• TUNERS(チューナーズ)は車のカスタム,改造車,ドレスアップを中心とした専門WEBマガジンです。カーライフに関わる情報を随時更新しています。
  • logo
  • logo
  1. ホーム >
  2. 車種カテゴリー > スポーツ >
  3. NSX、万歳! 和製マシンを着こなすレーシング@ハート HONDA NSX 【 LB ★WORKS】

NSX、万歳! 和製マシンを着こなすレーシング@ハート HONDA NSX 【 LB ★WORKS】

新たにLBワークス・ラインナップに仲間入りしたのがホンダ待望のスーパースポーツとして話題のNSXだ。

日本と同じく、NSXの生産国であるアメリカで熱望され実際に2017年のSEMAでは実車が公開された。

 

2017 年、SEMA デビューを飾った!
この個体は2017 年のSEMA に出展されたもの。北米でLB ワークスのディストリビューターを務めるJIN パフォーマンスが製作して持ち込んだ。

 

 

 

HONDA NSX   Produced by LB ★WORKS

 

まるで最新のGT500マシンのような雰囲気である。LBワークスの新作であるホンダNSXだ。

いや、ホンダ最新の研究開発とGTレギュレーションのもとに生まれるGTマシンよりも、はるかに人間の手触りを感じさせて色気がある。性能では叶わなくてもストリートでの雰囲気は満点だ。

 

 

LBワークスNSXは昨年よりイラストやCGが発表され、今か今かと待ち望まれていたが、今年にかけて一気に複数台がデリバリーされたようだ。瞬く間にNSX第二の故郷であるアメリカへと渡り、今では日米ともに順調に増殖を始めている。

それにしてもNSXの持つ未来的なスーパーカースタイルに、昭和の伝統ビス留めフェンダーをきっちり成立させてしまうデザインセンスはさすが。

 

ボディキットのセオリーは他車と同じだが、ランボルギーニやフェラーリ以外であってもミッドシップ・スーパースポーツとLBワークスとの親和性は高い。

 

レクサスLC500を含めて、LBワークスにとって今年は日本車が飛躍の年になりそうだ。もはや定番にして不動の地位を得るR35GT‐Rに加え、LC500、そしてNSX。

 

まるで、SUPER GTのような国産自動車メーカー三つ巴の闘いが始まりそうな雰囲気である。

ちなみに日本ではNSXの弟分であるS660のLBワークス(LBネーション SSX‐660R)も好評で、大小が並ぶ姿はどこか愛くるしい雰囲気があった。

 

 

 

 

足もとを引き立てるメイド・イン・USA
LBワークスは多くのホイールブランドを履きこなすが、この個体にはSAVINI フォージド「SV67」が組み合わされた。すべてのフェイスデザインで1 〜 3 ピースが、またコンケーブやエクストラリップなど様々な形状がオーダーできる体制は、LB ワークスとのマッチングを図るのに最適だ。

 

 

Modifications

EXTERIOR
LB-WORKS
HONDA NSXVer.1 complete body kit
コンプリートキットver.1
フロントディフューザー
サイドディフューザー
リアディフューザー
リアウイングVer.1

WHEEL
SAVINI FORGED SV67

TYRE
NITTO NT555

 

 

問い合わせ
Liberty Walk
Tel:0561-51-5252
http://libertywalk.co.jp

 

カスタムカー完全ガイドvol.02
マガジンボックス

 

Text |中三川大地   Daichi Nakamigawa






関連する記事