• TUNERS(チューナーズ)は車のカスタム,改造車,ドレスアップを中心とした専門WEBマガジンです。カーライフに関わる情報を随時更新しています。
  • logo
  • logo
  1. ホーム >
  2. 車種カテゴリー > SUV >
  3. リフトアップとラグジュアリーの融合がオフロードの新常識 サビーニ姉妹ブランドグリッド

リフトアップとラグジュアリーの融合がオフロードの新常識 サビーニ姉妹ブランドグリッド

Off We Go!
タフネス・メイク・オフローダー
RIDE THE HIGH LIFTED TRUCK & SUV ①

オフローダー・カスタムの定番であるリフトアップ。本場アメリカの超絶ハイリフト・トラックから、実用性とルッキングパフォーマンスを兼ね備えた日本発クロカン4WD、そして独自のカスタムが施されたJ’sアメリカン・トラックまでカスタムエッセンスが注ぎ込まれたモデルをお見せしよう!

 

アゲて攻める、王道アメリカンスタイル。

アメリカから最新オフロードカスタムの画像が届いた。その足もとに輝くのは、エレガントなフォルムの28インチホイール。彼の地では今、リフトアップとラグジュアリーの融合がオフロードの新常識。

 

アメリカ発の超高級カスタムホイールブランド、SAVINI(サビーニ)ホイール。そんな彼らが放つオフロード専用の姉妹ブランドがGRID(グリッド)Off -Roadだ。従来のデザインは二の次でタフこそが命だった4WDホイールのマーケットに、“ファッション性”を吹き込んだ注目のニュースタイルである。1ピースキャスト&フォージドと2ピースフォージドの3バリエーションを展開し、リフトアップを楽しむセレブ系オフロード・フリークスを魅了してやまない。アメリカの専門誌『LFTD×LVLD(リフテッド&レベルド)』マガジンの常連でもあり、カスタムカルチャーの最先端を突っ走っている。

GRID最大の魅力は、SAVINI譲りの繊細なスポークデザインにある。SAVINIがスーパーカーなどのハイパワーを受け止めながらも細身で美しいデザインを実現したように、GRIDもハードなオフロードユースを念頭にエレガントを表現している。フィールドでもストリートでもショー会場でも映える、かつてないオフロード用ホイールなのだ。

現車はGRIDのアイコン的存在、GF2の28インチを履いた最新F-250ラグジュアリースタイルである。

 

GROOVY POTENTIAL

FORD F-250 SUPER DUTY
Produced by GRID

_Main

 

12インチアップの豪脚と28インチのハイヒール

cap02_A

2018年型フォード・F-250にはバレットプルーフ製12インチアップキットが組み込まれている。リアは4リンク化され、前後に直径2.5インチのショックを装備。フォージド2ピース構造のGF2ホイールは8ラグ対応で、16本スポーク仕様。

Modifications

WHEEL:GRID GF2 28inch×16
TIRE:FURY COUNTRY HUNTER M/T 42×15.50R28

 

CHEVROLET SILVERADO
Produced by GRID

cap01_A

 

ちょい上げ気分で8インチ、これがUSスタンダード

cap01_C

8インチアップのリフトキットにGRID GD6の20インチをプットした、アメリカのオフロードシーンではポピュラーなセットアップ。カラーはブラック×ブロンズのコンビネーション。前後のバンパーをワイルドなフィールド系にチェンジし、定番のLEDフォグも完備。

cap01_B

Modifications
WHEEL : GRID GD6 20inch
TIRE : NITTO EXO GRAPPLER 35×12.50R20

 

ヨンク本来のカスタム手法で再び脚光を浴びるH2

第二次H2ブームの到来が囁かれているのをご存じだろうか。10年以上前に世界を席巻したラグジュアリーSUVがワイルド路線に舵を切り、再びストリートを賑わそうとしているのだ。言わずもがな、オフでの実力も一級品だ。

 

ラグジュアリーSUVの最右翼としてハマーH2が大ブレイクしていたのも、今となっては10年以上も前のこと。大径ホイールにロープロファイル・タイヤをセットして、4WDでありながらロワードが定番のカスタム。FRP製のエアロキットなども流行し、唯一無二の強烈なインパクトを放っていたことは記憶に新しい。そのH2に再ブレイクの兆しが見えている。

中古相場でこなれた感のあるH2をベースに、4WD本来のリフトアップを施すのが最近のアメリカで目にするスタイルだ。元来プラットフォームをシボレー・タホと共有するために汎用パーツが多く、アフターマーケットにおけるチョイスが豊富なH2。そこでロワード路線から一転、上げ系でストリートとオフを楽しんじゃおうというノリなのだ。

ご覧のH2は、こうしたムーブメントに先駆けてアイコンとなるべくGRIDが製作した1台。一般的には4 ~ 8インチアップが主流だが、あえて大台の12インチリフトで格の違いを見せつけている。

また、ワイルドさとドレッシーさを合わせ持つGF0の、あえて20インチをチョイスしたのも特徴的。そのかわりタイヤにファットなボリュームを持たせ、キング・オブ・オフローダーの威厳を誇示している。こんなH2が今後増えそうな予感だ。

 

AIN’T NO MOUNTAIN HIGH ENOUGH

HUMMER H2
Produced by GRID

_Main

 

カッパーゴールドで、ゴージャスにカモフラージュ

cap01_A

cap01_B

12インチのリフトアップキットはバレットプルーフ製のオプション3で、前後のショックにはカモフラージュ柄のラッピングを施している。ボディと足まわりをカラーコーディネイトするのは、もはや“上げ系”の必須条件。ルーフに備わるKC製LEDフォグは 57インチ幅の9リング式。

_Sub

Modifications
WHEEL:GRID GF0 20inch
TIRE:MICKEY THOMPSON BAJA CLAW 19.5/46-20

 

JKラングラーもリフトアップが熱い!

JEEP WRANGLER UNLIMITED
Produced by GRID

cap02_A

 

カラーマッチでドレスアップ

Kラングラーのライトカスタムにお薦めなのが、1ピースキャストラインのGDシリーズ。写真のようなプラスチック製インサートを付けることでイメージはガラリと変わる。前後バンパーはVPR 4×4製。

cap02_B

Modifications
WHEEL : GRID GD1 22inch
TIRE : TOYO OPEN COUNTRY 37×13.50R22

 

マイアミレッドなシンプルクール

cap03_A

フロリダに拠点を置くオフロードカスタムのスペシャリスト、Dalto Shopが製作したJK。スカイジャッカーのリフトキットは2.5インチと控えめにし、VPR 4×4の前後バンパーやカスタムボンネット、フェンダー、ホイールをカラーマッチさせてスタイリッシュにまとめている。ライト類はPIAAで統一。

cap03_B
Modifications
WHEEL : GRID GD4 20inch
TIRE : MICKEY THOMPSON FUEL
GRIPPER 35×12.50 R20

 

問い合わせ|Savini Japan
Tel.054-277-0551 saviniwheels.jp

 

カスタムカー完全ガイドvol.02
マガジンボックス

 

Words|Takenao Hayashi

 

 






関連する記事