• TUNERS(チューナーズ)は車のカスタム,改造車,ドレスアップを中心とした専門WEBマガジンです。カーライフに関わる情報を随時更新しています。
  • logo
  • logo
  1. ホーム >
  2. 車種カテゴリー > SUV >
  3. 過剰な装飾でごまかさない本物志向のGクラス

過剰な装飾でごまかさない本物志向のGクラス

A33I6207

JUSTICE
Mercedes-Benz G-Class Special Parts

20年以上Gクラスのパーツ開発に情熱を注ぎ、Gクラスカスタムが旬とされる以前から、理想の足を追求し続けてきた職人気質。そこには生半可な姿勢では成し遂げることのできない、高いハードルを乗り越える熱量(魂)が宿る。

加速時のリア沈みによる不快感を払拭した理想の足

A33I6250

現行型の足は旧モデルと比較して革新的に進化しており、乗り味の設定やハイトセンサーなど車高を変化させる際のハードルが非常に高まっている。その革新的なパフォーマンスを犠牲にする事無く、弱点を克服したのが純正で採用されるコイルと同様の異形巻きのコイルスプリングだ。

A33I6221

コーディングのプロがエンジンマネージメントを変更し、パワーレスポンスをアップ。重いボディを引っ張るパワフルな加速力を手に入れている

A33I6278

A33I6279

細い部分と太い部分が織りなす特殊なスプリング形状で20mmローダウンしながらも、発進時には踏ん張りの効き、コーナーではロールを抑える理想形の足捌きは、職人気質ならではと言える。

A33I6294

ルーフや腰下を含むシルバーのラッピングとマッチさせた背面タイヤカバーのAFFALTERBACH AMG。この絶妙なカラー配色もまた、センスの塊である。



シルエットとカラーコントラストで魅せる新作ウイング

A33I6273_1

A33I6237

新作のルーフウィングは真横から見るとルーフエンドに緩やかな立ち上がりの付いたデザインとなるが、斜めアングルから見た時はナチュラルに馴染む造形美。オリジナルのルーフはある一定の角度から見た時に物足りなさを感じる部分があり、ある意味どのアングルから見ても隙を見せない為のシルエット作りに徹した逸品。また、ラッピングの色味に合わせたマフラーエンドの塗装など絶妙なカラーコントラストも特筆物だ。

A33I6283_1


多彩にチャレンジするスピリットを現行Gクラスに注ぎ込む

究極の足回りがコンセプトの『ゲレンデヴァーゲンファクトリー』


JUSTICE
TEL:072-887-7333
URL:https://www.justice.osaka.jp/

コニショックとオリジナルのコイルサスペンションを駆使した巧みなローダウンによる乗り心地の良さで、瞬く間にGクラスの理想的な足作りの第一人者となった職人気質。そしてラッピング界の匠として日本のみならず世界的に活躍するRindaFactoryが共存するジャスティス。年々目まぐるしく進化する世界基準の設備投資にも意欲的で、インフュージョン(真空成型)のウェットカーボンの起用や異形のバネを自社で製品開発するなど、他社とは一線を画すチューナーズメーカーさながらの姿勢がユーザーのみならず業界からも注目されている。



関連する記事