• TUNERS(チューナーズ)は車のカスタム,改造車,ドレスアップを中心とした専門WEBマガジンです。カーライフに関わる情報を随時更新しています。
  • logo
  • logo
  1. ホーム >
  2. 車種カテゴリー > SUV >
  3. 極限ローダウンのスペシャリストが挑む新境地。T-DEMAND

極限ローダウンのスペシャリストが挑む新境地。T-DEMAND

Tディメンド、レクサスRX

T-DEMAND LEXUS RX
More than expected!

車高の最適化で快適クルーズ

低車高を愛するシャコタニストから絶大な支持を受けるTディメンド。彼らこだわりのエアサス、「ハードラインV8システム」は東京オートサロンで発表、アップデートされたばかりの最新型だ。今回は特殊ゴールドの"TDMGL"に彩られた注目のシステムが高級SUVの代表・レクサスRXの足回りを最適化し、走りを変える。

 

車高は、落とすほどに角度変化し、アライメントやストロークに悪影響をおよぼす。攻めたホイールマッチング、低車高も実現したなかで快適さも求めるならなおさら困難だ。そんな足の難問を、こだわりの調整式アームやノーマル以上の可動域を持つアッパーアームなどを駆使し、スムーズな動きを可能にしてきたのがTディメンドだ。

同ブランドが展開するこだわりのエアサス「ハードラインV8システム」は新春の東京オートサロンで発表された最新モデル。しかしSUVのイメージが少ないTディメンドだが、実はプロショップからの開発依頼やユーザーからの直接の依頼でトヨタ・ハリアーやレクサスNX、マツダCX-5にホンダ・ヴェゼルなど、実は意外にも多数手がけているのだという。いずれにしてもレクサスRXのような高級SUVにエアサスを投入すると、どのような化学反応が起きるのか?「RXの純正車高って少し高いと思うんですね。SUVは車高が高く洗車も大変だし、高速では横風の抵抗を受けて走りにくい。でも少し下げると抵抗が減って安定しますから。

Tディメンド、レクサスRX

車高の上げ下げの最大ストローク量をウリにするエアサスとはコンセプトから異なるV8。自分好みの最適な低い姿勢を保ち、かつ快適な走行を実現する最新モデルに注目!

 

SUVの乗り心地をよくするなら「スプリングよりエアバッグ!」の理由

足まわりはトレーリングアームで落とすほどホイールのセンターが前にズレる。でも落とし過ぎは視覚的によくない。開発時には市販のダウンサスなども試したのですが、フロントが下がり、リアが上がってカッコ悪かったんです……」と、RXの開発に至った経緯を語ってくれた田中代表。もちろん、アップ&ダウン操作による"魅せるパフォーマンス性”もメリットなのは言うまでもない。

最新型のトピックはAMK製コンプレッサーの存在だ。これまでのVIAIR(バイエアー)製から変更し、200PSI→380PSIへと倍近い容量&パワーを実現。そのAMKを贅沢にも2基掛けで作動させているのだ。さらにバイエアー比で約1/10というその静音性能にも注目。エンジン音のしないエコカーならトランクを閉めればその存在に気が付かないほど。高級SUVなら当然ながらこの静音性はかなり魅力だ。

さらにエアサス装着には切っても切れない水抜き作業。これまでは自社の自動排水システムを装着していたが、新型はAMKの自動排水装置を装備し信頼度はさらにアップ。通常のエアサスでは必須な水抜き作業は一切不要のメンテナンスフリー! 振動吸収装置も標準装備され、内張り等を通じて発生していたビビリ音も皆無だ。このAMK製コンプレッサーはBMWやメルセデスも純正採用されているドイツ製なので信頼性も高い。「僕自身は純正の足まわりすら固いと思っているんですよ。しかもインチアップしたらタイヤが薄くなりさらに乗り心地が固くなる。だったらスプリングよりエアバッグの方がSUVには最適。できるだけ柔らかい状態で、でも収まりのいい状態に仕上げています」。

