• TUNERS(チューナーズ)は車のカスタム,改造車,ドレスアップを中心とした専門WEBマガジンです。カーライフに関わる情報を随時更新しています。
  • logo
  • logo
  1. ホーム >
  2. 車種カテゴリー > インポート >
  3. 自由すぎる猛牛。ランボルギーニ アヴェンタドール LP700-4 25 Limited Edition 【 LB ★WORKS】

自由すぎる猛牛。ランボルギーニ アヴェンタドール LP700-4 25 Limited Edition 【 LB ★WORKS】

記念すべき25周年も、やっぱりランボルギーニ!

ちっぽけな中古車屋で始まったリバティーウォークは気がつけば生誕25周年を迎えたアニバサリーモデルを世界へ向けて発表するまでに成長を遂げていた。

しかもアヴェンタドールのLBワークスマシンである。

 

世界でたったの50台その価値は無限大!
リバティーウォーク生誕25周年、加藤 渉氏の50歳を記念して製作されたリミテッドエディション。加藤氏の年齢にちなんで世界限定50台( 国内30台、海外20台)が予定されたが、国内分はもう完売したとか。恐るべし人気である。

 

 

 

LAMBORGHINI AVENTADOR LP700-4
25 Limited Edition

2018年、リバティーウォーク25周年にして代表の加藤 渉氏が50歳という節目を迎えた。これまで支えてくれた大勢のファンへの感謝の気持ちと、自身が一層世界で羽ばたくという決意を込めてアニバーサリーモデルを発表した。

ベースはもちろん、LBワークス飛躍のきっかけを作ったV12ランボルギーニである。20周年の際にはムルシエラゴのアニバーサリーを20台限定でリリースしたが、今回はアヴェンタドールの25thアニバーサリーを、加藤氏の年齢にちなんで世界限定50台で作り上げた。

 

記念すべき1号車は、今年の東京オートサロンでデビューさせ、ヨーロッパ進出への一環としてジュネーブ・ショーへも持ち込み、伝統と格式あるヨーロッパ市場をあっと驚かせた。

新車価格にして軽く4000万円を超えるクルマで、ボディキットの価格だけでも600万円近いものの、完売するのは時間の問題だろう。それほど、LBワークスは世界中の人々が待ち焦がれる存在になった。

 

「スーパーカーのフェンダーを切って改造するなんて神への冒涜だ」「価値が減る」と否定されまくった世論を見事に吹き飛ばして世に認めさせたLBワークスの集大成である。

 

2013年にランボルギーニが生誕50周年を迎えたように、リバティーウォークとLBワークスも、50周年、100周年——と成長を続けていって欲しいと願う。と、素直にそう思えるほど、実にクールなマシンである。

 

 

 

フォージアートで着飾った足まわり
東京オートサロンからジュネーブ・ショーにまで出展された個体。足もとはフォージアートでゴージャスなテイストを取り入れた。ビス留めのオーバーフェンダーをここまでランボに調和させたのは偉業だと思う。

 

 

 

 

Modifications

EXTERIOR
LAMBORGHINI AVENTADOR LP700-4
20 Limited Edition complete body kit
フロントバンパーVer.2
フロントディフューザーVer.3
フロントディフューザーVer.3 フィン
フロントレーシングカナード
サイドディフューザーVer.2
サイドカナード
リアディフューザーVer.3
リアウイングVer.3
ワイドフェンダー
ボンネットフード

SUSPENSION
エアサスペンション(AirREX)

WHEEL
FORGIATO MAGLIA-ECL 20/21inch

TYRE
Pirelli P ZERO

 

 

問い合わせ
Liberty Walk
Tel:0561-51-5252
http://libertywalk.co.jp

 

カスタムカー完全ガイドvol.02
マガジンボックス

 

Text |中三川大地   Daichi Nakamigawa



関連する記事