• TUNERS(チューナーズ)は車のカスタム,改造車,ドレスアップを中心とした専門WEBマガジンです。カーライフに関わる情報を随時更新しています。
  • logo
  • logo
  1. ホーム >
  2. ホイール&タイヤ >
  3. ジオバンナホイール アメリカ発の超高級ホイールブランド

ジオバンナホイール アメリカ発の超高級ホイールブランド

揺るぎなき男の比類なき探究心 SEMA Wheel編02 【GIOVANNA WHEELS】

ジオバンナをはじめとするハイエンドなラインナップは今年も健在。
ホイール館の中心で高額車両の足もとを美しく飾り付け、見る者から感嘆の溜め息を誘った。

A

TW Corp Inc. CEO
ディコ・スラアン
高級ホイールといえばユーロチューナー系が全盛だった1990年代終盤。アメリカ発の超高級ホイールブランド“ジオバンナ”をプロデュースし、アメリカンホイールの新時代を作り出した人物。

’00年代初頭から現代に続く大径ラグジュアリー・ホイールのムーブメントは、このブランドに端を発したと言っても過言ではないだろう。
『Giovanna(ジオバンナ)』。アメリカを代表するビッグネームの筆頭だ。現在では姉妹ブランドにGianelle(ジェネリー)、KOKO Kuture(ココカチュール)、GFG(ジーエフジー)を展開し、世界中のラグジュアリーカーやスーパーカーに向けて、純正を上回る上質と優美を提供している。 そのヘッドクォーターであるWTW CorprationのCEOこそがディコ・スラアン。アメリカンカスタム界の重鎮であり、革新と斬新を追求して止まらないホイール界きっての稀代の頭脳である。

B

PORSCHE GT3 RS
早くも赤いヤツ専用

フォージド(鍛造=たんぞう)だけを取り扱うジオバンナ・ファミリーのトップブランド、GFGからは早くもポルシェ911 GT3 RS専用設計のセンターロック式FM-808が登場。

ツラに合わせた絶妙セッティング

フェンダーアーチとタイヤのギリギリのオフセット・セッティングは、自らの愛車だからできる試行錯誤の結果。組み合わされるタイヤはフロント265/35-20、リア325/30-21。公道でもサーキットでも絶対に干渉することはないと言う。

MASERATI GHIBLI
上級車にさらなる上質を

マセラッティ・ギブリが右側に履いているのはジオバンナの姉妹ブランド、ジェネリーの2015年新作コレクションから、TROPEZのグロスブラック・フィニッシュ。左側はココカチュールのSURREY、ブロンズフィニッシュ。

PORSCHE 911
ワイルド&レトロなオシャレ系

ワークスフェンダーとダックテールをミックスし、またナイスな色使いで独自の世界観を作り出しているモデル997。GFGのモデル名はFM-747。フロント19インチ、リア20インチ。リアタイヤは345/25の極太だ。

CHEVROLET CORVETTE
アメリカンスポーツにももうひとつの可能性

超軽量かつ高剛性なGFG FM-310は、ド級のトルクを発揮するコルベットなどのスーパーマシンにもマッチ。現車が装着するリアディフューザーは日本のREVORIX製。

FERRARI 458 Spider
ブラック×レッドのハリウッド仕様

ボディの各ポイントに鮮やかな赤を配し、ゴージャスかつ妖艶な印象を放つ1台。オープンモデルなだけに、見られることを前提としたインテリアもエクステリアと同色にコーディネート。GFG FM-844を装着。

FERRARI 458 ITALIA
新しい配色への挑戦

ホワイトボディに赤いレーシングストライプを入れ、2トーン化したボディにマッチさせるため、前後のホイールをパウダーキャンディで塗り分けた意欲作。FM-855にはフロント275/30-21、リア355/25-22をフィット。

FERRARI 458 Spider
世界に1台の迫力

前後のフェンダーを大胆にもカットし、FRPを駆使してワイドフェンダーをワンオフ。低さに加え、迫力を増した458スパイダー。リアタイヤは355/25-22。

時代の変化、流行の移り変わりに適応し、今なおWTWの各ブランドがマーケットで存在感を鮮明にする背景には、ディコ氏の比類なき探究心によるところが大きい。
具体例を挙げるならば、どんな高額車両でも可能な限り自ら購入するこだわりである。フェラーリ、ランボルギーニ、ベントレー、メルセデスは言うに及ばず、ポルシェ918スパイダーやマクラーレンP1といった限られたモデルも世界に先駆けて入手、惜しげもなくホイール開発のテスト車両に起用するのである。そうすれば足まわりの寸法を厳密に測定、ミリ単位でマッチするホイールが製作可能だし、ストリートやハイウェイ、クローズドコースなどで製品の実走テストが繰り返せるからだ。
独創的なデザインのみならず、品質と強度がWTWのジオバンナ・ファミリーを支えてきた所以なのだ。

Text & Photos|SEMA RULES

お問い合わせ|GIOVANNA WHEELS JAPAN Tel.042-580-0268 www.giovannawheels.co.jp



関連する記事