• TUNERS(チューナーズ)は車のカスタム,改造車,ドレスアップを中心とした専門WEBマガジンです。カーライフに関わる情報を随時更新しています。
  • logo
  • logo
  1. ホーム >
  2. チューニング >
  3. チューニングカーの定番品として親しまれているのが、ワークスベルのラフィックスシリーズ。

チューニングカーの定番品として親しまれているのが、ワークスベルのラフィックスシリーズ。

レーシングカーライクなギミックで利便性とドレスアップ性UP! ストリートレーサー御用達。

Works Bell RAPFIX SERIES

001

002

チューニングパーツの進化の過程はレースに直結している。レーシングカーの持つ機能性を取り入れることで、ストリートマシンも格段の進化が得られるというわけだ。ステアリング脱着機構を担当するラフィックスは、まさにレースシーン直系のチューニングパーツなのだ。

 

ストリートを走るチューニングマシンでも、シートをフルバケに交換していると、乗り降りがしにくいなんてこともある。そんなチューニングカーに定番品として親しまれているのが、ワークスベルのラフィックスシリーズ。

ハンドルボスとステアリングの間に取り付けることで、ステアリングの脱着を可能にするアイテムだ。ロックシステムは特許を取得しているボールロックシステム。

噛み合わせの確実性はもちろんボールを使ったスムーズな動作によって、脱着を容易かつ確実に行うことができるというわけ。このラフィックスⅡに対してチルトアップ機構を備えたのがラフィックスGTC。

跳ね上げ式の機構を備えるGTC は、完全に脱着するのではなく乗り降りでのクリアランス確保を容易に行いつつ、乗り込んだら直感的にステアリングをセットできる優れもの。

耐久レースなどドライバーチェンジが必要なシーンを考慮し、より実戦的に使えるアイテムへと進化させている。また、昨今のステアリングにはメーター表示などの操作スイッチが組み込まれているものも多くある。

そんな車種に向けたスイッチ移設ブラケットも試作ではあるがトヨタ86MC 後用が完成している。確実なロック機構を備えるのはもちろん、本体はアルミ削り出しの精密加工品。

誤作動を限りなく抑えられる品質は、ステアリング脱着装備のパイオニアだからこその信頼。ストリートマシンなら安全性を重視することも、重要な選択基準であることは間違いない。

ドライバーチェンジを素早く確実に行うギミック

a-1

ステアリングを完全に切り離すのではなく、チルト機構によって跳ね上げるタイプがラフィックスGTC。ボールロックシステムの採用による確実な噛み合わせはもちろん、安全性を重視した2 ステップロック機構を採用することで、運転中の誤作動も回避。ステアリングフィールを犠牲にすることなく、レーシングマシン風ギミックが手に入るのだ。

ステアリングを切り離せば車両盗難被害の抑止にも効果的
b-4

バケットシートへの交換などでタイトになったドライバーシートに対し、乗降性をアップしてくれるのがラフィックスⅡ。完全にステアリングを取り外す機構は、カーショーなどでドレスアップの演出でも使われることも多い。

特許技術のボールロックシステムによる完璧な操作性はもちろん、オプションのキーロックシステムを合わせれば、防犯対策としても役立つ実用派。

b-1

b-2

b-3

 

ワークスベル奥村氏が語るRAPFIX SERIESの魅力!!

ステアリングが脱着できる装置は今では安価なものも見かけることがあります。しかしその多くは精度の低さや不完全なロック機構によって、一般公道で安全に使えるものばかりとは限りません。

その点でラフィックス・シリーズは車検にも対応する品質を備えていることは絶対的な違い。操舵に関わる重要パーツだけに、品質には徹底したこだわりを持っていますよ。

a-4

装着車両 86(MC 後・ZN6)

b-5

装着車両 スイフトスポーツ(ZC33)

 

BALL LOCK SYSTEM RAPFIX GTC
(ボールロックシステム ラフィックスGTC)
3万4800円(税別)

BALL LOCK SYSTEM RAPFIXⅡ
(ボールロックシステム ラフィックスⅡ)
2万9800円(税別)

 

 

問い合わせ
ワークスベル
Tel.0266-79-3761
www.worksbell.co.jp

 

取材協力
㈱トラスト
tel.0479-77-3000
www.trust-power.com

 

カスタムカー完全ガイドvol.02
マガジンボックス

 

Text |渡邉大輔 Daisuke Watanabe
Photos |山田泰弘 Yasuhiro Yamada

関連する記事