• TUNERS(チューナーズ)は車のカスタム,改造車,ドレスアップを中心とした専門WEBマガジンです。カーライフに関わる情報を随時更新しています。
  • logo
  • logo
  1. ホーム >
  2. アクセサリー > インテリアパーツ >
  3. シートを変えれば快適性はグンッとアップ!ハイエースシート考座シート選びの基礎知識 STEP2 【BRIDE】

シートを変えれば快適性はグンッとアップ!ハイエースシート考座シート選びの基礎知識 STEP2 【BRIDE】

シート選び
#2~1 DIGOⅢ LIGHT Series
ハイエースの為にリニューアルした
人気No.1のコンフォートシリーズ

これまでラインアップしていたディーゴⅡシリーズは、ハイエースオーナーの間でもコンフォートシートの定番として人気を集めていたモデル。そんなシートだからこそ、ハイエースオーナーの声に応えてリニューアルを果たしたのがこの最新モデル「ディーゴⅢシリーズ」だ。

リニューアルの最大ポイントは、シート背面のサイズ。ヘッドレストスペースを大幅に縮小しているということだ。これはスーパーGLなど後席エアコン装着車でリクライニング機構を使うと、エアコンユニットに引っかかって倒すことができないという問題があったから。そのためヘッドレスト部を大幅にカットしながら、ヘッドスペースにゆとりを持たせたニューモデルに進化させているというわけだ。このリニューアルは完全にハイエースに対応した設計。まさにハイエース専用シートと言っても過言ではないアイテムなのだ。

背面のリニューアルだけでなく、ディーゴⅢシリーズを選びたくなる理由は、低シート高ながら純正より格段にアップする座面のクッション性。シート高は純正比マイナス00㎜を実現しながら、コンフォートシートとしての能力を最大限に発揮しているというわけだ。そのため乗り心地を求めるオーナーはもちろん、腰痛対策としても積極的に取り入れられる実用アイテムというわけだ。

装着に関しては、ブリッド製のスーパーシートレールを使用すれば無加工で取り付け可能。社外シートで気になるショルダー部とピラーのクリアランスも、シートをセンター側にオフセットすれば、ナローボディでも純正シート以上のスペースが稼げるほど。装着位置の自由度が高いため、あらゆるドライバーに合わせたセッティングが可能なことも、ディーゴⅢがハイエースにベストマッチと言える理由。プレーンなデザインもドレスアップイメージを抑えられるため、幅広い層に支持される応用力を持っている。シンプルに実用性のアップを考えるなら、オススメのシートというわけだ。

09

ディーゴⅢライツを選ぶべき5つのポイント

1.ショルダーサポート
Bピラーとショルダーサポートのクリアランスはシート装着の可否を分ける重大なポイント。ディーゴⅢはショルダーサポートがコンパクトな設計のため、ピラーに干渉する心配はない。

2.低シート高
スーパーシートレールと組み合わせることで、シート高は純正よりも00ミリ低く設定できる。キャブオーバーのハイエースにとっては重要なスペックのひとつと言えるだろう。

3.ヘッドレスト短縮
スーパーGL などの後席エアコン装着車にも不満なく取り付けられるようにリニューアルしたのがヘッドレストの短縮。まさにハイエースオーナーの声に応えた仕様変更だ。

4.バックポケット
コンフォートシートとしての実用性はシート形状だけでなくバックポケットを取り入れることも重要。仕事で使用する場合には書類なども収められるため、使い勝手は純正同等。

5.リクライニングレバー
装着の可否を判断するもうひとつのポイントがリクライニングレバーとピラーのクリアランス。もちろんディーゴⅢでは操作に支障がないクリアランスが確保されている。

シート選び
#2~2 EURO STERⅡ Series
長距離移動に活用するなら
シート座面のクッション性を重視!

プレーンなデザインを採用するディーゴⅢと共に、ハイエースオーナーの間でブリッド製シートの人気を二分するのがユーロスター。大きめのショルダーサポートとシートベルトループをデザインに採用するため、どちらかといえばパフォーマンス派が好むセミバケットシートとして見られがちなものの、本質はディーゴⅢをしのぐほどの快適シートと言えるのだ。

その最大のポイントはディーゴⅢ以上に高められたクッション性。座面の厚みや素材を再検証することで、大幅に乗り心地をアップさせているのだ。そのためどちらかといえば長距離移動を多用するオーナーに好まれる性質があり、実際に全国のイベントに自走で参加するブリッド社員の間では、ユーロスターⅡを装着した営業車を取り合いになるほどとか。自社の社員をも虜にする恐るべき快適性こそ、ユーロスターⅡが持つ最大の魅力なのだ。

