• TUNERS(チューナーズ)は車のカスタム,改造車,ドレスアップを中心とした専門WEBマガジンです。カーライフに関わる情報を随時更新しています。
  • logo
  • logo
  1. ホーム >
  2. アクセサリー > インテリアパーツ >
  3. 鉄壁ハイエース。愛車をサビ、盗難から守る ボクたちの秘密兵器。【ツーフィット】

鉄壁ハイエース。愛車をサビ、盗難から守る ボクたちの秘密兵器。【ツーフィット】

SEARCH THE HIACE
RUST STOPPER(ラストストッパー)

 

盗難や車上荒らしのような犯罪だけでなく、大雪やゲリラ豪雨などの自然環境さえもクルマを襲う現実。タフなハイエースだから気兼ねなくガンガン使いたい! そんなユーザーの味方となってくれるリーサルウェポンを紹介!

小さな原因が大事に!サビや腐食から愛車を守る

仕事のパートナーとして愛用されるハイエースに、ピッタリの機能パーツがある。発売以来20年を超えるツーフィットのベストセラー・アイテム『ラストストッパー』だ。車載バッテリーの電源を利用し、電子の力でサビや腐食から車体を守るラストストッパー。そのユニットのサイズは、僅か60×90×23mmとポケットティッシュほど。コンパクトなサイズなので、エンジンルーム内はもちろんのこと、あらゆる場所にセッティングが可能だ。サビはクルマの天敵である。路面に撒かれる凍結防止剤、海沿いの塩害、飛び石、下回りを縁石に擦って塗装が削れたり、酸性雨などと、クルマは過酷な環境へと放り出される。さらにビジネスユースとなれば、ラフに使われるケースが多くなるだけに、塗装面の「傷」は付きもの。そんな傷によってあらわになった金属の表面に容赦なく襲うのが、サビや腐食なのである。サーフィンやスキーなどとアウトドアスポーツを楽しんでいるハイエース・ユーザーにも、愛車を錆の発生から守るアイテムとしてオススメしたい。

 

取付方法

① 助手席の座面を跳ね上げると、エンジンルームへとアクセスできる。まずはバッテリーの位置を確認しよう。

② 取り付け前に、ユニットに付随している各配線の色を確認したい。まずは赤線をバッテリーのプラス・ターミナルに接続。

③ 次に、黒線をバッテリーのマイナス・ターミナルに接続。これでユニットに電源が入り作動確認用のLEDランプが点灯。

④ スケルトン線は2本。それぞれボディ(車体もしくはフレーム)に接続する。2本の線はなるべく離すよう心がける。

⑤ ユニットの取り付け位置は、ファイヤーウォールやバッテリーカバーなどが適している。高熱になる場所は避けよう。

 

防サビ実験
ラストストッパーの効果をテストで実証!

1点の写真内には、ラストストッパーを装着した鉄板(右)と何もしない状態の鉄板(左)を配置して、錆が発生しやすい環境を作った。そして、左から順に時間の経過を追って見ると、その効果は一目瞭然。48時間後(⑤の写真)には、すでに鉄板の表面に錆が進行。黄色く変色しているのが分かる。

c

 

RUST STOPPER(ラストストッパー)

ヘビーデューティータイプ 価格:2万7000円(税別)

 

STEERING LOCK ALARM II(ステアリングロックアラームⅡ)

盗難から守ります。

ガラス越しに見える本体。不審者へ視覚的にもLEDランプで警戒中であること促してくれる。

気圧センサー(ドアが開けられた場合など)、ショックセンサー(衝突&レッカーなど外部からの衝撃)、超音波センサー(車内への侵入者)が検知すると、リモコンに表示される。

 

異常を感知すると本体から100dBの警告音が発生! さらに手元のリモコンに異常の状況を画面表示とアラーム音でお知らせしてれるセキュリティアイテムが「ステアリングロックアラームⅡ」だ。ワンタッチで取り付けができ、ステアリングに固定することでハンドルロックを掛けることができる。リモコン受信範囲は約1km。自宅の駐車場や出先のコインパーキングなどでも、クルマから離れる際には盗難&車上荒らしには警戒したい。

 

取り付けはカンタン、ステアリングにはめるだけ!!

C型バックルをステアリングに掛けて、カチッと鳴るまで本体へ押し込むだけ。ビー音とLEDが点滅したらセキュリティは有効だ。

 

ステアリングロックアラームⅡ

リモコン付き サイレン音量調整可能タイプ
価格:2万8500円(税別・本体+リモコン1個セット)
3万7500円(税別・本体+リモコン2個セット)

 

[ 問い合わせ] ツーフィット
Tel.045-253-7945 www.to-fit.co.jp

 

ハイエース完全ガイド VOL.02
マガジンボックス

 

Report・日比野智巳 Tomomi Hibino
Photo・山田泰弘 Yasuhiro Yamada

 



関連する記事