• TUNERS(チューナーズ)は車のカスタム,改造車,ドレスアップを中心とした専門WEBマガジンです。カーライフに関わる情報を随時更新しています。
  • logo
  • logo
  1. ホーム >
  2. 車種カテゴリー > SUV >
  3. AMG G63をベースにしたコンプリートカー「ブラバス800アドベンチャーXLP」

AMG G63をベースにしたコンプリートカー「ブラバス800アドベンチャーXLP」

ブラバス800アドベンチャーXLP

EXE
Mercedes-Benz G-Class Customize Style

0-100km/h加速4.8秒!世界最速のピックアップ“G”

AMG G63をベースにしたコンプリートカー「ブラバス800アドベンチャーXLP」が、ドイツのメルセデスチューナー、ブラバスより発表された。そのファーストエディションを元に、世界最速ピックアップの魅力を紐解く。

アドベンチャーの名に相応しい冒険心を掻き立てるスタイル

ブラバス800アドベンチャーXLP

アドベンチャーシリーズのアイコンであるワイドスターのフェイシアとエアインテークを装備。エンジンはG63 4.0V8ツインターボにチューニングを施し、燃料噴射や点火タイミングの変更に加え、ターボチャージャーのブースト圧を引き上げた新開発のエンジンコンピュータを採用する。

強靭でワイルドな風格を引き立てるカーボン製のスキッドプレートに加え、本格的なオフロード走行を想定したウィンチまで装備する。

2020年のジュネーブ・ショーで公開する予定だった2020限定モデルの「ファーストエディション」。ボディカラーは特別色のロケットシルバーで、マットブラックのダブルベッドバーを採用。さらにオプションであるルーフラックと4つの補助LEDライトを設けたネイキッドカーボンウィンドディフレクターを装着することでパワフルでワイルドなフォルムとなる。



ブラバス800アドベンチャーXLP

ブラバス社が新たに開発したポータルアクスルにより最低地上高を490mmに引き上げ、前後フェンダーを片側100mmワイド化させるワイドボディキットを装着。ワイドスターのボディキットとしてグリルやバンパーボンネットフードが共通の専用デザインとなり、リアはピックアップ専用のデザインとなる。オプションカラーのロケットシルバー×マットブラックとのコントラストが、その造型美をより深く印象付ける。

広々したキャビンを犠牲にせずにベッド部分のスペースを確保すべくホイールベースを50cm拡大、全長は5.31mとスペアタイヤレスのG63と比べて68.9㎝長い仕様となっている。

ドライバーがスロットルを開けるとターボモデル特有の迫力あるブローオフノイズを堪能できるブーストエキストラ・サウンドキットを開発。ジェントルなカミングホームモードとV8サウンドの切り替えが瞬時に変更可能となる。電動サイドステップを標準装備しており、乗降性に配慮している点も特筆物だ。

高性能電動ドローン「ウィングコプター」の搭載も可能

ブラバス800アドベンチャーXLP

ブラバス800アドベンチャーXLP

荷台にはドイツのウィングコプター社が製造した高性能電動ドローンの発着モジュールの搭載が可能。これはかつて例を見ない特別なオプションだ。固定翼式のドローンとしては最高速度の240㎞/hを発揮し、緊急支援物資の運搬、特別な機器を遠隔地や車での運搬が厳しい地域へと届ける。


走らせてこそ伝わるフィーリングにこそ、ブラバスの本質が詰まっている

2019ジュネーブモーターショーで公開されたBRABUS800 WIDESTAR


EXE
TEL:06-6730-7705
URL:http://www.brabus.co.jp/

ドイツの名門メルセデスチューナーブランド、ブラバスパーツの日本総輸入元として日本におけるブラバスチューニングの中心軸となっているのが東大阪に本拠地を置く株式会社エクゼ。「ブラバス800パワーエクストラ+」パフォーマンスアップグレードや、レース・アルミニウムパドルシフター、ブーストエキストラサウンドキットなど、Gクラスはもちろん、様々なメルセデス・ベンツをより魅力的かつハイパフォーマンスに仕立てているのが、大きな特長となっている。


Gクラスパーフェクトブック VOL.05



関連する記事