Tディメンド、レクサスRX

しかも取り付けはトレーの上にセットアップされた完成済みキットをラゲッジなどの適切な場所にポンと置くのみ。あとは4本の足へと配管をつなげるだけだ。これならインストーラーの技量によるメカトラブルも格段に軽減される。

プロショップでの取り付け作業が楽で、徹底管理のもと出荷されるトレーでポンと置くだけの最新エアサス。ビジュアルもカッコよく、キーのオン/オフで設定車高に復帰するハイトセンサーのもたらす動作のスマートさなど、街中を颯爽と流すのに必要な機能はオールイン。性能を知ればこの価格でも安さを覚えるほど。高級SUVの足元に相応しい、まさにハイスペックなエアサスなのだ。

Tディメンド

Tディメンド

Tディメンド

Mazakのマシニングセンターや旋盤加工機など高性能な工作機械も充実のTディメンド社屋。設計、開発、溶接、塗装、さらに組み立て作業まで徹底管理のもと行なわれている。

 

溶接無しのシームレスなエアタンク

1.溶接無しのシームレスなエアタンクはハイプレッシャーにも無問題の肉厚1cm。長さの違うタンクを配列させ配管も美しいバタフライ型。

 

電磁弁裏にはアクリルでLED点灯

2.電磁弁裏にはアクリルでLED点灯。

 

コントローラーは iPhoneが担当。今はアンドロイドでもコントロール可能

4コントローラーはiPhoneが担当。今はアンドロイドでもコントロール可能へと進化
済み。

 

Tディメンド、レクサスRX

ロールセンター補正用のイージープロVer.2

5.40mmのロールセンター補正用のイージープロVer.2。

 

トーイン/トーアウト調整用のタイロッドエンド

6トーイン/トーアウト調整用のタイロッドエンド。

 

アッパーマウントにはSP25プロ

7.アッパーマウントにはSP25プロ。

 

キャンバー調整用のリアアッパーアーム

8.キャンバー調整用のリアアッパーアーム。

 

トー調整を行なうトーコンアーム

9.リアのトー調整を行なうトーコンアーム。

 

キャンバー調整するイージープロ

10.5cmダウンしてキャンバー調整するイージープロ。

 

水平に保つスタビリンク

11.通常ならバンザイしてしまうのを水平に保つスタビリンク。

 

コンケーブの深いホイールはSSR EXECUTOR CV01

12.コンケーブの深いホイールはSSR EXECUTOR CV01(21×9.5+18)。タイヤはATRスポーツ(245/35)

 

レクサスRX、Tディメンド

UP

 

レクサスRX、Tディメンド

DOWN

 

キャンディの入った特殊ゴールドの“TDMGL”色に彩られたオリジナルパーツ群。MAX-UP〜DOWN幅は150mm。前後25段減衰力調整機能付き。アッパーマウントにはSP13、よりキャンバー角がつくSP25PROの2種類を設定。

 

Tディメンド

Suspension

Front : PROARM
タイロッドエンド
イージープロVer.2
Rear : PROARM
アッパーアーム
リアトーコンアーム
リアイージープロ
リアショートスタビリンク

Air Suspension System

HARD LINE BUTTERFRY V8 SYSTEM ALW-019
シームレスタンクW850
Front : SP25-PRO
キャンバープレート
80Sピストン
ベローズスリム3段
Rear : ALピロ(上下)
80Sピストン
ベローズ標準2段

Tire & Wheel
SSR EXECUTOR CV01 21inchi 9.5j +18
235/35R21 ATR SPORTS

 

問い合わせ:T-DEMAND
Tel:0776-60-2010
HP:www.t-demand.jp

 

Text:Takayuki Kimura
Photo:Hiroyuki Urano

Traxtion4[トラクション・フォー]
マガジンボックス

関連する記事