• TUNERS(チューナーズ)は車のカスタム,改造車,ドレスアップを中心とした専門WEBマガジンです。カーライフに関わる情報を随時更新しています。
  • logo
  • logo
  1. ホーム >
  2. チューナーズ特集 >
  3. 空気圧管理の金字塔。TPMS OFK SENSOR(空気圧管理システムセンサー)

空気圧管理の金字塔。TPMS OFK SENSOR(空気圧管理システムセンサー)

タイヤ警告灯の常時点灯に悩むオーナーに朗報 空気圧管理の金字塔。

 

タイヤ空気圧監視システムを搭載した近年の高級車では、社外ホイール装着によって警告灯が常時点灯するという煩わしい問題が発生中。その問題をリーズナブルに解決してくれるアイテムをご紹介しよう。

a-1

タイヤ空気圧監視システム(TPMS)をご存知だろうか? タイヤの空気圧状況を検知して、異常が発生した場合に警告灯を点灯させるシステムだ。

北米や欧州ではすでに法律によって義務化されており、日本でもレクサスなどの高級車で採用が進んでいる。便利なシステムだが、やっかいなのは社外ホイールに交換した場合、警告灯が常時点灯してしまうこと。

諦めて警告灯が点灯したまま乗っているオーナーも少なくないが、それでは万がいち異常が発生しても気づくことができなくなる。車重が2tを越えた400馬力オーバーのクルマでも、タイヤが地面に接地している面積はわずかハガキ1枚分。

最悪、命にかかわる部分だけに、空気圧の異常の見逃しは絶対にあってはならない。とはいえ、TPMSセンサーを社外ホイールに移設するには大がかりな作業が必要だし、追加で純正センサーを購入するにしてもあまりにも高価だ。

そんな悩みをリーズナブルに解決してくれるのがオフィスケイの『TPMS OFK センサー』だ。独自のルートで入手した機器を応用することで、従来は困難だったセンサーと車両IDのペアリングを実現し、純正センサーのIDをコピーした「複製作成」や、社外TPMSセンサーの「新規作成」を可能にしたのだ。

純正よりもリーズナブルで手間もかからない『TPMS OFK センサー』は、カスタム派オーナーの煩わしい悩みを解決し、安全なカスタムライフを約束してくれることだろう。

 

リーズナブルな社外センサーで使用可能に

a-3

タイヤ空気圧監視システムを搭載したレクサスLS のインフォメーションディスプレイ。「TPMS OFK センサー」は、純正でタイヤ空気圧監視システムが装着されている車両なら、ほとんどの車種に対応可能。

 

純正同様の装着方法で、ホイールのデザインを損ねないセンサー

a-6

リムとタイヤの間に組み込まれる本体(赤いパーツ)と、エアバルブとで構成されるセンサー。バッテリーの耐久性や、ホイールに装着されたセンサーと車両が通信するための周波数などは純正品と同等の品質なので安心して使用できる。

a-4

オフィスケイのノウハウがリーズナブルなシステムを実現

a-2

センサーとペアリングさせるための車両のID情報を読み込んでいる様子。従来は難しかったこの作業を可能にしたことで、社外センサーでリーズナブルに純正TPMSが使用できるようになった。

社外ホイールに変えても純正ホイールをそのまま維持したり、冬用タイヤとして別ホイールを使ったりするオーナーなどにも最適。

 

FORGIATO MONTARE-ECL

01

フォージアート製の22インチホイール。その美しい外観をセンサーが損なうことは一切ない。高性能ホイールのポテンシャルを存分に発揮するためにも、空気圧管理は必須。

 

このマークがタイヤの空気圧に異常が発生したことを知らせる警告灯

a-5

警告灯は、任意に設定した基準値より空気圧が20%以上増減した場合に点灯する。センサーが取り付けられていない社外ホイールを装着すると、この警告灯が常時点灯してしまう。点灯したままの状態では車検に通らない可能性もある。

 

TPMS OFK SENSOR(空気圧管理システムセンサー)

販売価格 1個 1万2000円(登録料込・税別)

 

問い合わせ
オフィスケイ
Tel.03-5986-8111
www.office-kk.jp

 

カスタムカー完全ガイドvol.02
マガジンボックス

 

Text |鈴木俊男 Toshio Suzuki

Photos |山田泰弘 Yasuhiro Yamada



関連する記事