• TUNERS(チューナーズ)は車のカスタム,改造車,ドレスアップを中心とした専門WEBマガジンです。カーライフに関わる情報を随時更新しています。
  • logo
  • logo
  1. ホーム >
  2. 足回り > サスペンション >
  3. ついに登場!待望のエアフォース!200系ハイエースキットを装着せよ!!

ついに登場!待望のエアフォース!200系ハイエースキットを装着せよ!!

【連載企画 エアサス界のアル ティメイト・ ウェポンに迫る】command 16 超速実力リポート エアフォース

00a

協力 株式会社JATSエアフォース事業部
TEL 0467-50-2000
HP www.airforce-sus.jp

待望のエアフォース、ハイエース専用キットがついに登場!今回は足回り詳細についてご紹介。ここでは基本の車高調キットの説明に加え、オプションとなる足回りのキットも紹介するゾ。

ハイエース用のエアサスキットだが、まずは専用車高調キットについておさらいだ。

ハイエース用のキットは商用車(リジッドアクスル)特有の、突き上げを軽減する『コンフォートシャックル』が付属する「コンフォートエアサスキット」と、付属しない「エアサスキット」の2つがある。

さらに車高補正機能を備えるハイトセンサー型の「GOLDキット」とプレッシャーセンサー型の「Super Performanceキット」に分かれるため、計4タイプが存在する。

今回詳しく紹介するのはシャックル付きコンフォートエアサスキットのSuper Performanceバージョンだが、4タイプとも基本的な構造は変わらないので、説明にあたっては問題ないだろう。

ここでは、車高調キットの詳細に加え、オプション設定についても紹介するから、写真の説明書きをよく読むべし!

ハイエース用エアサスの最終ウエポン、エアフォースから目が離せない!!

FRONT

01a

フロント足はスリーブタイプのエアバッグ付き車高調となる。ハイエースはフロントのスペースが狭いため、従来エアバッグを収めることが難しいとされてきたが、エアフォースでは省スペース型のスリーブタイプを採用することで問題をクリア。また、低車高によるスタビリンクの上昇&ねじれを解消し、本来の性能を発揮させる専用スタビリンクも付随。トーションバーは抜き去った、レス仕様となる。

【ココがポイント!】加工いらずなスリム設計!

01b

これは他社製のエアバッグの装着例。フロントヘビーのハイエースに対応するため、ベローズタイプのバッグを使用しているが、ナックルと干渉するため、ナックル自体を削っている。このような加工が要らないことも大きなメリットだ。

02a

車高調は全長調整式となるが、ベタ落ちさせることを考えると、一番低いところでのセッティングとなる。

02b

また、車高調のロワマウントは純正ショックマウント位置より、外側にすることでストローク量を稼いでいる。

02c

バンプストップは薄型タイプへの変更が必須となるが、キットには含まれない。

04a

エアバッグのロワマウントとローダウンブロックの役割を果たすのがダウンブラケット。4インチ程度のダウン量となる。U字ボルトも付属する。

04b

ショックとバッグの位置関係を見てほしい。バッグ縮小時も干渉しないので、バッグの破損とも無縁だ。

04c

車高調は全長調整機能付きで、なおかつ36段階の減衰力調整機能付き。乗り心地を任意で変更できることもポイントだ。

04d

ホーシングがフレームに近接するため、バンプストップは取り払うこととなる。

REAR

03a

リア足は純正リーフスプリングを2枚抜いた形で流用。減衰力調整付きのオリジナル車高調とエアバッグ、ダウンブラケットとU字ボルトがキットに含まれる。必要不可欠なパーツがすべて揃っていることがキットのウリだ。

【ココがポイント!】乗り心地がよくなる秘密はこれ!

03b

このS字状のシャックルが乗り心地を左右するキモ。ホットスタイル製の『コンフォートシャックル』で、ストローク時にリーフが後ろ方向へと伸びるような形でスイングするため、突き上げによる不快感を軽減。これが付随するのが「コンフォートエアサスキット」だ。

 

キットはコチラ

コンフォートエアサスキット
Super Performanceキット 68万5000円

カコミA コンフォート_SP

コンフォートエアサスキット
GOLDキット 76万5000円

カコミBコンフォート_ゴールド

エアサスキット
Super Performanceキット 65万円

カコミDエアサス_SP

エアサスキット
GOLDキット 73万円

カコミE エアサス_ゴールド

気になるオプション設定もCheckしていこう!

【REAR】激低派向けに4リンクキットも鋭意開発中!

過激な低さを求める人向ききに、リーフリジッドから4リンク式サスペンションへと変更するボルトオン4リンクキットも開発中!現在試作の段階だが、こんな大掛かりな足回り変更でありながら、ボルトオンキットであることが特筆すべき点。試作品は横方向へのサブフレームがリンクのマウントとなる構造で、リンクはターンバックル機構付き&ピロ加工済み。現状、発売時期は未定だが、乞うご期待!

【FRONT】ベローズタイプにも交換可能!

05a

05b

スリーブタイプよりも容量の大きいベローズタイプにも交換可能。ベローズタイプに交換することで車高アップが早くなるため、伸びの良さを求める人にはオススメ。ただ、アーム等の一部切削加工が必要となる。スリーブからベローズタイプに交換することで価格は6万円UP(左右セット)。加工工賃は施工するショップへ要問い合わせ。

 

芸文社 / カスタムカーvol.471

カスタムカー 最新号購入はこちら

 



関連する記事