• TUNERS(チューナーズ)は車のカスタム,改造車,ドレスアップを中心とした専門WEBマガジンです。カーライフに関わる情報を随時更新しています。
  • logo
  • logo
  1. ホーム >
  2. 車種カテゴリー > インポート >
  3. 魅せる12気筒フェラーリ。SVR Ferrari F12 【Auto Veloce】

魅せる12気筒フェラーリ。SVR Ferrari F12 【Auto Veloce】

純正を凌駕する迫力と美しさを備えた魅せる12気筒フェラーリ。

 

_Main_A

 

フェラーリのV8勢やランボルギーニなどミッドシップのイメージが色濃かったSVRが、フロントにV12を積むF12ベルリネッタを手がけた。彼らの考え方と巧みなデザイン力をここで紐解く。

 

SVR Ferrari F12 Auto Veloce

オートヴェローチェが手がけるSVR(スーパーヴェローチェレーシング)は、かねてよりフェラーリV8ミッドシップの系譜を追い続けてきた。

そこに突如として現れたのがV12をフロントに搭載するF12ベルリネッタだった。


_Sub_B

_Sub_A

Zan_4

「スーパーカーはミッドシップであってこそ」と考えていた代表の谷暢之氏だが、F12と対面して以来、過去のV12勢にはない攻めた造形と作りの良さに惚れた。

V8勢以上に数など出回らず、カスタムする人も少ないことを頭では理解しつつも、まるで己の腕でF12と対峙するかのように、すぐさまボディキットの開発をスタートさせた。

そうして生まれたSVR F12は、日本はおろか北米で好評を持って迎え入れられた。ディストリビューターの発足や昨年のSEMA出展に伴い、今後も台数は増えていくはずだ。

 

 

 

唯一無二の個性を生みながらしかし、決してやりすぎない。

_Main_B

 

SVR F12の個性は、エアロダイナミクス性能を筆頭にまず機能的であること。そして純正を凌駕する迫力と美しさを植え付けながらも、決して“ やりすぎない” こと。

12気筒ならではのロングノーズをさらに長く見せつつ随所に「絞りや拡がり」を加えたボディパーツを開発することで、全幅は不変ながらもどことなくワイドボディっぽい迫力を表現している。

これぞSVRのデザイン力である。 ちなみにF12の後継たる812スーパーファストを見ると、SVR F12と非常に似通ったようなデザインだと思える。

谷氏をはじめとするSVRの「機能を追求しながらも、デザインで魅せる美学」は、その後のフェラーリさえも取り入れた、大正解のアプローチであった。

デザインでワイド感を強調させる

cap02_D

cap02_C

cap02_B

V12 フロントシップのロングノーズをさらに強調させるフロントバンパー&スポイラーや、後端に行くにつれて絞り込まれたような形状のリアバンパーなど「デザインでワイドに見せる」アプローチが随所に見られる。製品はすべてカーボンとFRPを選ぶことができる。

 

 

cap03

足もとにはSAVINI のフォージド3 ピースが組み合わされる。リムにカーボンがあしらわれていて、ボディキットのカーボンと調和する。

優美で華麗なインテリア
cap01_A

cap01_B

この個体は北米でSVR のディストリビューターを務めるクリエイティブ・ビスポークが製作したもの。インテリアはホワイトレザー&レッドステッチで上品な雰囲気を持つ。

SEMA SHOW 2017 にてお披露目されたSVR

cap04_A

2017 年のSEMA においてトーヨー・タイヤブースに出展されたことで、SVR は晴れてSEMA デビューした。北米での人気ぶりを考えると今年はさらに多くのSVR を見ることができそうだ。

 

 

 

SVR F12 Customization Elements  ※価格は税別

フロントバンパー
FRP:¥500,000 / CARBON:¥600,000

フロントリップスポイラー
FRP:¥200,000 / CARBON:¥300,000

フェンダートリム
FRP:¥200,000 / CARBON:¥300,000

サイドスカート
FRP:¥450,000 / CARBON:¥650,000

リアバンパー
FRP:¥650,000 / CARBON:¥750,000

リアスポイラー
FRP:¥200,000 / CARBON:¥300,000

 

 

問い合わせ
オートヴェローチェ
TEL : 077-584-3300
www.auto-veloce.com

 

 

カスタムカー完全ガイドvol.02
マガジンボックス

 

Photo | CREATIVE BESPOKE

Text |中三川大地 Daichi Nakamigawa

 

 






関連する記事