• TUNERS(チューナーズ)は車のカスタム,改造車,ドレスアップを中心とした専門WEBマガジンです。カーライフに関わる情報を随時更新しています。
  • logo
  • logo
  1. ホーム >
  2. エクステリアパーツ > エアロ >
  3. 魅せる足回りを極めた終着点は壮絶ハンドメイドによってプッシュロッド式へモディファイ!【30プリウスDEAD OR ALIVE】

魅せる足回りを極めた終着点は壮絶ハンドメイドによってプッシュロッド式へモディファイ!【30プリウスDEAD OR ALIVE】

30プリウス DEAD OR ALIVE

ポークスタイルで足元を猛アピール!!爆鳴オーディオ搭載の超重量級“エゴ”カー

メインカット_1

ベースカー プリウス ’13 年型
オーナー 和田浩太サン・34 歳(静岡県浜松市)

 

お次は、全身に見せ場をギュッと詰め込んだキョーレツ個性の30プリウス。ファミリーカーとして30プリウスを新車購入したオーナーの和田サンは、もともとガッツリいじる予定はなく、とりあえずライトなオーディオと生足シャコタン程度でマッタリとプリウスライフを楽しんでいた。

しかし、その後足回りにハイドロを組んでカスタム熱がイッキにヒートアップ!ショップからオートサロン出展を持ちかけられたのをキッカケに、超絶オーディオからド迫力エアロまで全身を大進化させちゃったんデス♪

最大の見せ場は、魅せてよし、鳴らしてよしの超ド級オーディオシステム!基本はファミリーカーのため、居住空間をスポイルしないことを前提に、スピーカーをトランクに大量インストール!

ユニットは和田サンが試聴して選んだグラウンドゼロで統一し、車内ではグッドサウンド、トランクを開ければ爆音サウンドと、2つの楽しみ方ができるぜいたくなシステムに仕上げてマス☆

ハイドロでガッツリ落としたボディには叩き出しフェンダー&9.5Jの極太ホイールを組み合わせ、インパクト最上級のポークスタイルでキメッ!

リアバンパーは、エイムゲインのタイプ3バンパー、レクサスRC純正バンパー、ロケバニのレクサスRC用ディフューザーを3コイチして、オーディオシステムにヒケをとらないド迫力フォルムを演出した。

オーディオ&エアロメイクでリアにサプライズポイントを集中させるため、あえてフロントのカスタムを控え目に抑えてるあたりも、ポイント高いっス♪

ココまでヤリ尽くした1台だけど、ファミリーカーとしてもちゃんと役割を果たしてるのがスゴイところ!カスタムも家族公認で、イベントにも家族で参加するという和田サンファミリーの円満っぷり、うらやましすぎるぞっ♪

 

 

【これぞ唯我独尊!俺の”エゴ”カーメイキング】

ハイドロ激低スタイルに、ダメ押しの爆鳴美麗オーディオ♪

1

6

グラウンドゼロのユニットで統一したオーディオシステムが、このクルマの大きなウリ。全身に投入したスピーカーは、合計20発!居住空間を犠牲にしないように見せ場をトランクに集中させ、イベントでも注目度バツグンの外向きシステムに仕上げた。フロントはリアとは別のシステムで制御して、グッドサウンドを徹底追求!

7

5

レーシーイメージ全開のリアバンパーは、エイムゲインのタイプ3、ロケバニのレクサスRC用ディフューザー、レクサスRC純正バンパーを3コイチした苦心作。鬼キャンホイールとの組み合わせで、超絶インパクトのリアセクションを演出した。オーディオの重量に耐えられるように、車高調整はスキッパーのハイドロが担当。

 

ワイド感MAX な足元でキメるポークセッティング!

基本がファミリーカーというコトもあって、ボディカラー&フロントビューは大人っぽさとスマート感を両立した抑え目フィニッシュ。パッと見シンプルなエクステリアだけど、地を這うようなベタ落ち車高と鬼キャンをかました極太ホイールが、ただならぬ存在感をプンプン漂わせている。

4

さりげなくワイド化した叩き出しフェンダーに極太のワーク・マイスター(18 × 9.5J)を組み合わせて、ベタ落ちした時にリムがフェンダーからハミ出す絶妙なポークセッティングでフィニッシュ!強烈なキャンバーと極太ホイール、ポークスタイルが相まって、インパクト最高レベルの足元を演出してるゾ!

3

スッキリとしたデザインのフロントリップスポイラーは、スぺジール製をチョイス。リア回りのエアロワーク&オーディオを際立たせるため、あえてフロントセクションのカスタムを控えめにしているのがポイントだゾ!

8

ファミリーカーとして新車購入した30プリウスを、ココまで過激なスタイルに仕上げちゃったオーナーの和田サン。ガチャガチャさせるのは心情に反するので、内装に用いた紫は色のトーンが低めなシックなアルカンターラ仕上げにしたあたりに大人の色気を感じさせる。

 

芸文社 / カスタムカーvol.472

カスタムカー 最新号購入はこちら

 



関連する記事