• TUNERS(チューナーズ)は車のカスタム,改造車,ドレスアップを中心とした専門WEBマガジンです。カーライフに関わる情報を随時更新しています。
  • logo
  • logo
  1. ホーム >
  2. ホイール&タイヤ >
  3. ムリなく履ける、お気に入りの1本をみつけよう【ホイール編】

ムリなく履ける、お気に入りの1本をみつけよう【ホイール編】

IMGP6451

ムリなく履ける、お気に入りの1本をみつけよう【Wheels編】

シティ派オフローダー向け
カスタム&アップデート講座

クルマのイメージを大きく変化させる「ホイールの履き替え」はあらゆるカスタムシ ーンにおける定番にしてもっとも親しまれる手法。もちろんそれはオフロードの世界 でも同様に、いまやマーケット上には無数のモデルが存在していて「一体どれを選べばいいの?」と頭を抱えている読者も多 いはず。

しかしまず最初に考えたい のが「果してそのホイールが自分のクルマに装着可能か」ということ。さらにもし履けたとしても「そこにストレスはないか」を事前にクリ アにした上で お気に入りのデザインを選ぶことが大切なのである。

通常マッチングと呼ばれるソレは、タイヤとセットで考える必要があり「ハンドルを切った際にボディと干渉しないか」、「フェンダーからハミ出ないか」、(下で紹介する)「P·C·D·」が合っているか」、といった項目をクリアすることがとても重要。

そこではホイールカタログなどでよく目にする「7J×16+35 5H 114.3」といった表記の見方を含めてホイールに関する知識を蓄えよう。


ホイールのサイズ表記(P.C.D.)について

まずはホイールを選んでいく際に避けては通れない数値類を正しく理解しよう。下記に並んだ表記類はその順序こそメーカーによって異なるものの、ホイールを選ぶ上では非常に重要となる項目。定番のリム径とリム幅に加えて(少しだけ複雑な)オフセットやP.C.D.までを極めることが、よりクルマに見合ったバランス加減を手にする近道ということを覚えておこう。

名称未設定 1

①リム幅(インチ)

ホイール本体の横幅を表しているのがJの手前部分の数字。サイズはインチ表記となり数値が大きいほど太いタイヤを履くことができる。

②リム径(インチ)

ホイールの直径をインチで表記した数値。1インチがおよそ2.54cmなので、例えば20インチを履いた場合の直径はおよそ51cmということ。


③オフセット(ミリ)

オフセットとはホイールを横に見た場合、中心(センター)面から車体の取付け面(接地面)との距離関係を表している数値。ホイールの中心よりも車体の取り付け面が外側の場合は「プラスオフセット」(インセット)、内側ならば「マイナスオフセット」(アウトセット)となる。

ウイール図


④ホール数(ボルト穴数)

ホイールを取り付けるボルト穴の数を表す値。国産SUVやミドルサイズのピックアップトラックのほとんどは5~6ホールが一般的。

⑤P.C.D.(ミリ)

P.C.D.(Pitch Circle Diameter)とはホイールを取り付けるボルトの中心線を結んで描かれる「円」のこと。車格やホール数が増えれば、その分P.C.D.直径も増えていく、というニュアンスが解りやすいだろう。

ホール_PCD


国産/海外ブランドの違いは!?

オンロード系と同じくいまやオフロード界にもデザイン性に優れたホイールラインナップが増えてきた。そこで悩ましいのが「安心かつ、信頼のおける国産ブランドか」それとも「インパクトとデザイン性に優れたアメリカ製」を選ぶのか、という2択ではないだろうか?しかし今や大手メーカーであればあるほどそのバリューはほとんど同等。こちらで紹介しているクルマを参考に、お気に入りのメーカー、モデルを選んでいただければ幸いである。


国内オフロード界の老舗ブランド

オフロード界の名門「JAOS」がリリースしたトライブクロスは、ラリー使用を前提としたマッシブなデザインが特徴。カラーは写真のマットブラック/チタニウムゴールドの2色を用意。

IMGP6451

ブランド名:JAOS
ホイール名:TRIBE CROSS
カラー:マットガンメタリック
URL:www.jaos.co.jp


豊富なサイズ展開が魅力

オン/オフ共にあらゆるシーンに向けたラインナップが好評の国産メーカー、ワーク。そのSUVに向けた新作CRAGは、15~17インチと「履きやすさ」にこだわった豊富なサイズラインナップとPCDを誇る人気モデルだ。

02

ブランド名:WORK
ホイール名:CRAG T-GRABIC
カラー:グリミットブラックカットリム
URL:www.work-wheels.co.jp


USオフ系ホイールの先駆け的存在

USホイールブームの先駆者、KMCはオン/オフ問わず様々なモデルに向けたデザインが人気の老舗メーカー。最近では15インチ~の国産モデルに向けた「XTREME-J」シリーズなど、日本の道路事情に沿ったラインナップも注目を集めている。

04

ブランド名:KMC(MLJ)
ホイール名:KM 722 TECHNIC
カラー:マットブロンズ
URL:www.mljinc.co.jp


オフ向け「デイトナ」シリーズに注目

レイズのオススメは「型にはまらない突き抜けたスタイル」をテーマに展開するオフロード専用ライン、Team Daytonaシリーズ。写真のM9はそのなかの人気モデルで、リムの外側を走るビードロック風リングがアクセント。

03

ブランド名:RAYS
ホイール名:DAYTONA M9
カラー:ガンメタルダイヤモンドカット
URL:www.rayswheels.co.jp


竹下進悟=文

アゲ系 SUV&クロスオーバー



関連する記事