• TUNERS(チューナーズ)は車のカスタム,改造車,ドレスアップを中心とした専門WEBマガジンです。カーライフに関わる情報を随時更新しています。
  • logo
  • logo
  1. ホーム >
  2. 車種カテゴリー > SUV >
  3. ドイツ本国限定の “G350d PROFESSIONAL”を30台以上導入!【サエキモータース】

ドイツ本国限定の “G350d PROFESSIONAL”を30台以上導入!【サエキモータース】

2016年、ドイツ本国におけるGクラスに新たなグレードが追加された。G350dのみに加わったそれは、オフロード走行を強く意識した“PROFESSIONAL”。限定生産であり、既に新車オーダーは打ち切れたグレードで、日本への正規輸入はされていない。このモデルを30台以上入庫予定としているのがサエキモータースだ。

3M7A0659-1

撮影車両はチャイナブルー×ブラックというカラーコーディネイト。PROFESSIONALグレードとしては2世代目にあたり、以前はW460の外装で登場したが、今回は現代的な内外装のW463の350dがベースである。

 

高い実用性を備えた2代目PROFESSIONAL

2010年、初代GクラスのボディにCDIのディーゼルエンジンを搭載したG-PROFESSIONALが限定生産された。そして2016年、W463型のG350dをベースに最新の内装や装備を持ったPROFESSIONALが登場。どちらも日本への正規輸入はされない希少グレードだ。

今回のPROFESSIONALは実用性の高い装備としていることが先代モデルと大きく異なる部分だ。ATやエアコン、パワステなどの快適装備が備わる。クラシカルな部分は内外装のスタイルのみで、日常ユースにおいても不満を感じさせないことが、新型PROFESSIONALの特徴だ。

この希少なPROFESSIONAL、サエキモータースでは2017年から2018年かけて30台以上の輸入を予定している。新車で手に入れることができる数少ないチャンスがここに存在しているのだ。

限定生産で既にオーダー終了のPROFESSIONALが今ここに

ヘッドライトカバーとグリル、バンパーはブラックアウト化。また取材車のバンパーはオプションの専用デザインが付いている。ルーフには専用のスタップステップを上部に収納するルーフラックをセット。室内はボディカラーが剥き出しの部分が多く、シートはファブリックでパワーウインドーも備わっていない武骨なデザインとなっている。

 

タイヤサイズは265/70R16でGOODYEARのWRANGLERを履き、アルミホイールは専用のマットブラックカラーとなる。リアに備わるラダー、ルーフラック上部にはスタックステップを装備している。フロントフェンダー後部にはPROFESSIONALのロゴが入ったメッキのエンブレムが付く。このPROFESSIONAL、カラーはチャイナブルーのほかにデザートサンドとオプシディアンブラックを用意している。

 

数多くの実車をストックし超低金利での購入が可能

3M7A0817-1

キャンペーン中は1.48%の超低金利での長期払いが可能

創業は1973年と、日本でも屈指の老舗のプロショップがサエキモータースだ。国道6号線の上り線、葛飾区青戸に本社ショールームを構え、その周辺で3つのショールームとサービス工場を展開している。

また、2016年の末からは港区の南青山にもショールームをオープンしている。サエキモータースが扱っている車両は、ユーズドカーはもちろん新車も数多く販売している。特に国内未導入というような希少なモデルを新車で並行輸入することでも有名なところ。プレミアムで希少なモデルも数多く扱っている。

1973年から創業しているという長い営業実績は、同時に独自の車両導入経路も培ってきたため、G350dのPROFESSIONALのような希少車を数多くストックすることを可能にしているのは、サエキモータースの大きな強みだと言える。

また、こういった希少な新車を買いやすくするための購入プランを用意。通常でも1.7%という超低金利ローンを実施しているのだが、キャンペーン期間(すでに終了)は1.48%とさらに低い金利での分割払いを可能にしている(事前審査等が必要)。1%台という超低金利の長期ローンを使えば、月々の支払いを抑えることができ、無理なくG クラスを購入することも可能になる。

このほか、多彩な支払いプランを選択できるニューバジェットローンも実施している。これはユーザーのライフスタイルに合わせて月々の支払いパターンが選択できるもので、契約後にも支払い総額や支払い回数の変更が可能。またスポット返済や繰り越し返済などを利用すれば、手数料負担の軽減にも繋がる。ユーザーの予算に合った支払いパターンの相談にも乗ってくれるのもサエキモータースの魅力だと言える。

2016年の12月からは青山店での展開を開始。Gクラスのほか、アストマーティンやベントレーなどの高級スポーツカーも揃えている。

 

3M7A0867-1

サエキモータースの代表、佐伯博氏。良質な輸入車をエンドユーザーが購入しやすくなるように、超低金利やニューバジェットローンを積極的に導入した人物。葛飾のショールームには車両撮影が可能なスタジオもある。

 

● SAEKI MOTORS
所在地:東京都葛飾区青戸7-3-5
TEL:03-3690-2335
URL:http://www.g-saeki.com/
営業時間:9:00~19:00(月~土)
9:00~18:00(日・祝)
定休日:年中無休

●青山ショールーム
所在地:東京都港区南青山7-1-7
TEL.03-3690-2335
営業時間:11:00~18:00
定休日:火曜日

 

Gクラスパーフェクトブック VOL.02
ぶんか社



関連する記事