• TUNERS(チューナーズ)は車のカスタム,改造車,ドレスアップを中心とした専門WEBマガジンです。カーライフに関わる情報を随時更新しています。
  • logo
  • logo
  1. ホーム >
  2. 車種カテゴリー > SUV >
  3. 究極の足回りがコンセプトの『ゲレンデヴァーゲンファクトリー』

究極の足回りがコンセプトの『ゲレンデヴァーゲンファクトリー』

ゲレンデヴァーゲンファクトリー、W463A、G63 AMG

G63 AMG Gelandewagen Factory

“究極の足” がコンセプトのGelandewagen Factory

Gクラスのフルカバードエアロの先駆者としてはもちろん、究極の足回りがコンセプトのGelandewagen Factory。ロワードフォルムでのコンフォータブルな乗り心地、リフトアップした際に生じるロール抑制まで、シビアな環境下でも挙動に一切の不安感を与えない。そのGelandewagen Factoryが新型Gクラスの国内正規販売第一号車をベースに、いち早くパーツ開発。

新型用のリップスポイラーをリリース、エアロパーツへの期待も高まる

W463A、ゲレンデヴァーゲン、Gクラス

新型の登場によって話題の中心が現行モデルに集中する現在のGクラス事情。まだまだパーツ開発はこれからといった状況の中で、Gelandewagen Factoryでは既に本国純正マフラーへ換装。さらには新型用のフロントリップスポイラーをどこよりも早くリリースしている。東京・大阪の各正規ディーラーで納車第一号車を手に入れ、いち早くパーツを開発。

Gelandewagen Factoryは長きに渡りGクラスの独創的なフォルム作りに携わっている老舗とあって、その立体的かつアグレッシブなリップデザインは一目置けるレベル。今後同社が得意とするフルカバードのリリースへの期待もいっそう高まる。その際、従来よりもフェンダークリアランスが狭くなったという課題を、いかにクリアにしていくかに注目したい。



W463A、ゲレンデヴァーゲン、Gクラス

W463A、ゲレンデヴァーゲン、Gクラス

フロント21mm、リア25mmのスペーサーでボトムスのバランスを整えており、現状でフロント側のフェンダークリアランスはジャストといった印象。

W463A、ゲレンデヴァーゲン、Gクラス

ドアのエッジが丸くなり後部席ドアの開口部が拡大、ホイールベースも長くなったことでサイドフォルムをいかに料理していくかが課題の一つ。

フロントリップスポイラー、メルセデスベンツGクラス、G63 AMG、ゲレンデヴァーゲン

グリルに埋め込まれたセンサーはスモークフィルムなら反応すると実証済。

新型G63 AMG用本国仕様マフラー

2018年10月初旬の納車よりも2カ月先に本国より取り寄せていた新型G63 AMG用本国仕様マフラー。

純正車高にKONI レイドをセッティング

純正車高にKONIレイドをセッティング、G63純正バンパーとGFリップスポイラー、ルーフバイザー、オーバーフェンダーに33インチ外径のオープンカントリーMTの組み合わせ。

ロティホーム20インチ

ロティホーム20インチとGFオーバーフェンダーの出幅を相性良く演出すべく21mmワイドスペーサーをインストール。ツライチな履きこなしは特筆物。

多彩にチャレンジするスピリットを現行Gクラスに注ぎ込む

Gクラスのリフトアップによるネガティブを徹底的に排除した理想形!

 

Gelandewagen Factory

大阪、東京と2つの拠点で全国のGクラスユーザーをサポートするゲレンデヴァ―ゲンファクトリー。来店や作業予約は全てJusticeで行なっている。問い合わせについては両社で受け付けている。

TEL:072-966-4388
Blog:http://syokuninkatagi.blogspot.jp

 

●来店・作業予約はJustice(ジャスティス)まで

所在地:大阪府門真市岸和田3 丁目45-23
TEL:072-887-7333

協力:Justice
URL:https://www.justice.osaka.jp/

 

Gクラスパーフェクトブック VOL.03
ぶんか社



関連する記事