• TUNERS(チューナーズ)は車のカスタム,改造車,ドレスアップを中心とした専門WEBマガジンです。カーライフに関わる情報を随時更新しています。
  • logo
  • logo
  1. ホーム >
  2. 足回り > サスペンション >
  3. 遊び心を演出するアーバンオフローダー !! ちょい上げ!エース新潮流

遊び心を演出するアーバンオフローダー !! ちょい上げ!エース新潮流

”ちょい上げ!” エース新潮流

本気なオフロードを走るんじゃなく、あくまでもその雰囲気を楽しみたい。そんなアウトドア志向に向けてジャストフィットな“ちょい上げ(↑)”。遊び道具を満載しながらちょっと出かけてみましょうか!

TSD Urban Off-Roader

a-1

ハイエースドレスアップの定番といえば、何をおいてもシャコタンがメインストリーム。車高をいかに下げられるか、さらに車高を下げた状態でどれほど乗り心地を確保できるかが話題の中心であった。しかしその風向きも急激に変化し、にわかにリフトアップブームが巻き起こっているのだ。

とはいってもクロカン四駆のようにオフロードの走破性を求める本気のアゲではない。2WDをベースにしたライトなリフトアップ「ちょい上げ(↑)」に注目が集まっているのだ。もちろん、リフトアップに合わせるタイヤ&ホイールもオフロードをイメージさせるブロックタイヤがマスト。この組み合わせによるアウトドアイメージが、ハイエースに新たなムーブメントを呼び起こしているというわけ。

TSDが提案するスタイルは、そんなちょい上げ(↑)に車中泊という実用性をプラスした、オシャレビークルのコンプリートカー。基本的には新車をベースに2.5インチのリフトアップとベッドキットの組み合わせ。さらにコンソールボックスやクラフトプラス製のデニム内装でカジュアルコーディネイトが完成されている。リフトアップ料に関しても全高が4ナンバー枠に収まるように考慮されているため、ハイエース本来の実用性やコストパフォーマンスを損なう心配もなし。

オプションとして好みのホイールキャリア類、グリルガードといったアイテムも選択できるため、よりアウトドアイメージを強調することも可能とくれば、ドレスアップの満足感も十分に味わえるはず。

スタイリングにこだわったシャコタンもいいけれど、ハイエースを遊びで使い倒すなら、こんなスタイルもオススメだ。しかも車両を購入してから徐々に仕上げていくよりも、コンプリートカーなら予算も断然お得なのはここだけの話。

 

多彩なアクセサリーの投入でカスタムへの欲求もサポート

コンプリートカーをそのまま乗るのではなく、自分なりのスタイルをつくりたい。そんなハイエースオーナーの欲望を満たしてくれるカスタムパーツ&メニューも豊富に用意されている。もちろんちょい上げ(↑)に適したオフロードテイスト満点。

a-7-1

a-7-4

 

鍛造2ピースのヘビーデューティ仕様

足元に組み合わせるのはTSDオリジナルのT4GDシリーズ。レンコン型のT4GD- 4(左)と5スロットルタイプのT4GD- 5(右)には、マッドスターの225/65R17をセット。LT規格のため車検もOK。

 

アウトドアをオシャレにキメるカジュアル志向のデニム生地

コンプリートの内容にはベッドキットのほかクラフトプラス製のデニムシートカバーも含まれる。コンソールなども同様の生地が張られるため、トータルコーデとしての満足度も十分に高まる。

 

標準装備されるベッドキットは多彩なレイアウトが可能。必要に応じてベッドを展開/収納す
れば、大量の荷物やアウトドアギアを気軽に積み込むことも可能だ。

a-6-3

 

TSD Urban Off-Roader
SPECIFICATION
[エクステリア]
ボクシー ゼロフェイスキット
TSDリアウイング
TSD バンパーガード
TSD テールガード
TSDオーバーフェンダー
TSDヒッチメンバー
LEDワークライト
[インテリア]
クラフトプラス デニム内装
・シートカバー
・CP100ベッドキット
・センターコンソールBOX STAGE1
・セカンドアームレスト
・セカンドキャビネット
[タイヤ&ホイール]
T4GD-3 17インチ
T4GD-4 17インチ
MADSTAR RADIALM/T 225/65
[足回り]
ネオチューン
チョイアゲ用ロングシャックル

a-2

a-3

 

 



関連する記事