• TUNERS(チューナーズ)は車のカスタム,改造車,ドレスアップを中心とした専門WEBマガジンです。カーライフに関わる情報を随時更新しています。
  • logo
  • logo
  1. ホーム >
  2. イベント > イベントレポート >
  3. WRX STIを心から愛するオーナーの要望に応えるデザイン!WRX STI専用キット

WRX STIを心から愛するオーナーの要望に応えるデザイン!WRX STI専用キット

ユーザーの熱意とメーカーの熱意の融合 WRX STI RR-GT 【ROWEN STYLE KIT】  @TAS2017

DSC_2788

以前から数多くのスバル車専用ボディキットを手掛けてきたROWENから、「東京オートサロン2017」でのワールドプレミアに向け満を持して完成させたWRX STI専用キットが誕生した。

「他人とは違う個性を出したい、でも純正のスタイリングは崩したくない」という、WRX STIを心から愛するオーナーの要望を応えられるデザインは、今回の「東京オートサロン2017」のエコカー部門で「優秀賞」を獲得した「ROWEN 50PRIUS RR」と同じく、多くの注目を集めていた。

フロントバンパー

もともとWRX STIのフロントバンパー周辺のデザインは、見た者すべたが一目でスバルと認識できるよう、ヘキサゴン(六角形)型のフロントグリルや、BOXERエンジンのピストンを表現したコの字型のポジションランプなど、スバルのアイデンティティの象徴をうまく取り入れた、完成度の高いデザインである。

この度お披露目されたボディキットのフロントバンパーは、その完成度の高いデザインを活かしつつ犠牲にする事無く、さらに躍動感を与えられるデザインに仕上がっていると言える。
また、注目ポイントは見た目のデザイン性だけではなく、ブレーキの冷却効果を狙いサイド部にはダクトが設けられている事や、純正LEDランプを移植することができ、STI専用リップスポイラーも装着可能にするなど、その優れた機能性も抑えておきたいポイントである。

リアバンパー

少し考えていただきたい。1人の他人から1番長く見られているのは、車のどの部分であろうか?

展示してある状態では、当然車の顔であるフロントマスクとなるだろうが、普段ショッピングモールの駐車場に停めている状態で、あまり他人の車を凝視するということは少なく、ましてや1人の他人に長時間見られることはあまり考え辛い。もちろん、今回のボディキットのように完成度が高ければ、一定の注目は集める可能性はあるかも知れないが、それはいわゆる車好きや、車のデザインに一定の興味がある一部の人間に限られた行動であって、ごく普通の人間が、他人の車を意識して見ることはあまりない。
では、1人の他人からもっとも長く見られている愛車のポイントはどこか?一般的に公道を走行中は、多くの情報を得るため、常に視点を移動させ、あらゆる視覚的情報を得ようとしているが、前方を走る車は必ず視界に入っており、信号待ちで停車した際など、なおさら視界に入ってくる。
つまりその答えは、『リアビュー』であり、どんなにこだわりのフロントエアロを組んでいても、通り過ぎた直後に見える後姿が、インパクトに欠け、作り込まれたフロントと比べてアンバランスな状態では、残念な印象を与えてしまうことになる。
その点このボディキットに含まれるリアバンパーは、純正オプションのマフラーカバーが装着可能となるよう、純正同様の造形を踏襲し、フロントバンパー同様、純正のデザインを崩すことなく、バランスのとれたROWENらしいデザインとなっている。

フロントフェンダー

WRX STIは、ご存知の通り”世界一過酷な草レース”として有名な、ADACニュルブルクリンク24時間レースで、排気量2.0リットル以下のターボ車で争うカテゴリーであるSP3Tクラスにおいて2015年、2016年と連覇を成し遂げたマシンである。そんな世界に誇るレースカーをモチーフにデザインされた左右のフロントフェンダーは、上部に設けられたエアインレットもさることながら、縦に2つ並べたエアアウトレットが、フロントバンパーからリアバンパーまでのトータルバランスを取る重要なアクセントとなっており、また、10mmワイドになることで、後方からの視線にもアピール度の高い、このボディキットには欠かせないアイテムである。

開発のきっかけ

ROWENには、チタン製「PREMIUM 01TRシリーズ」、ステンレス製「PREMIUM 01Sシリーズ」という人気のエキゾーストシステムがあり、そのマフラーを購入したユーザーが、ボディキットに対する熱い思いを何度も語ったことをきっかけに、今回のボディキットの開発を手掛けたとのこと。
車は、その走りも重要であるが、市販車として行動を走る以上、デザインはとても重要と言える。ましてや、WRX STIを所有しているような本当に車が好きなユーザーにとって、どこか一か所だけエアロを装着するような、付け焼刃のようなデザイン変更ではなく、マフラーなども含めたトータルバランスが、重要なポイントとなるはずである。
この WRX STI RR-GTに装着されたROWEN STYLE KITは、機能面とデザイン性を両立させたうえ、トータルに愛車をワンランクアップさせることができるボディキットに仕上がっている。

問い合わせ
ROWEN Japan
tel:0565-52-8555
www.rowen.co.jp/en/

Text &Photos|tuners



関連する記事