• TUNERS(チューナーズ)は車のカスタム,改造車,ドレスアップを中心とした専門WEBマガジンです。カーライフに関わる情報を随時更新しています。
  • logo
  • logo
  1. ホーム >
  2. エクステリアパーツ > エアロ >
  3. 原点回帰のスタイリングと現行Gの機能性を両立【メゾン ミストラル ナロー デザイン】

原点回帰のスタイリングと現行Gの機能性を両立【メゾン ミストラル ナロー デザイン】

Maison Mistral Narrow Design社が提案するコンプリートパッケージはGクラスの本質に一番近く、外装パーツを細部にわたってコンバージョンできる唯一のモデルG350 BlueTECをベースにしたものである。

DSC_9014

W460+W461のスタイリングに最新(W463)の機能性を併せ持つ

マットなミリタリーグリーンのボディカラーを纏い、レトロルックな外装が印象的なこのGクラス。一見するとW461シリーズをベースにオールペイントで美しくリフレッシュしたように見えるのだが、実は違う。W463・G350 BlueTECの外装をW461に変身させたスタイルなのだ。Maison Mistral Narrow Design(メゾン ミストラル ナロー デザイン)社ではGクラスの本質、その魅力とは何かを再考。その結果、長い期間、各国の軍用車両のベースとしても利用され、無駄を削ぎ落とした質実剛健なスタイルに改めて注目したのだ。そして本物志向のコンプリートパッケージとして創り出されたのがType MMNDMIL.Ver1である。

注目はやはり、そのスタイル。五角形のヘッドライトシュラウドと、そこにつながる絞り込まれたフェンダー。グリルおよびフロント・リアのバンパーはW460 のスチール製である。顔周りのパーツに手が加えられ、ナローフェイスになっているので、詳しくない人が見ると、単に古いモデルなのか? と思ってしまいそうなほど。しかし、コンプリートパッケージのコダワリは、現行モデルの安全装備品であるディストロニック・プラスやパークディスタンスをこのクラシカルなバンパーに移植している点である。

大排気量・ハイパフォーマンスモデルの最新Gを乗り継ぐユーザーもいるが…、今の時代に原点回帰の初期型スタイルが逆に新しく、そこに現行G クラスの安全性と走破性が備わることで、ラグジュアリーな道具として、この先何十年も使い続けようと思わせるに違いない。

DSC_8912-,本番

Maison Mistral Narrow Design

DSC_8998

 

現行モデルとは大きくイメージが異なるクラシカルなバンパーに換装した。ディストロニック・プラスも移殖され、安全装備もしっかりと機能する。ナンバープレートの背後にはフロントヒッチメンバーを装備する。

 

フロントと同様にリアバンパーもクラシカルタイプに交換。センサー類も装備されているので使い勝手は変わらない。なお、バンパー上のブレーキランプ横にはコンプリートパッケージの証として、オリジナルプレートが装着される。

 

クラシカルなタイプのドアミラーだが、電動での調整も可能(可倒は手動)。ミラーの根本にはサイドビューカメラも埋め込み済み。ピラー内部には左後方の死角部分をアシストするブラインドスポットアシスト機能も点灯する。

 

武骨なデザインのオリジナルホイールは日本製でJWL&VIA規格をクリアしている。16×7.0Jサイズで純正が履く7.5Jよりも少し細いタイヤを履くことを想定して製作。ビードロックではないので走行時のバランスにも優れ、装着した状態で外周ボルトが外せるため車検にも対応している。なお、コンプリートパッケージとは別にホイールは単品での販売も可能。

 

このコンプリートパッケージの一番の特徴でもあるフロントマスクや細部の変更点は多岐に渡る。ヘッドライト下端のボディのくびれを再現し、モールやドアハンドルも当時のスタイルのものに交換されている。これら全て数多くの装備品類の中からミストラルが厳選したものだ。

 

車内もオプション対応で仕様変更可能

MMND社ではユーザーの希望により、車内にも質実剛健な雰囲気を追加。各部に施されたシルバーや木目の加飾パネルを廃してブラックアウト。掲載車両はドアパネルにマットクロコダイルを貼ったラグジュアリーな仕様だ。

 

社名 メゾン ミストラル ナロー デザイン
住所 東京都中央区新富1-9-5 1F1
電話 03-5566-0259
HP http://www.maison-mistral-nd.co.jp
営業時間 10:00〜 18:00
定休日 日曜日

 

Gクラスパーフェクトブック VOL.02
ぶんか社

 



関連する記事