• TUNERS(チューナーズ)は車のカスタム,改造車,ドレスアップを中心とした専門WEBマガジンです。カーライフに関わる情報を随時更新しています。
  • logo
  • logo
  • logo
  1. ホーム >
  2. エクステリアパーツ > エアロ >
  3. クールレーシングらしさが表現されたアルファード/ヴェルファイア

クールレーシングらしさが表現されたアルファード/ヴェルファイア

THE IMAGINATION 【KUHL PREMIUM ALPHARD/VELLFIRE】

ハーフの限界を超えた3Dデザインこそ真骨頂

032_kuhl_image_01

R35GT-R、86といったクーペ、プリウスなどのセダンモデルをスポーティにカスタムするブランド、「KUHL RACING(クール・レーシング)」の名は、国内のみならず世界でも高く評価されている。そして、同ブランドがアルファード/ヴェルファイアのカスタムを完成させたのは2015年秋。新ブランド名は「KUHL PREMIUM」。KUHLらしいスポーティな造形は、見る人の想像力を刺激する。

妄想ア ル/ヴ ェ ル後期型

30ヴェルファイア、30アルファードの順にリリースされたKUHL PREMIUM。
長年カスタムカーを手がけてきたルーフコーポレーションが満を持してリリースした新たなラインナップに注目が集まる。

東京オートサロンをはじめ、数々のカスタムショーで高く評価され続けている「KUHL(クール) 」ブランドは、86やGTRといったスポーティモデルを好むファンによく知られている。また、近年ではプリウスでも 「クールらしい」デモカーを仕上げ、その知名度をさらに高め続けている。

そのクールが、ミニバン・SUV専門として新設したブランドが 「KUHL PREMIUM」だ。同ブランドがカスタムの第一弾・第二弾に選んだモデルがアルファード/ヴェルファイアだったのは、アルヴェリストにとって僥倖だったはずだ。

アル/ヴェルのKUHLエアロは、これまでのファンが期待した以上の仕上がりで「クールらしさ」 が存分に盛り込まれた。ここで「クールらしさ」と表現するものは、大別すると3種類がある。

そのひとつ目は、他のどれとも違う個性的なデザインだ。KUHLブランドはスポーティモデルから始まったブランドであり、その流れを踏襲するかのように、アル/ヴェルにも躍動感を感じさせるエアロがデザインされた。象徴的なポイントとして挙げられるのは立体的な造形などだが、これらについては写真が雄弁に語ってくれるだろう。なお、デザインは代表の片岡氏がイメージを描き、それを少しずつ煮詰めていく格好で完成度を高めている。

「クールらしさ」の2つ目はクオリティの高さだ。前述のとおり片岡氏がデザインしたエアロは、同氏が信頼を寄せて提携する関西の工場で作成が進められる。片岡氏は工程が進むたびに本社がある名古屋から関西へ足繁く通い、一歩ずつジリジリと完成度を高めていく。こうして仕上がったエアロはFRP素材とは思えないほど(事実、業界の常識を超える厚みと強度を意識している)精密できめ細やかだ。 「一度クールのパーツに触れると他に行けない」とは、実際にユーザーから聞いた声である。

最後の3つ目、これはスタッフに依存する対応・技術面だ。 「KUHL PREMIUM」と「KUHL RACING」の2拠点が共有するノウハウは、特に足回りのカスタムで顕著である。片岡氏の活躍は、もともとサーキットから始まっている。走りを追求するには足回りのセッティングが不可欠であり、徹底的にデータを蓄積し、絶妙なポイントを探しているのは今でも変わらないKUHLのスタンスだ。見た目だけでなく、高級車として実用車として乗り心地も両立したいアル/ヴェルのカスタムには、こうしたノウハウこそ発揮される。

振り返ってみれば、偶然にも筆者は同店ユーザーを通算100名ほど取材したことがある。その上で感じたのは、客から店への信頼感が他では見られないほど強固ということだ。 「KUHLに任せれば間違いない」 。 異口同音に聞いたこの声は、ユーザーとクルマの満足を想い続ける、KUHLに根付いたブランド力なのである

ヴェルファイアの印象を一新するスポーティデザイン

KUHL PREMIUM第一弾としてリリースされたヴェルファイアエアロはフルキットで5点セット。Fグリルは最大10cmの奥行きを確保した立体デザインが採用された。特徴的なレーシングボンネットは純正と比べ40mm以上の低ノーズ&ロングノーズ化に加え、左右20mmの膨らみをデザイン。フロントビューのインパクトを強烈にアピールする。なお、Fグリルは純正レーダークルーズに対応したフロントグリルも選択でき、機能性を維持。

アルファードの良さを引き立てる緻密な仕上がり

30アルファードエアロのエアロ構成は基本的にヴェルファイアと同様ながら、アルファードのベースを生かしてデザインし直してある。なお、リア中央に鎮座する金色の部分(ヴェルファイアは銀色の部分)は、新作の「エングレービング・メタル・リアガーニッシュ」。日本の職人による手掘りで丁寧に仕上げたカスタムパーツで、ふたつとして同じ模様のものがない。ゴールドは250,000円、シルバーは200,000円(どちらも税別)。

ヴェルファイア用フルバンパーを開発中

KUHL PREMIUMの追加アイテムとしてヴェルファイア用フルバンパーを開発中。シャープで斬新なデザインが採用される予定で、完成を待ち望む声が高まっている。2016年5月にリリース予定だ。また、アル/ヴェル兼用4本出しマフラーも開発中。

035_kuhl_image_02

SPECIFICATIONS(ALPHARD)
フロントリップスポイラー 63,720円〜
サイドステップ 74,520円〜
リアフローティングディフューザー 52,920円〜
フロントグリル 59,400円〜
レーシングボンネット 85,320円〜
5点フルキット 324,000円〜
※価格はすべて税込
ホイール:WORK ZEAST ST1&2(21inch×10.0J)
タイヤ:NANKAN NS20(255/30R21)
サスペンション:AirREX

SPECIFICATIONS(VELLFIRE)
フロントリップスポイラー 63,720円〜
サイドステップ 74,520円〜
リアフローティングディフューザー 52,920円〜
フロントグリル 59,400円〜
レーシングボンネット 85,320円〜
5点フルキット 324,000円〜
※価格はすべて税込
ホイール:WORK ZEAST ST2(21inch×10.0J)
タイヤ:ATR SPORT(265/30R21)
サスペンション:AirREX

[問い合わせ] KUHL JAPAN]
TEL:052-693-9893
www.kuhl-racing.com/



関連する記事