• TUNERS(チューナーズ)は車のカスタム,改造車,ドレスアップを中心とした専門WEBマガジンです。カーライフに関わる情報を随時更新しています。
  • logo
  • logo
  1. ホーム >
  2. ショップ >
  3. オートキャンプからトレーラー泊まで、極上の「非日常」を楽しめる。

オートキャンプからトレーラー泊まで、極上の「非日常」を楽しめる。

お問い合わせ:FREE AND EASY CAMP RESORT
Tel:059-391-6363 HP:www.fecr.jp

OUTDOOR VEHICLES can GO ANYWHERE! #5

ソトアソビに長けた人にとってみれば、非日常のキャンプはもはや日常。手際よくテントやタープを展開して、いつも通りに焚き火やBBQを楽しむ。そんなベテランキャンパーにこそ、ぜひ至れり尽くせりのフリーアンドイージーキャンプリゾートでの非日常を堪能していただきたい。

労力を委ねることで得る時間を、家族との至福の時間へ回せる喜び

本誌の読者の多くは、車中泊やキャンプなどのソトアソビを嗜むベテランか、数回程度経験したことがあるビギナーが大半だと察する。筆者もビギナーだった頃があるので経験済みだが、家族との思い出作りにと大自然の中で非日常を堪能しようとキャンプをしたものの、いざ現場に着くとテントやタープを張ってテーブルやチェアなどをレイアウト。

そして次は調理の準備に火おこし、食事が終わると後片付けをして……といった感じで、蓋を開けてみると子供や奥さんとの会話も少なく、お互い目も合わせずに黙々と準備と片付けに追われるなんて経験も少なくないだろう。

そんな慌ただしいキャンプとは一線を画す“至福のひと時”を楽しめるのが、この夏オープンしたばかりの[フリーアンドイージーキャンプリゾート]だ。カフェ&BBQツリーハウスでは夕食や朝食をオーダーできて、手ぶらで行っても食事を楽しめる。

徒歩圏内には片岡温泉があり、愛犬連れでも楽しめる広大なドックランもあり、トリミングも可能なドックサロンまでも併設されている。そして極めつけはXキャビン・トレーラーによるグランピング泊。何の準備をしないでフラッと訪れても楽しめる、まさに“おもてなしの極み”だ。

さらに、もうひとつのおもてなしは、夜になるとサイトを彩る美しいイルミネーション。施設の経営母体がLED照明の製作・施工を主とし、全国各地の有名なイルミネーションを手掛けているエフェクトメイジだけあって、それはもう素晴らしく、幻想的でロマンチックな気分にさせてくれる。

皆さんもたまには手ぶら何もせず、極上のおもてなしに身を委ねて、極上のアウトドアを楽しんでみてはいかがだろうか。

DAY @ RVサイト

100V10Aの電源が備わる、区画内は人工芝で快適に楽しめるRVサイト

駐車場脇には人工芝のRVサイトを完備。自分たちで食材や飲み物を持ち込んでBBQを楽しめるし、事前予約すれば手ぶらでBBQディナーを楽しむこともできる。電源付きサイトなのでスマホの充電や照明の電源にも困らず、これからの季節は必須の電気毛布なども安心して利用することが可能だ。

NIGHT @ X-cabinトレーラーサイト

アメニティはホテルと遜色ない一流品!

今回、宿泊したトレーラーは、Ogawa製テントと連結したタイプ。X-cabinの中へ乗り込むと、そこは非日常空間。キャンプ&テント慣れしている我が子も、この日ばかりはいつもとは異なる快適な寝床にご満悦の様子だった。

愛犬やお子さん連れでも安心

フリーサイトの先には穏やかな川が流れていて、川遊びも楽しめる。また、リード無しで走り回れるドッグランやドッグサロンも完備している。

まさに非日常空間!美しすぎるライトアップ

都会のイルミネーションとは一線を画す、木々とLED照明によるコラボレーションは実に幻想的。中庭には大きな焚き火台が備わり、専門スタッフが火加減を調整してくれるので、炎を愛でながら異次元のライトアップを堪能することができる。

RVサイトから歩いてすぐの専用ウッドデッキでBBQを堪能!

テンダーロインステーキからハンバーグまで、4つのコースから選べるBBQディナーは17時から21時まで利用可能。面倒な炭おこしや食材の準備、後片付けなどの煩わしい手間から解放されるのでゆったり楽しめる。

2022年8月10日にオープンした、新感覚キャンプリゾート施設

X-cabinトレーラーを手掛けるエフェクトメイジが、三重県・菰野ICを降りてすぐの立地にオープンしたキャンプリゾート施設。同社の主体であるLED照明を駆使したイルミネーション演出やX-cabinトレーラーキャンプなど、魅力的なアウトドアシーンが盛り沢山!


お問い合わせ:FREE AND EASY CAMP RESORT[フリーアンドイージー・キャンプリゾート]

住所:三重県三重郡菰野町菰野4838-1
Tel:059-391-6363
E-mail:contact@fecr.jp
HP:www.fecr.jp


Photo:Kiminori Takeuchi
Text:Akira Ishii


CAR&OUTDOOR vol.02

マガジンボックス

関連する記事