• TUNERS(チューナーズ)は車のカスタム,改造車,ドレスアップを中心とした専門WEBマガジンです。カーライフに関わる情報を随時更新しています。
  • logo
  • logo
  1. ホーム >
  2. 車種カテゴリー > SUV >
  3. ライオンハートが手掛けたハイラックス、+3インチのワイド化でクラス超えのド迫力!

ライオンハートが手掛けたハイラックス、+3インチのワイド化でクラス超えのド迫力!

ライオンハート、ハイラックス

HILUX × LION HEART

TOYOTA’s 4×4 HILUX EDITION GO BACKCOUNTRY

アゲ×エアロ、その関係性

愛知県のライオンハートが手掛けたハイラックスはJEEPラングラーなどの製作で重ねたノウハウとセンスが光るカスタム。その秘密はLBと共同開発の3インチワイドのオーバーフェンダー。さらにバンパーも製作して見せた、そのコンセプトを拝見!

餅は餅屋、というべきか。「ライオンハート」が自信を持って送り出すハイラックス用オーバーフェンダーキットは、日本のオバフェン文化を世界に誇るジャパニーズ・カスタムカルチャーへと昇華させた「リバティーウォーク」に開発を依頼したもの。製作されたデモ車両は、さすがの存在感を漂わせて撮影現場に現れた。「ライオンハート」は、JEEPラングラーや各種USモデルのカスタムと販売を手掛けるが、その経験値やセンスと、リバティーウォークのプロデュース能力がコラボしたと聞けば、その出来栄えも当然といえば当然、なのかも知れない。

現車はフロントにビルシュタイン製ショックアブソーバーも組み込んだ3インチリフト、リアは1インチのリフトで、前傾気味なストックの車高を適切なプロポーションへと調整。イチ押しの人気USリム、FUEL OFFROADの20インチを、3インチのワイド化を果たしたボディにセット。タイヤも285/55-20インチという立派なサイズで、迫力は充分だが、無理やり履かせた印象はまったく感じさせない。今まで多かった「いかにも後付けっぽい出っ張った形状」ではなく、ストックのフェンダーから滑らかに広がっていくカタチを意識したというのが、最終的には効いているに違いない。

LIONHEART-hilux-30

ちなみにこのオーバーフェンダーはストックのフェンダーにピタリと寄り添う形状ながら、よりワイルドな雰囲気を演出するフロントバンパーとの併用も可能。好みに合わせた演出の可能性の広さは有り難いところだ。「ライオンハート」では継続してハイラックスに力を入れていくということで、すでにハードトノカバーもリリース済み。車両販売からのカスタムも可能とあって、この夏に向けたアクティビティ用に、コンプリート・オーダーをしてみてはいかがだろう。



ワイドフェンダー+αの押し出し感

LIONHEART-hilux-5

フロントにインパクトを求めるワイルド派のニーズには、ワイドフェンダーにマッチさせたRADフロントバンパー(298,000円・税別/未塗装)を用意。

スムースに張り出す3インチワイド

LIONHEART-hilux-34

LIONHEART-hilux-41

なだらかな形状を心がけてデザインされたというだけあって、3インチワイドという数値を感じさせない自然な形状がポイント。ノーマルバンパーへの違和感のなさも、まさにその恩恵。

荷室は防犯性と使いやすさを両立

LIONHEART-hilux-51

LIONHEART-hilux-56

搭載物の保護やセキュリティ面でも装着したいハードトノカバーはスタイリッシュなテールエンドが特徴のエアロデザイン。ガスダンパーによる跳ね上げ式で開閉もスムースな作り。

Specifications

オーバーフェンダー 178,000円 (税別/塗装別)
エアロハードトノカバー 220,000円 (税別/塗装別)
ビルシュタインショック(フロント3インチ/リア1インチアップ)
FUEL OFFROAD 20インチ&MTタイヤ
RADフロントバンパー 298,000円 (税別/塗装別)

 

古賀琢磨氏の全面協力で完成した2台のコルベットC7、ライオンハートのコネクションを象徴するデモカー

問≫LION HEART
Tel:0586-67-1711
HP:www.lionheart2005.com

竹下進悟=文

4×4 CUSTOM BOOK
マガジンボックス



関連する記事