• TUNERS(チューナーズ)は車のカスタム,改造車,ドレスアップを中心とした専門WEBマガジンです。カーライフに関わる情報を随時更新しています。
  • logo
  • logo
  1. ホーム >
  2. 車種カテゴリー > SUV >
  3. タンドラTRD PROなら、ツルシで乗り倒すべき孤高の存在である。

タンドラTRD PROなら、ツルシで乗り倒すべき孤高の存在である。

逆輸入車の奥深き世界。

Pickup Truck Direct

日本車なのに日本じゃ買えない本格派。

実際に目の当たりにすると、想像以上にデカい。

顔つきだって日本車風だけど、フツウの日本車とは明らかに違う。それがダイレクトインポートでのみ購入できる「逆輸入車」だ。基本は外車だけど、信頼性・耐久性は安定の日本車クオリティ。

こんなクルマ、日本人が乗らないなんてもったいない!

 

Pickup Truck Direct 02

2019 TOYOTA TUNDRA
TRD PRO 4×4

 

最新2019年、希少なTRDプロ、初上陸。
最善の定番+α。

個性的な逆輸入車の、それもトラックとなるとつい飽くなき個性を求めてイジり倒したくなる。しかしトヨタ自身がモディファイしたかのようなタンドラTRD PROなら何も足さなくていい。むしろツルシで乗り倒すべき孤高の存在である。

2019 TOYOTA TUNDRA TRD PRO 4×4

 

色鮮やかなブードゥーブルーと、誇らしく正面に掲げられた「TOYOTA」のエンブレムだけで分かる人には分かる。これは2019年式の最新タンドラというだけではない。TRD PROというレアなスポーツモデルである。

この色味は今のところ専用色だし、標準のタンドラにはトヨタマークが添えられる。それを敢えてローマ字表記に置き換える。彼の地でトヨタがブランド化されている証だろう。もちろんTRD PROという名が示す通り、ワークス系ブランドであるTRDのパーツが網羅される。カタログモデルではあるものの、アメリカでの人気ぶりに加えて生産調整の問題もあって、日本で手に入れるのは至難の技だという。この個体はかねてよりタンドラを研究するアメリカントラック系プロショップ、のノウハウによって導入された稀有な1台だった。

2019 TOYOTA TUNDRA TRD PRO 4×4、コロンブス

2019 TOYOTA TUNDRA TRD PRO 4×4、コロンブス

 

内容を紐解くと、BBS製鍛造ホイールに、FOX製の別タン式ショック&TRD製スプリング、TRD製スキッドプレート、RIGID製のフォグなどの機能部品が装着され、ダクト付きボンネットやブラックテールパイプ、ブラックレザーのインテリア、そして冒頭のカラー&エンブレムなど専用の内外装も奢られる。上級グレードというよりも、素のモデルに対して走りに特化させた機能部品だけを盛り込んだ格好となる。

FOX製の別タン式ショック&TRD製スプリング

TRD製スキッドプレート

BBS製鍛造ホイール

ブラックテールパイプ

RIGID製のフォグ

搭載されるエンジンは5.7ℓV8。381psの出力性能が大柄な車体を軽快に引っ張る。TRD PRO専用装備としては、BBS製鍛造ホイールやFOX製ショック、TRD製スプリング、RIGID製フォグ、ブラックテールパイプなどが挙げられる。荷台は純正でLINE-Xが施工されているので、気を遣わずガンガン荷物を放り込める。

5.7ℓV8 381ps

荷台は純正でLINE-Xが施工されている

 

インテリアはTRDのロゴが刻まれたブラックレザーとなる。豪華というよりもスポーティな意匠だ。インテリアはトヨタ品質が貫かれるゆえに使い勝手が良く耐久性に優れている。

 

つまりはメーカー自身がタンドラという土台のうえで作ったスポーツトラックだ。走行性能を含めて完成度に抜かりはない。ついアレコレとイジりたくなるアメリカンピックアップの世界で、TRD PROを純正のまま乗り倒す。これこそ大人の嗜みであり、実は一番贅沢なのではないかと思う。"贅沢"といってもこの個体を例に挙げると、日本での販売価格は819万円。標準モデルとの価格差は200万円弱だと考えるとリーズナブルかもしれない。「ツルシで乗っている」と胸を張りながら、サラリとTRD PROを転がすのはクールな人だと思う。

 

問い合わせ:COLUMBUS
TEL:042-332-0035
HP:www.columbus-japan.com

 

Text:Daichi Nakamigawa
Photo:Takahito Naito

 

Traxtion4[トラクション・フォー]
マガジンボックス



関連する記事