座り心地の快適性はもちろん、さらに上質さを演出する特徴がその製品がリエーション。使用する生地は上質なプロテインレザーを本体に、体に接するセンター部分はモデルによって複数が用意されているのだ。通常は通気性の高いメッシュ素材を使用しているが、上位モデルのプレミアムではスゥエード生地に変更。最上級となるプレミアムiになると東レのウルトラスゥエードという、クラウンアスリートの限定車に使われる最高級人工レザーを使用。肌触りに至るまで最高品質を追求しているというわけだ。

さらに高速道路を使って長距離移動する際には、アームレストがあるとリラックスしたドライブが楽しめる。そんなニーズに合わせて、アームレスト取り付け可能なクルーズモデルもラインアップ。乗り心地はもちろん質感や居住性にまでこだわった製品は、ワンランク上のハイエースを目指すオーナーにイチオシ。どうせシートを交換するなら、すべての性能を兼ね備えた最上級を選ぶのも、賢い選択術と言えるのだ。

15

ユーロスターⅡを選ぶべき5つのポイント

1.ショルダーサポート
ショルダーサポートが大きめの設計ながら、ナローボディでもギリ入るクリアランス。この状態でもリクライニングには支障がないため、使い勝手としては問題はない。

2.アームレスト(クルーズ)
クルーズモデルに装着されるアームレストは、長距離移動時に活躍するアイテム。左右どちらにでも装着できるため、運転席、助手席ともに装着すれば同乗者の快適性もアップ。

3.クッション性
ディーゴⅢよりも厚めに設計されたシートクッションは、長距離ドライブ時の快適性を高める特徴。サイドサポートも緩やかに立ち上げられるため、ホールド性も高まる。

4.リクライニングレバー
ディーゴⅢ同様にリクライニングレバーとB ピラーのクリアランスは、ナローボディでも実用に問題のないレベル。ワイドボディなら純正シートと変わらない感覚で使える。

5.メッシュ生地
センター部分の素材を複数用意することで様々なニーズに対応できるバリエーションを用意している。スタンダードなメッシュ生地は、通気性に優れているため、背中のムレを防止してくれる。

BRIDEなら選べるモデルは全8タイプ!

ザ・ベーシックモデル
DIGOⅢ LIGHT
■カラー
グラデーションロゴBE、ブラックBE、チャコールグレーBE、グレーBE、ベージュBE、レッドBE、ブルーBE
■価格
8万5000円〜
8万8000円

アームレスト装着可の快適仕様
DIGOⅢLIGHT CRUZ
■カラー
グラデーションロゴBE、ブラックBE、チャコールグレーBE、グレーBE、ベージュBE、レッドBE、ブルーBE
■価格
8万8000円〜
9万1000円

スエード調背もたれで高級感アップ
EURO STERⅡ PREMIUM
■カラー
ブラックBE、ベージュBE、レッドBE
■価格
14万7000円

スタンダードの上を行く快適モデル
EURO STERⅡ CRUZ
■カラー
グラデーションロゴBE、ブラックBE、チャコールグレーBE、グレーBE、ベージュBE、レッドBE、ブルーBE
■価格
9万7000円〜10万円

ザ・ベーシックモデル
DIGOⅢ LIGHT
■カラー
グラデーションロゴBE、ブラックBE、チャコールグレーBE、グレーBE、ベージュBE、レッドBE、ブルーBE
■価格
8万5000円〜
8万8000円

アームレスト装着可の快適仕様
DIGOⅢLIGHT CRUZ
■カラー
グラデーションロゴBE、ブラックBE、チャコールグレーBE、グレーBE、ベージュBE、レッドBE、ブルーBE
■価格
8万8000円〜
9万1000円

スエード調背もたれで高級感アップ
EURO STERⅡ PREMIUM
■カラー
ブラックBE、ベージュBE、レッドBE
■価格
14万7000円

スタンダードの上を行く快適モデル
EURO STERⅡ CRUZ
■カラー
グラデーションロゴBE、ブラックBE、チャコールグレーBE、グレーBE、ベージュBE、レッドBE、ブルーBE
■価格
9万7000円〜10万円

[問い合わせ]
BRIDE
Tel.052-689-2611 http://bride-jp.com

 

ハイエース完全ガイド
マガジンボックス



関連する記事