• TUNERS(チューナーズ)は車のカスタム,改造車,ドレスアップを中心とした専門WEBマガジンです。カーライフに関わる情報を随時更新しています。
  • logo
  • logo
  1. ホーム >
  2. 車種カテゴリー > SUV >
  3. 希望のボディカラーを手に入れる「ラッピング」という選択 ラップテック × P.G.D

希望のボディカラーを手に入れる「ラッピング」という選択 ラップテック × P.G.D

2004 G500 AMGルック

Gクラスを購入する時、「好みのボディカラーがなくて……」などという話はよく耳にする。だったら希望の色に変えてみたら? もちろん、とはいえオールペイントはなかなかハードルが高い。では、こんなメソッドはいかがだろう?そう、「ラッピング」だ。幅広い色やパターンが選べ、しかもキズや日焼けを防止する効果もあり。リセールも心配なしだ!

ベース車両は2004年式G500。AMGルックにモディファイしたP.G.Dのデモカーだ。元のボディカラーはシルバーだが、今回はアジアで唯一の“マラカイトグリーン” にラッピング。

今回のラッピング作業は「P.D.G」はじめ、全国のラッピングショップのコミュニティである「ラップテック」のメンバーによって行われた。各エクステリアパーツを外し、細部まで徹底的に“ラップ” する。

 

「 ラッピングの魅力は剥がして、元に戻せること。だからリセールに影響はありませんし、むしろボディにキズや日焼けも発生しないので、良いコンディションもキープできます」

今回お世話になった『P.G.D』CEOにしてラップエキスパートの大塚真さんは語る。『P.G.D』は全国のラッピングショップのコミュニティである『WRAP-TECH(ラップテック)』のメンバー。ラップフィルムの取り扱いは欧米の全5メーカー、各メーカーが100色以上のカラーを揃えているという。さらに色の組み合わせやデカール、グラフィックのオリジナルデザインも『WRAP-TTECH』の得意とするところ。個性も一際、輝いてくるはずだ!

5P1A2718

ラップテック、P.G.D、ラッピング

 

ラッピング作業は事前にユーザーと色やデザイン、予算を打ち合わせしたうえで開始。パーツの脱着など、どこまで細かく作業するかで予算は異なってくる。実作業はまず、ボディを徹底的にクリーニング&脱脂、そしてフィルムの貼り込み。フルラッピングで、作業時間はおおよそ1週間、みていただければ確実とのこと。ちなみに今回のGクラスは、プレミアムなフィルム使用、細部までの施工で、予算は120万円ほど、とのことだった。

 

今回、施工を行っていただいたのは「WRAP‐TECH」メンバーの皆さん。それぞれが日本各地でファクトリーを営む、ラッピングのエキスパート集団である。

WRAP-TECH、ラップテック

 

ラッピングのクオリティ向上を目指す「WRAP-TECH」

ラッピング技術の向上と、新製品の特徴など、情報の共有を目的に結成されたコミュニティが「WRAP-TECH」。現在、P.G.D(静岡県)のほか、横浜や大阪などのショップから、計9人のメンバーが参加。各ショップの“個”による施工ももちろんだが、さらなるクオリティを求め、メンバーが集まり仕上げていくことも。世界のカスタムカーショーに出かけて最新情報を集めたり、国内のイベントで自分たちの技術を披露したり、活動も活発だ。

WRAP-TECH』で扱うラップメーカーは欧米の5~6メーカーのもの。各社100色以上の色を持ち、そこからセレクトできる。今回、Gクラスに使用したのはPWF社(ドイツ)のマラカイトグリーン。アジア初というプレミアム色だ。

 

「P.G.D」CEO&Wrap Expertの大塚真さん。

「P.G.D」CEO&Wrap Expertの大塚真さん。日本におけるカーラッピングの先駆者であり、現在も技術やデザインのトレンドリーダーとして活躍。『WRAP-TECH』の活動にも積極的だ。

 

『WRAP-TECH』の仕掛け人がこの方、石黒達也さん。

WRAP-TECH』の仕掛け人がこの方、石黒達也さん。ラッピングが広く知られるにつれ、各ショップにも技術の差が……。そこで、お互いがスキルアップを目指そうと、この活動をスタートさせたのだ。

※加盟店などWRAP-TECH についての情報は http://www.88 wrap-tech.net まで。

 

P.G.D
所在地:静岡県島田市阪本1653-13
TEL:0547-38-3416
URL:https://www.signart-tuka.jp/

10年ほど前から現在のラッピングスタイルに取り組んでいる、日本における草分け的な存在。施工技術はもちろん、デザインの面でもトレンドリーダーなのだ。

 

協力: P.G.D
URL:https://www.signart-tuka.jp
URL:www.pgd-wraps.com

 

Gクラスパーフェクトブック VOL.03
ぶんか社



関連する記事