• TUNERS(チューナーズ)は車のカスタム,改造車,ドレスアップを中心とした専門WEBマガジンです。カーライフに関わる情報を随時更新しています。
  • logo
  • logo
  1. ホーム >
  2. ユーザー >
  3. 職人さんは、ハイエースがお好き。現場で働く男気オーナー、骨太カスタム大公開。

職人さんは、ハイエースがお好き。現場で働く男気オーナー、骨太カスタム大公開。

(現場ではたらく)職 人 さ ん はハイエースがお好き。vol.02

男気オーナー4人衆、骨太カスタム大公開!

カスタムしたって
道具もガンガン積んじゃいます!

いまでこそキャンピングカーやパッセンジャーカーとして人気を博しているハイエースだけど、そもそもの成り立ちは純然たる「カーゴバン」であることは間違いありませんね。そこで、ここではハイエースを〝本来のスタイル 〟として実際に仕事で使っている4人の現場男子をご紹介します。

目指せTスタイルのワークス仕様第一号!
(なんちゃって)

IMG_1611

スミマセン!自分が親方の代理で出ちゃって

The Craftsman Loves ♥ H23 / HIACE SUPER GL
平成23年式ハイエース・スーパーGL

Owner
熊谷幸哉 サン(代役)
年齢 :21歳
職業 :水道工

精悍なフォルムで現場を制圧!
進化を続ける「赤い彗星」

スコップ片手に登場の23年式スーパーGL。ブラックマイカのボディに差し色のレッドが映えるコントラストは「シャア専用」と呼ばれるほどメジャーな存在だ。Tスタイルでネオチューンを施したサスペンションにより、前後ともに4インチのローダウンに成功。Cノッチ、インナーフェンダー加工など細部にも手抜きはない。このスタイルは仕事用として使用するため、ギリギリの高さに調整された実用的な仕様なのだが、現場の環境によっては入れないこともあるという。

精悍なスタイルはワイドルックバンパーやタイプ2ボンネットに加え、Tスタイルのオリジナルホイールであるグレネードが華を添えている。キャンディレッドに塗装された20インチのワンピースホイールは美しくも洗練されたイメージを漂わせる。

インテリアはモモの36φステアリングと4脚のレカロへと換装することで、スパルタンな印象へとイメージを変更。

「今後はTスタイルによるワークス化を目標とし、より迫力のあるスタイルへと進化させて行きたい」とオーナーは語る。「戦いとは、常に二手三手先を読んで行うものだ」という、シャアアズナブルの名言が頭を過ぎる…。

シートにはレカロ製のバケットを採用。長距離の運転でも疲労を軽減。オーナーである馬上良男さん(親方)の指令で代役として登場してくれた熊谷さん。写真の木槌はオーナー撮影用に製作してくれたもの。職人魂を感じさせます(笑)。

IMG_1684

セカンドシートにもレカロ製のバケットをセレクト。スパルタンなイメージを漂わせる個性的なモディファイ。ローダウンに合わせフロントフェンダーをカットし、カーボン調のガードを装着することでレーシーさを演出。

大人っぽい仕上がりのキモは
窓のクリーンなグリーン

IMG_1602

スペアタイヤもエックストゥリー装着でスタンバイ!

The Craftsman Loves ♥ H21 / HIACE SUPER GL
平成21年式 ハイエース・スーパーGL
Owner
下島晴記 サン
年齢 :47歳
職業 :屋根工

玄人好みの大人スタイルが
新時代のトレンドを予感させる

落ち着いた印象を与える大人カスタムが施されたスーパーGL。パールホワイトのボディカラーとTスタイルのワイドルックバンパーが絶妙なコントラストを誇り、特注のメッキグリル、LEDヘッドライト、デポ製のテールレンズによって精悍な4型ルックへとモディファイされている。また、バックドアのスムージング化やクリアガラスに換装しグリーンのフィルムを貼るなど、玄人好みのカスタムが加えられている。6インチほど低められたボディはエアサスを使わず、サンコーワークスのコンタクトを使用した潔よい生足仕様。大きなアクセントとなるホイールはTスタイルエックストゥリーをチョイス。万が一の場合を考えてスペアタイヤにも同じホイールを装着しているという。

インテリアも大人の味わいだ。シートとともにドアの内張りまでもがグレーのツイード素材に変更され、シックな雰囲気を漂わせている。バドニックのステアリングホイールやスムージング加工が施されたメーターパネルとの相性も悪くない。

派手さを抑えながらも、細部まで手を抜くことなくキッチリと仕上げられた一台。スタイリッシュな美しさは、カスタム・ハイエースの未来を予感させる。

グレーのツイード素材に張り替えられたシートがシックな印象。ホイールはエックストゥリーをチョイス。ブレーキはビッグローターキットにTスタイルのキャリカーカバーの組み合わせ。ステアリングはバドニック。

IMG_1650

純正ガラスをクリアなタイプに変更し、さらにグリーンのフィルムで個性を演出。Tスタイルのワイドルック仕様など、派手さを抑えたカスタムがオーナーである下島さんのこだわり。玄人好みの大人スタイルが新鮮だ!

[取材協力]
T-STYLE
Tel.045-342-7757 www.t-style08.com

Report • 鈴木俊男 Toshio Suzuki
Photo • 山田泰弘 Yasuhiro Yamada

 

ハイエース完全ガイド
マガジンボックス



関連する記事