• TUNERS(チューナーズ)は車のカスタム,改造車,ドレスアップを中心とした専門WEBマガジンです。カーライフに関わる情報を随時更新しています。
  • logo
  • logo
  • logo
  1. ホーム >
  2. 車種カテゴリー > インポート >
  3. 贅沢な作りのメルセデス・ベンツSクーペをメカメカしく艶かしく作り上げる

贅沢な作りのメルセデス・ベンツSクーペをメカメカしく艶かしく作り上げる

 前後に8ピストンキャリパーと410mmローターを搭載する、この精密感!

 とにかく走っている姿やサイドビューがシビれるくらいオシャレなメルセデス・ベンツS550 4マチッククーペ  エディション1。Sクラスクーペというクルマは、FR駆動ではなく、余裕の4WD駆動を搭載するから、それに見合った高級で贅沢なフットエリア作りがモデイファイのカギだ。

 ホイールにはグノーシスGR204とGR205の21インチを選択。車重が2トンもあって、もしアウトバーンを走るなら、250km/hまであっという間に到達しちゃうようなS550クーペには精度の高さに定評があるグノーシスを選ぶと安心。ワーク製ならブレとかフレなど無縁だし、海外のホイールなどと比べて精度の高さが明らかで、履き比べたら乗り心地すらいい方向へ変化するのが体感できる、というのはプロショップなら絶対わかっている話。

 タイヤはポテンザRE050を組み合わせる。ポイントは、4WD車だから前後の外径差がほぼ同じになるタイヤを選ぶこと(基準値の範囲内で)。これに、コンピューターを書き換えて車高を低め(100km/h以上の高速走行時と停車時も同じ高さの車高に固定)、ノーマルよりサスペンションの部分で30mmほどのローダウンをゲットした。

 仕上げは、ビッグブレーキの導入だ。4WDであることから、前後にブレンボの8ピストンキャリパー(通称エンツォ)をセットして、ローターも前後ともに410mmを組み合わせたという具合。それだけじゃなくて、リア側にもエンツォを入れる為に、サイドブレーキキャリパーの位置を移動し、ブラケットを作ってキャリパー位置をリーディング側に変更! 前後トレーリング側にエンツォが付いてしまうという、大胆な姿とストッピングパワーを手に入れた。そう、こんな贅沢な作りだからこそ、このS550クーペ、シビれちゃうほどカッコイイってわけ。






関連する記事