• TUNERS(チューナーズ)は車のカスタム,改造車,ドレスアップを中心とした専門WEBマガジンです。カーライフに関わる情報を随時更新しています。
  • logo
  • logo
  • logo
  1. ホーム >
  2. イベント > イベントレポート >
  3. ユナイテッドサウンドサミット2017 イベントレポート【7月9日 池の浦シーサイドパーク】

ユナイテッドサウンドサミット2017 イベントレポート【7月9日 池の浦シーサイドパーク】

7月9日。一週間前の天気予報では雨の予報であったが、徐々に天候は回復状態になり、当日のイベントは見事に晴れた。

 

場所は三重県南東部に位置する伊勢市二見町、池の浦シーサイドパークのビーチハウス トロピカーナ。
丘陵と山地が広がり、深い森に囲まれているため、この土地特有の伊勢湾からの湿った空気がなだれ込む。そしてこの空気に相成るかのように、「クルマと音楽とカルチャー」のイベントが催された。

主催は以前このチューナーズでもイベント告知をした通り世界のオーディオブランドの輸入・販売を手がける「ユナイテッドサウンド」である。

主催の「ユナイテッドサウンド」は世界のカーオーディオの輸入、販売を行っており、主にサーウィンベガを始め、ダイヤモンドオーディオ、オーリックスなど海外のカーオーディオを取り扱う。また数々のオーディオコンテストの経験から、デモカープロデュース、イベントブース/店舗の音響プロデュースなどを手がける、まさにカーオーディオだけにはとどまらないオーディオ界のエキスパートなのだ。

※チューナーズ 過去イベント告知記事より
http://tuners.jp/united-sound-summit-2017-prior-notice/

 

イベント開催時間は10:00からだったが、我々取材陣が9:00に到着した時点でもう既に会場の熱気が伝わってきた。会場前にまず目に飛び込んできたのがまずオレンジの「ダッジチャレンジャー」だ。岐阜県はもとより、全国でも屈指のチャージャー、チャレンジャーのカスタム専門店「ラグジ」が手がけた「エッジカスタムズ」を身に纏っている。そして現在ユナイテッドサウンドが輸入・販売しているDiamond Audioをセットアップしていて、進行中とのことだ。

そしてもう一つ、ダイヤトーン製品がインストールされたデモカー「アルファロメオ ジュリエッタ」も駆けつけていた。三菱電機DIATONE SOUND.NAVIのテレビコマーシャルでも活躍している一台である。

10:00から代表の長谷川氏の号令で静かに、イベントが始まる。そしてここはプライベートビーチ。ビーチならではのロケーションということもあり、ゆったりとした開催の挨拶だ。

 

イベントの定義というものはどこにも存在しないと思っている。だから特にイベントだからと言って何かを催す必要性はない。今回のイベント趣旨は「カーオーディオを通じて、車・ファッション・音楽にこだわった人たちが集まり、それぞれのいい音・カッコいいインストール、カスタム、ドレスアップを自慢していく」というもの。
だから、会場全体には「みんなで楽しむ!」という一体感のようなものが生まれる。誰もが何も言わなくても、長谷川氏の真意を汲み取っていた。

ただただ楽しく。それに呼応するように、周囲にはたくさんのカスタムカーがずらりと並び、ユナイテッドサウンドが扱う製品がインストールされたカーオーディオの音響が鳴り響く。このご時世、普段はなかなか大音量で鳴らすことができないカーオーディオもやはりこの場所ならでは。周囲は山と海に囲まれているため、人目もつきにくく、防音としても一役買っている。やはりここはカーオーディオには絶好の場所なのだ。

そして今回、来場したユーザーは大きく3チームに分かれている。

カーオーディオメインのチームもいれば、USDMを主体としたチームなど3種3様である。参加者全員が展示された車を見てまわり、意見を交換しあう光景が見られる。また、長谷川氏にオーディオのアドバイスを求める人たちも多く、終始和やかな雰囲気であった。

お昼には「ユナイテッドサウンド」の粋な計らいで、プライベートビーチに相応しいバーベキューが振る舞われた。食材を焼きながら参加者の顔に笑みが溢れているのが印象的だ。

まるでシエスタのように、午後はビーチでのんびりする人、ボールで遊ぶ人などひとときの時間を過ごしていた。また今回はベンガルベイクラブのマリンジェットの出動や、伊勢のハーレーショップ、アトラクトカスタムズのサポートでハーレーの来場もあり、盛り上がりもピークに差し迫ったころ、早いもので時刻は15時半。アワードの発表である。

今年は全部で9つの賞が用意されており、16名の参加者が受賞された。
下記写真と共に紹介してみたい。

一人でも多くの賞をという主催者側の人を喜ばす精神が垣間見れるアワードである。受賞した16名もそれぞれ賞品をもらい大満足の様子であった。ちなみに今回受賞したパサート、シエナと展示車両のスカイラインクーぺは次回TUNERSでまたピックアップ記事で掲載予定だ。
楽しいイベントはあっという間に過ぎ、最後に長谷川氏の締めの挨拶があり、イベントは無事に終了した。夕方の涼しい風もでてくる頃、参加者も名残惜しそうに会場で話し込んでいるのが印象的だった。
その時以前、長谷川氏が話していたことをふと思い出した。「カーオーディオの世界は学校も無ければ、専門書もでていない。その中で周りの人に聞いたり、自分で模索していく」と。確かに自動車の学校はあるけれど、オーディオは専門的にはしないだろう。またオーディオの知識は別に必要となってくる。
まさにこういったイベントがあり、様々なことに触れることでそういったユーザーを支えているに違いない。「ユナイテッドサウンド」の今後の動向が楽しみだ。

USS2017 フォトギャラリーはこちら
http://tuners.jp/united-sound-summit2017-photo-gallery/

ユナイテッドサウンド
050-3532-9055
http://www.unitedsound.jp/

 

TEXT&PHOTOS:TUNERS



関連する記事