• TUNERS(チューナーズ)は車のカスタム,改造車,ドレスアップを中心とした専門WEBマガジンです。カーライフに関わる情報を随時更新しています。
  • logo
  • logo
  • logo
  1. ホーム >
  2. チューニング > エンジン系 >
  3. MAZDA RX-7 先鋭的ワイドボディとV8が武器のモンスター【KRC JAPAN】

MAZDA RX-7 先鋭的ワイドボディとV8が武器のモンスター【KRC JAPAN】


a

KRC JAPAN MAZDA RX-7

大阪のデザイナー集団から世界へと発信される特異なエアロと先鋭的なワイドボディを身にまとい、SEMAへと降臨したRX7。“日本のシーンに新風を巻き起こす”をスローガンと定め新機軸を模索そしていきついたのは、アメリカではメジャーなエンジンスワップ日本発のワイドボディにアメリカのビルダーがパワーをドーピング、ドリフトをはじめとする走りのシーンへと殴り込みをかける!

b
c
FD型のRX-7を二年連続でSEMAに持ち込んだ大阪の「KRC JAPAN」は、カスタム屋でもチューナーでもなくワンオフ&量産のエアロパーツを手掛けるデザイナー兼ビルダーである。どんな車種でもオーナーのリクエストあるいは独自なカスタムデザインを提案するが、登場したのは2012年に開催された大阪オートメッセ。別のRX-7でグランプリを獲得したショー自体が初陣だったという、新進気鋭のブランドなのである。二年連続でSEMAの会場入りを果たした実車は、“異端”ともいうべき個性的なシルエットとラディカルなデザインは以前からアジア方面の各イベントからラブコールを受け海外進出も果たしていたが、ラスヴェガスへの進出は、さらなる飛躍の一歩といえる。
d
ハード面は信頼の置けるパートナー、北カリフォルニアでドリフトやレースカー製作を手掛けるSSオートパワーのダニエル氏が全面協力。最大のポイントは、アメリカではメジャーなドーピング手段であるエンジンスワップ。マシンがもつ禍々しさに引けを取らないパフォーマンスの獲得、そして、エンジンスワップ自体を日本でも普及させたいという意図からロータリーモーターを捨て去り、いわゆる”次世代V8”ともいうべきシボレーのLSモーターを搭載したのである。

f e
アルミ製ブロックであることも手伝って小型軽量なこのユニットは、ロータリーが収まっていたエンジンベイにもしっくりと収まっており、推定500馬力のNA仕様ながら約5.3リッターの排気量からくるトルク感は圧倒的。

g

10.5インチ幅のコンケイブは
VOLK Racing G25 鍛造リム

後半部はほぼむき出しといっても過言ではナイほどにフェンダーから露出するのは295サイズのNITTOを巻くVOLK Racing VG-G25。このサイズをたやすくドリフトに持ち込むV8のモンスターパワーを得たからこそのサイズ設定といえる。

h
エンジンスワップはUS敏腕ビルダーが執刀

レーサーに指導をもする凄腕ドライバーのSS Auto Power 代表ダニエル氏。
エンジンスワップは彼が担当。

このクルマは今後ドリフトを中心に各地のイベントでお披露目を果たしたあと、日本に送り出される予定。なお現車のボディは、市販されている02Dというボ ディキットを使用。ブレイドフェンダーと呼ぶエッジの効き具合は強烈な“走り”も期待できるもの。現地での活躍と早い来日が待たれるモンスターだ。

Custom Spec.
KGC modified 02D ボディキット
シボレーLS-1 V8 エンジンスワップ
6スピードトランスミッション
カーボンファイバー
ドライブライン
カスタムステンレスヘダース&エグゾースト
ボッシュフュエルポンプシステム
リボルバーRコイルオーバーサス
SBパフォーマンス
タイロッド
プロジェクトμ ブレーキライン/パッド
リボルバーRバケットシート
リボルバーRステアリング&ハブ
VOLK VR-G25 鍛造ホイール 18×10.5+25
NITTO NT05 295/40-18

Text&Photos|SEMA RULES

お問い合わせ|KRC JAPAN Tel:072-805-0829



関連する記事