• TUNERS(チューナーズ)は車のカスタム,改造車,ドレスアップを中心とした専門WEBマガジンです。カーライフに関わる情報を随時更新しています。
  • logo
  • logo
  1. ホーム >
  2. アクセサリー > ケミカル >
  3. 各部に使用されるようになったマジックアイテム“LINE-X”に迫る!

各部に使用されるようになったマジックアイテム“LINE-X”に迫る!

Off We Go!

タフネス・メイク・オフローダー
RIDE THE HIGH LIFTED TRUCK & SUV ⑤

オフローダー・カスタムの定番であるリフトアップ。本場アメリカの超絶ハイリフト・トラックから、実用性とルッキングパフォーマンスを兼ね備えた日本発クロカン4WD、そして独自のカスタムが施されたJ’sアメリカン・トラックまでカスタムエッセンスが注ぎ込まれたモデルをお見せしよう!

 

剛性までアップするLINE-Xマジック!

そもそもはスプレー式のベッドライナーだったが、現在では耐衝撃性、耐摩耗性、防塵、防食性にも優れ、かつ素材を選ばず剛性もアップするとあって各部に使用されるようになったマジックアイテム“LINE-X”に迫る!

 

ベッドライナーとは、ピックアップのベッドが傷つかないように、そのモデルに合わせて整形された緩衝材をはめ込むものだった。そこに登場したのがLINE-X。スプレー式だからモデルを選ぶことなく施工でき、ベッドの塗装を守るだけではなく耐衝撃性、耐摩耗性、防塵、防食性にも優れ、なおかつ剛性アップにも効果が認められた。その耐久力は抜群で、ペンタゴンでも採用されていると聞けば理解してもらえるだろう。

そんな特徴から「もしかすると、これはベッドだけに使用するのはもったいないのでは?」と誰かが思ったのか、外装パーツにもLINE-Xは採用され始めた。耐久性の高さに加えてタフな見た目のイメージから特に傷つきやすいバンパー、グリル、グリルガード、フェンダーフレア、ランニングボードなどと次々採用され、さらにはブラックだけでなく調合して好きなカラーを作り出すことまで可能になったのである。

こうなると実用性も兼ねたカスタム素材として世に広まるのも当然で、特にアメリカンなタフさを演出したい向きにはピッタリの素材といえるだろう。写真のデモカーのように明るいブルーにブラックのアクセントはいかにもカリフォルニア的なイメージだし、2インチリフトされたサスにアサンティの20インチ、そしてとどめはサイクルキャリアとなれば、これはもう海に遊びに行くしかないのである。

 

PLAY COOL,PLAY TOUGH

2018 TOYOTA TUNDRA
4WD CrewMax
Produced by
flexdream×LINE-X

_Main

 

インテリアにもオンリーワンのアイテムを投入!

シートにはシートカバーが装着されるが、これもただのカバーではなくセンター部分にアメリカのウールメーカー、ペンドルトンを使用するオリジナルの逸品。またフロアマットにはウェザーテック製を採用。ちなみにティッュカバーもペンドルトン製を用意。

 

高い耐衝撃性を誇る実用性とアクセントとしてのマッチング

cap01_A

このデモカーの場合、LINE-Xはグリル、前後バンパー、オーバーフェンダー、サイドステップに施されている。そしてフード上にはIPFの補助ランプ、ベッド上にはシャッター式のトノカバーにイノーのサイクルキャリア、エキゾーストにはボーラと、実用性、遊び心、乗ることの充足感を満たすアイテムがしっかり搭載されている。

 

2インチリフトされた足にはアサンティをセット

ホイールは20インチのアサンティ・オフロードに、オールテレーンのBFグッドリッチLT305/55-20をセット。リフトアップは実用性を損なわないように2インチとした。ちなみに現車はトヨタ・セーフティセンスも装備している。

 

_Sub

Modifications
LINE-X
BUSH WACKER FRONT/REAR OVER FENDER
FRONT GRILLE
FRONT/REAR BUMPER
SIDE STEP
BED LINER
LIGHTING
IPF 950 SUPER RALLY LED
IPF LED LIGHT BAR 20inch SINGLE
WHEEL
ASANTI OFF ROAD AB810 : 20inch
TIRE
BF Goodrich AT KO2
SUSPENSION
flexdream LIFT-UP CUSTOM
EXTERIOR
INNO CYCLE CARRIER
TONNEAU COVER
INTERIOR
FD-camp×PENDLETON SEAT COVER

 

LINE-Xの施工ブース

2017年8月にオープンしたフレックス・ドリームUSトヨタ仙台東店。LINE-Xの施工ブースも併設される。

 

毎年SEMAショーの会場でも大注目のLINE-X

kakomi_B

ラスベガスで開催されるカスタムカーの祭典、SEMAショーでもすっかりお馴染みのLINE-X。2017年もブースを構え、カスタムカー・ヘッズから注目されていた。

 

問い合わせ|フレックス・ドリーム www.flexdream.jp
フレックス・ドリームUSトヨタ仙台東店 Tel.022-287-0788
LINE-X Auto Japan Tel.048-793-0077 www.linex-auto.co.jp

 

カスタムカー完全ガイドvol.02
マガジンボックス

 

Words & Photos|Yasuhiro Yamada

 

 



関連する記事