• TUNERS(チューナーズ)は車のカスタム,改造車,ドレスアップを中心とした専門WEBマガジンです。カーライフに関わる情報を随時更新しています。
  • logo
  • logo
  • logo
  1. ホーム >
  2. エクステリアパーツ > エアロ >
  3. レクサスRC F ジャパン・プライドの挑戦状 【ARTISAN SPIRITS】

レクサスRC F ジャパン・プライドの挑戦状 【ARTISAN SPIRITS】

“職人気質”の意味合いを持つアーティシャン・スピリッツ。

老舗FRP成型工場を母体とする、その高い技術力を武器に、レクサスを中心に、ボディパーツを幅広く展開してきた。新作として公開されたのはレクサスRC Fである。それにはツボを抑えた妙技が満載されていた。

老舗FRP工場を母体として、その技術力を武器に世界へ羽ばたくのがアーティシャン・スピリッツだ。その名前の意が“職人気質”を示すように、このブランドは日本の設計・生産技術をあらためて世界へ知らしめている。この数年、彼らが率先して取り上げてきたのは、同じジャパンメイドのプレミアムブランドであるレクサスだ。今ではほぼオールラインナップ体制を敷くほどに成長し、そのどれもがメーカー純正と言わんばかりの品質とフィッティングのよさを持つ。なによりレクサス流のデザインアプローチに見事溶け込む。

 

<リアスポイラーとフェンダー>
FRPのほか、カーボンもラインナップ

リアルーフスポイラーやトランクスポイラーを始めボディパーツの多くはFRPのほかカーボン製品も用意される。カーボン地を露出させたスポーティな雰囲気もまたRC Fにはよく似合う。

<リア全景とサイド>
多種多様なアプローチ

ボディパーツは単体のほか3~7Pキットという形でパッケージでも入手できる。どうコーディネイトするかはユーザーの腕次第だ。

<マフラー>
快音を奏でるエキゾースト

Z’sスポーツデュアルと呼ばれるマフラーが装着される。これは純正バンパーにも対応するので単体で選んでもいい。加速騒音認証を取得済みだ。


そんな彼らの新作にして話題沸騰なのがRC Fのプログラムである。今まではフルバンパータイプのスポイラーなど大物を製品化させてきた彼らだが、今回のRC Fはひとまずリップタイプの前後およびサイドのスポイラー(ディフューザー)に、トランクスポイラー、リアルーフスポイラーなどがお目見えした。いわゆる純正ボディにポン付けできるタイプのものとなる。それでも効果は絶大で、大型スピンドルグリルを持つRC Fの表情を活かしつつ、ボディ全体をよりエネルギッシュに仕立て、もちろんエアロダイナミクス性能を高めることも成功させている。

その造形に加えて、彼らの得意技のひとつであるフェンダーダクトなども揃う。排気系はリアディフューザーとマッチしたZ’sスポーツデュアルマフラー。足もとを支えるホイールはCORART A5という銘柄で、フロント20インチ、リア21インチが組み合わされる。また、リアフェンダーアーチモールを使って、リアを片側13mmほどワイドに仕立てている。そういえばオーバーフェンダーアプローチもまた彼らの得意技のひとつである。RC Fのスポーツカーとしてのバランスを尊重して13mm程度に抑える部分など、さすがにツボを心得ているようだ。

今後、世界的にますます盛り上がりを見せるであろうRC Fカスタマイズの世界において、これは定番となる可能性を秘めた存在である。

Text|中三川大地  Photo|藤井元輔

お問い合わせ|ARTISAN SPIRITS Tel:048-422-4841 www.artisanspirits.co.jp



関連する記事