• TUNERS(チューナーズ)は車のカスタム,改造車,ドレスアップを中心とした専門WEBマガジンです。カーライフに関わる情報を随時更新しています。
  • logo
  • logo
  1. ホーム >
  2. 車種カテゴリー > SUV >
  3. ジムニーシエラのポテンシャルを引き出しつつクールに

ジムニーシエラのポテンシャルを引き出しつつクールに

Jimny sierra、ジムニーシエラ

問い合わせ:MOTOR FARM
TEL.072-338-8222 www.motor-farm.co

トップアスリート 見た目は控えめでも本格派!

オフロードカスタムと、アスリートの体作りはどことなく似ている。腰下の筋力強化、体幹、膝のクッションに腰の強さ。それら全ては車輛のボトムスに通じるものがある。見た目よりもパフォーマンスを重視、シビアな世界で戦うならまずは足を固めて然るべきだ。

シエラのポテンシャルを引き出しつつクールに

SUZUKI JIMNY SIERRA CUSTOM STYLE
Produced by Motor Farm

LIFT UP STYLE TRENDS

軽規格のJB64に比べ、自由度の高いカスタムが可能となり、タイヤサイズや足づくりの幅もぐっと広がるJB74シエラ。オリジナルでワイドフェンダーを有しており、5人乗り可能の恩恵と、リッタークラスならではのトルクフルな走りは、JB64とはまるで別物。

Jimny sierra、ジムニーシエラ

ジムニーシエラとしての風格はある意味ストックのままでも充分であり、むしろオリジナルの良さはそのままに、よりオフロードにおける走破性の向上やワイドフェンダーに相応しいタイヤチョイス、そして車高に手に入れることこそが本領を発揮させる近道だろう。ここで紹介するモーターファームが製作したJB74シエラを見るとつくづくそう思う。

その気になればバンパーやグリル、フェンダーの換装も容易。だが、敢えてそこはオリジナルのままとする一方で、3インチアップキットによる上げ幅で可能となる16インチのマットブラック/DCティントディスク×ジオランダーG003(245/75R16)をインストール。決して無理のあるサイズ感ではなく、フェンダークリアランスを見てもわかるように、オフロードで激しく攻めてもヒットしないレベルの余裕を持つ。

カスタムカーとしてビジュアルを優先させるのではなく、あくまでもオフロードの走破性向上を軸としつつ、街中にナチュラルに溶け込む純正ライクな存在感を高次元で両立させている。それでいてリムデザインは一段立ち上がりを付けた絶妙なコンケイブと、ブロンズの色味でほのかな色気を漂わせる。大人が好むアゲ系のお手本的な仕立ては実にジェントルでクールに映える。

ラゲッジスペースの狭さはコレで解決!

新作のアルミ製ルーフキャリアはフラットトップで両サイドのバーの高さがハイタイプ、ロータイプ、バー無しのアレンジも可能。バー部分はボルト固定となり、ルーフテント装着など用途に合わせて脱着可能だ。

まさにトップアスリート級!

現役トライアラーが多数在籍するモーターファーム。その競技シーンで培ってきた経験や知識を基に開発するリフトアップキットは、ただ闇雲に車高を上げる代物とは別格。ラテラルロッドやリーディングアーム、バンプストッパーなど細部まで拘り街乗りからオフロードまでオールラウンドにこなす足に仕立て上げる。

スポーティーに拍車をかけるエギゾーストシステム

FARMエキゾーストシステム、オフロードレガライズマフラーの純正バンパー対応品をセット。マフラー全体の造形美を斬新な斜めのレイアウトで魅せる仕立てで、リア周りをスタイリッシュ&スポーティーに。

リーディングアームで徹底補正!

20mmロングのリーディングアームとリアトレーリングアームの採用で3インチ上げによって生じるズレを徹底的に補正。動く脚と体幹。これぞアスリートの絶対条件である。

オン・オフを問わずシーンに溶け込むトレンドデザイン

待望の新作ホイールDC10は、一段外側へ張り出してからのセンターにかけるコンケイブがリムの力強さを強調。ビードロックデザインのリムエンドから張り出すようにタイヤをキャッチするフォルムは本格派オフローダーさながらのボトムスを演出。

スモークタイプテールはミディアムグレーにマッチ

トータルコーデする上でカラーの組み合わせは非常に重要。純正テールでは赤が強すぎて浮きがちなテールも敢えてスモークにすることでまとまる。ウェルカムランプやLEDならではの高精度な輝きも特筆物。


守屋明彦=文
近藤浩之=写真

アゲ系 SUV&クロスオーバー






関連する記事