• TUNERS(チューナーズ)は車のカスタム,改造車,ドレスアップを中心とした専門WEBマガジンです。カーライフに関わる情報を随時更新しています。
  • logo
  • logo
  1. ホーム >
  2. その他 >
  3. カスタムのシーンは空前のワイドボディ・ブーム SEMA SHOW2015 REVIEW #01

カスタムのシーンは空前のワイドボディ・ブーム SEMA SHOW2015 REVIEW #01

Luxury & Exotic
SEMAに学ぶ美の着こなし方

SEMA SHOW REVIEW #01

リバティーウォークの加藤ワタル氏、RWBの中井アキラ氏。共に日本が誇るワイドボディの作り手であり、カリスマ的、いやむしろ教祖的影響力をファンに及ぼすビッグネーム。その彼らが期せずしてワイドボディのスーパーマシンをSEMAで披露したのが2011年だった。あれから4年。今、エキゾチック&ラグジュアリー・カスタムのシーンは空前のワイドボディ・ブームである。その勢いは衰えることを知らず、世界中の若者を虜にしている。“Cool!”な条件は、ミリ単位で迫るフェンダーアーチとタイヤの関係。そしてパフォーマンスを損なわないギリギリのロードクリアランス。

このセクションではそんな最旬トレンドを交えながら、各ブースで出会った魅力的なヨーロピアンスポーツにスポットを当てよう。おのずと2016年の流行が垣間見えてくるかも知れない。

Luxury & Exotic PORSCHE

ポルシェはLB☆ワークスのワイドボディをオシャレに着こなすGT3。SPYDERのカスタムヘッドライトが印象的。

そしてご存じRWBの930。やはりこちらもプロジェクターライトを備え、イマドキのハンサムマスクに仕上げている。

Luxury & Exotic BMW

BMWセクション、一番上はバレットプルーフ・オートモーティブが製作したZ4 GTContinuum。フラットなオープンボディが特徴。旧きよき時代のレースカーへのリスペクトを現代のクルマに投影したそう。

BMW i8はYUELING WHEELSからエントリー。EVに軽量ドレスアップホイールのマッチングはGood。燃費向上を謳っていた。

Luxury & Exotic MERCEDES BENZ

AMG S63が履いているのは最高級フォージドホイール、GFGのFM-866。組み合わせたタイヤはフロント265/31-22、リア335/25-22の超極太。

止まらないスピード&ローの誘惑

Luxury & Exotic LAMBORGHINI & FERRARI

数あるフェラーリの中でもひときわ目立っていたのが、ラ・フェラーリFXX K風のデザインを持つ、フェラーリ488GTB のエアロキット。MISHAデザインの製品。

Luxury & Exotic AUDI

アウディ・セクションのトップは、DeVilbissレーシングが製作し、ピレリ・ワールド・チャレンジで好成績を収めているR8。

4輪にエアサスをセットし、走るスピードよりも静止時の“スピード感”を演出したタイプ。性格は違うがどちらのカッコよさも譲れない。

Luxury & Exotic OTHER

エスカレードが装着しているのは、ラグジュアリー・エアロブランド、NEXT NATION(ネクストネイション)の新作。SEMA2014 でデビューしたモデルの進化形で、美しさがバージョンアップしている。

去年に引き続きエントリーしたオールカーボンのパガーニは、やはり人気高し。

フォトギャラリー

Text & Photos|SEMA RULES

 



関連する記事