• TUNERS(チューナーズ)は車のカスタム,改造車,ドレスアップを中心とした専門WEBマガジンです。カーライフに関わる情報を随時更新しています。
  • logo
  • logo
  1. ホーム >
  2. 足回り > サスペンション >
  3. コンケーブホイールを前後異なる履きこなし 視線を奪うローフォルム!【箱車WARS】

コンケーブホイールを前後異なる履きこなし 視線を奪うローフォルム!【箱車WARS】

01_Hi_01

ベースカー ハイエース・ナローボディ・バンDX ’12年型
SPECIALTHANKS ガレージM

“オシャレは足元から”と誰が言ったか知らないが、このルールはハイエースの世界においても同様。

SBMユーザーの多くは世界最大クラスの商品点数を誇るハイエース用ホイールに目を奪われながら理想の1本を追い求めるのだ。

そんなオシャレさんが集まったSBMで、本誌編集部のハートを射抜き、足元バッチリ賞(ホイールと履きこなしがステキなクルマに贈るアワード)をゲットしたのがコチラのバンDX。

肝心要のホイールはエセックスコンケーブ(通称EC)をチョイス。

その名のとおりホイール中央へと沈み込むコンケーブデザインが特徴的な逸品だ。

で、注目すべきはホイールの履かせ方。

フロントは5㎜内側にねじ込み、オバフェン内にちょいとリムを被せる。

一方リアは、オバフェンツラツラにリムを攻め込んだ前後異なる履きっぷりにやられたり!

また、ドアハンドルやエアロはボディ同色のハイエース純正のシルバーで塗り上げて、足元で鈍く輝くホイールに視線が集まる小技もお見事。

コンケーブのホイールと相まってまさに引き込まれるような魅惑のフォルムを構築。

ハイドロで車高をガツンと落とし込みつつ、ルーフは半ツヤのブラックで塗り、視覚的にもローフォルムを強調しているのも、このクルマのスタイリングのミソなのだ。

SBMには仕事車での参加者も多く、オーナー前田サンもそのひとり。

様々な純正カラーがラインナップしているハイエースにおいて一見地味な純正シルバーを生かしたのも、働くクルマ=バン(ハイエース)らしさやアイデンティティを漂わすカラーだから。

でもって、地味カラーだからこそ引き立つ足元メイクとの組み合わせがたまらんのヨ!

これぞ、仕事現場もイベントもOKな、働くオトコの商用車カスタムの好例ナリ。

【異次元のハイパーカスタムポイント】フロントはリムをガブリ、リアはツラツラでキメる!

02a_Hi_04

ホイールはエセックスコンケーブ(EC) 20 × 8.5JIN18 のSBC(スーパーブラックコート)を4 本通しでイン。

前後で異なるツラ具合は、フロントに入れた5㎜のスペーサーとキャンバーの違いで演出。

フロントのインナーフェンダーはカット済み、リアフェンダーもアーチ上げのちエセックスのオバフェンダーを装着。

クリアランスとツラを攻めるため、オバフェンの厚さを薄く加工してある。

FRONT

02b_Hi_07

REAR

02c_Hi_08

ハイドロユニットをコンパクトにインストール!

03a_Hi_15

車高の調整はスキッパーのハイドロユニットが担当。

普段から仕事車として使用しているため、セカンドシート後方には工具が満載。

03b_Hi_16

そのためハイドロユニットは積載スペースを減らさぬようシートの下にレイアウト。

04a_Hi_05

フロントにはT.S.D STYLING のワイドルックバンパーを装着。

04b_Hi_06

グリル上部はバッドフェイスボンネットに干渉しないようにワンオフした。コプラスのヘッドライトで目力アップ。

シルビア用を流用したダミーのインタークーラーと自作のフリッパーでドレスアップ。

ハイドロで演出する魅惑のローフォルムで引き立つコンケーブホイール

05a_Hi_03

リアはCノッチし、玄武の4インチローダウンブロックを装着。

05b_Hi_10

さらにリーフの枚数を減らし激低に。4本出しのマフラーはエセックスのマフラーを2 コイチしたワンオフだ。

05c_Hi_09

ダイナスティのリアバンパーは30㎜短縮加工し、サイドステップとの高さをそろえることで美しいシルエットを作り出した。

【OWNER】前田和昭サン・47歳(埼玉県新座市)

06_Hi_17

仕事グルマとして、ハイエースを乗り倒す前田サン。

リアゲートを開けると自作のラックに仕事道具が満載だ。

前田サンのガレージには休日になるとクルマいじりの仲間が集まってカスタムにいそしむそうだ。

 

芸文社 / カスタムカーvol.471

カスタムカー 雑誌購入はこちら

 



関連する記事