• TUNERS(チューナーズ)は車のカスタム,改造車,ドレスアップを中心とした専門WEBマガジンです。カーライフに関わる情報を随時更新しています。
  • logo
  • logo
  1. ホーム >
  2. 車種カテゴリー > SUV >
  3. オリジナル以上のクオリティを目指したG350dベースのG63仕様【EURO】

オリジナル以上のクオリティを目指したG350dベースのG63仕様【EURO】

Gクラスにおけるカスタマイズアプローチのテッパンといえば、憧れの上級グレードであるG63AMGに寄せていくこと。その究極を目指したのがEUROがプロデュースしたG350dベースのG63仕様である。

メルセデスベンツG350d

G63仕様としながら、さらに各部をブラックに塗装するといったカスタマイズも実施している。グリルの奥に位置するクーラーコンデンサーもG63と同じくブラックへ塗装済み。

LEDのデイライト付きヘッドライトはインナーブラックのブラバスを装着。フロントバンパーとグリルはAMGのG63用を装着し、サイドステップと左右4本出しのオーバル出口マフラーはブラックアウト化。またサイドモールはカーボンモールへと変更されている。

 

内外装の本格的なカスタマイズを得意とするのがEURO

環状7号線と都道10号線の交差点近くに位置し、ブリヂストン系列のタイヤショップ、ミスタータイヤマン葛西店で展開しているのがEURO。同店は欧州車を中心にしたカスタマイズを行っている。それゆえ、タイヤ&ホイールの組み付けやバランス取り、4輪アライメント調整といった部分にも強いことが特徴となっている。

そんなEUROがプロデュースしたデモカーは、G350d ベースのG63仕様。Gクラスカスタムの定番といえるメニューだが、このデモカーはオリジナル以上の高いクオリティを与えていることに注目したい。

外装ではブラックインナーで迫力のあるフロントフェイスとなるブラバスのヘッドライトをチョイス。

インテリアでは前後シートとドアの内張りをカーボンレザーで張り替えるといった、EUROオリジナルのカスタマイズが施されている。その結果、G63 AMGよりもプレミアム感の強い内外装にドレスアップされているのだ。

G63 AMG仕様を、より個性的な内外装を持つカスタマイズを目指すなら、大いに参考になる1台がEUROが提案するGクラスなのである。

_F8A0458-1

ドアパネル下のAMGデカールやブラックアウト化したエンブレム類など、G63仕様に必要な定番アプローチを実施した後、EUROならではのドレスアップを追加している。

_F8A0552-1

インパネとセンターコンソール、助手席前のグラブバーなどはカーボンパネルへと変更し、よりスポーティな内装へと変更されている。

_F8A0411-1

シートとドアの内装はカーボンレザーへと張り替えられ、G63よりも高級なシートとなっている。

メルセデスベンツG350d_07

スペアタイヤカバーは、トレッドを覆う部分をマットブラック塗装としている。

 

Customize Topic
個性的な装着方法のG63用キャリパー

AMGのスプリット5本スポークアルミの奥には、AMGロゴが付くG63用のブレンボキャリパーと大径ローターをインストール。ただし、ノーマルのG63がホイールの前側にキャリパーが備わるのに対して、EUROはホイールの後ろ側にセットしている。またリアも大径ローターのG63用キャリパーを奢り、優れた制動力を得ることに成功している。

 

4輪アライメントテスター

タイヤバランス取り

4輪アライメントテスターやタイヤの組み替えやバランス取りなど、タイヤショップならではの強みも持っているショップがEUROである。

 

協力:EURO

TEL:03-5674-7742 URL:http://www.euro.ne.jp/

 

Gクラスパーフェクトブック VOL.02
ぶんか社

 



関連する記事