• TUNERS(チューナーズ)は車のカスタム,改造車,ドレスアップを中心とした専門WEBマガジンです。カーライフに関わる情報を随時更新しています。
  • logo
  • logo
  1. ホーム >
  2. 車種カテゴリー > インポート >
  3. モパー通のカレの影響で憧れたフィアット500モパーエディションを再現!!

モパー通のカレの影響で憧れたフィアット500モパーエディションを再現!!

POP STAR FIAT500

01__DSC4731

ベースカー フィアット500 ’10年型
オーナー アヤカちゃん
協力 D.I.D ダイレクトイグニッション
TEL:011-776-0001
Special Thanks TMオートサービス、バランスオートパーツ、ブロケイド、ニューイング、ラスティック

マッスルなモパーの生みの親で知られるクライスラーはフィアットに買収され、フィアットクライスラーオートモーティブの子会社となり、今ではフィアットとクライスラーは兄弟ブランド。

そんな事情からアメリカでフィアット500・モパーエディションが存在している。

そんな話をモパーLOVEなカレの影響で知ったアヤカちゃんは足車のフィアット500でモパーエディションの再現を計画。

ボディカラーは純正のホワイトで、これにアメリカで絶大な人気を誇るDTM FiberWerkzのフィアット500用キットを日本国内では初装着し、モパーばりのマッスルフォルムを獲得。

でもって、500らしからぬマッチョなボディに、お仲間のダスターの反対色であるレッドで、ダスターをモチーフにしたラインを入れて、おそろいコーデを完成。

どちらのボディにも“500”の数字がレタリングされているのだが、フィアット500はもちろん車名を表しており、起源を遡ると500ccのエンジンに由来する。

で、ダスターに書かれた“500”が意味するのも排気量、つまり500ci(約8200cc)ということなのだ。

マッチョなオーバーフェンダーに収まるホイール&タイヤもアメリカンなアプローチ。

モパーとは切ってもきれないファットなミッキートンプソンのタイヤをリアに履かせるために、ホイールアーチの形状から逆算して極力大きなタイヤを選定。

これに合わせるホイールは、ブロケイドの鍛造ホイール。通常こういったサイズのタイヤを装着しないホイールだが、驚くほどよく似合っている。

とはいえフィアット500はFFなので、駆動しているのはフロントに履いたナンカンタイヤというのは、ここだけの秘密ということで(笑)

02__DSC4865

アメリカのボディパーツメーカーDTM のワークスキットを用いて、フィアット500・モパーエディションのマッスルフォルムをオマージュした迫力ボディに変貌。センターが盛り上がるボンネットは純正ながら、どこかダスターに通ずるものを感じる? ボンピンはダスターとのシンクロ率を高めるために装着したダミー。

 

shoulder

06_DSC4851

ブロケイド BL09 はミッキートンプソン履きのためにサイズを17 × 9.5J に設定。バランスでオーダーした特注の車高調でローダウンしつつも、ファット感を出すためベタベタにはせず、肉厚なタイヤを見せつけるフィニッシュ。憧れのモパーエディションはビスなしフェンダーだが、そこはご愛嬌(笑)。

フィアット・モパーエディションは元ネタこ~んな感じ!!

moprar-customized-fiat-500-to-hit-detroit-show-29379_1

モパー10(チャレンジャー)、 モパー11(チャージャー)のブラックボディに、ブルーのラインを加えた姿をフィアット500 で再現したのがフィアット500 ・モパーエディション。特徴的なブルーのラインとふくよかなフェンダーが与えられた。

こちらのダスターがディティールのモチーフ

05_DSC4891

ベースカー ダスター360 ‘73年型

500 繋がりでフィアット“500”のディティールを煮詰めるお手本となったのが、こちらの’73年型ダスター。360 エンジンを440 エンジンにスワップし排気量“500”キュービックインチ(8.2ℓ)までパワーアップしたプロストリートマシンだ。フィアットのボディカラーやピンストのカラーはこのダスターを参考に決定。でもって、おそろの500 レタリングを加えている。

キャワイイユーロ車がまさかのミッキートンプソン履き!!

03__DSC4824_2

ボディキットは北米仕様に合わせてデザインされたため、国内仕様と給油口の位置が異なる。それだとガソリンが入れられない! ってワケでフェンダーカットのほか給油口の位置もずらして装着。ムチムチ感を演出するためリアタイヤはミッキートンプソンの245/ 45R をチョイスし、モパーライクな足元を演出。

 

04_DSC4877

ダスターとおそろいのラインをボディサイドに走らせ、500 のレタリングまでシンクロ。
元ネタのフィアット500 モパーエディションを単純に再現するのではなく、独自のアレンジも加えている。

私が愛した1台。フィアット500 モパーエディション(OWNER: アヤカちゃん)

オーナー_DSC4789_1 のコピー

モパー10(チャレンジャー)、 モパー11(チャージャー)のブラックボディに、ブルーのラインを加えた姿をフィアット500 で再現したのがフィアット500 ・モパーエディション。

特徴的なブルーのラインとふくよかなフェンダーが与えられた。モパー好きな彼の影響で、ワタシもモパーに興味を持つようになりました。でもカワイイからフィアット500 も好き。

そんな時にクライスラーとフィアットが兄弟会社で、フィアット500 にモパーエディションがあることを知ったんですけど、買ってこれないからこの仕様にチャレンジしてみました♥

 

芸文社 / カスタムカーvol.475

PHOTO鑓水雄介 TEXT勝村大輔

カスタムカー 雑誌購入はこちら



関連する記事