいるのが特徴。

着せ替え可能なインサートを採用して個性的な足元を作ることができるのも魅力。

03-01

 

芸文社 / カスタムカーvol.475

カスタムカー 雑誌購入はこちら

 



関連する記事