• TUNERS(チューナーズ)は車のカスタム,改造車,ドレスアップを中心とした専門WEBマガジンです。カーライフに関わる情報を随時更新しています。
  • logo
  • logo
  1. ホーム >
  2. エクステリアパーツ > エアロ >
  3. 50系プリウスの最新エアロは、「さり気なく、しかし少し派手に」のコンセプトの下に開発

50系プリウスの最新エアロは、「さり気なく、しかし少し派手に」のコンセプトの下に開発

さりげなさと確かな個性の融合 【ROWEN】

_F8A0237-1

プリウス用エアロの先駆者にしてエアロパーツの老舗メーカーであるROWEN。その新作である50系プリウスの最新エアロは、「さり気なく、しかし少し派手に」のコンセプトの下に開発されたものである。

高い品質と優れたデザイン性で、 メイドインジャパンのエアロパーツメーカーとして海外からも高い評価を受けている。新作も積極的にリリースするROWENゆえに、 早くも50系プリウスのエアロパーツを完成させた。ノーマルのデザインを生かしながらも、 より高級なイメージを与えることに成功し 「さり気なく、 少し派手」 という開発コンセプトのもとに登場したのがROWEN ・50系プリウスのエアロパーツだ。

とはいえ、30系プリウスのエアロで人気を得た、 ROWENらしいデザインは踏襲している。その代表例がLEDを組み込んだフロントスポイラー。アグレッシブさと高級感を融合したデザインで、50系プリウスの車格をワンランク上げるような印象を与えることに成功している。

実車を見るとボディに付くブランドデカールの類で強いインパクトを受けるが、 個々のエアロパーツデザインは 「シンプル&ラグジュアリー」 で、 センスの良さが光る逸品である。

さり気なさと確かな個性が融合しているデザインの、 50系エアロパーツ。その細部を見ていくと、 実に巧みなデザインであることが確認できる。

まず、 ブラックカラーを効果的に使用することで、 エアロパーツのキャラクターラインが明確になり、 シャープな印象を与えることに成功している。デモカーがホワイトなので、 ホワイトとブラックのカラーコントラストを上手に使用したデザインであることが分かりやすい。

次に独特のフロントマスクデザインとしている、 ライト回りのアイテムにも注目だ。 ノーマルよりもシャープな印象を与えるフロントマスクは、 ブラックのラインを追加したフロントフェイスエクステンションとアイラインガーニッシュによるもの。エアロパーツによりボディ下部のボリューム感が増し、 ライト回りのアイテムによりシャープで個性的なフロントマスクとなっている。

さて、 ROWENの50系エアロパーツだが、 FRPとカーボン製の2種類があり、 さらに純正カラーに塗装済みのものと素地のものがある。塗装済みのものを選択すれば、 まさしくボルトオンで装着できるというアイテムなのだ。また、 ROWENの本社でも、 パーツ装着サービスを積極的に行なっているので問い合わせを!

_F8A0047-1

斜め前から、真横から、そして斜め後ろからなど、ROWENのエアロパーツはあらゆる角度から見てカッコいいと感じさせるデザインとなるように、強いこだわりを持っていることが特長。そのため、一見シンプルにも見えるエアロパーツだが、見れば見るほど複雑なラインで構成されていることが確認できるはず。今回装着されているアルミホールは、10本スポークデザインのPRODRIVE・GC-0100Sの19インチサイズとなる。

Mufer マフラー

シンメトリー設計の左右4本出しマフラーは、高い排気効率が得られると同意に、見た目のバランスも優れている。チタンブルーの焼き色を施したマフラーエンドなど、調所にこだわりを見せる逸品である。

Aero Parts エアロパーツ

ナンバー両サイドの縦ラインにLEDバルブがインストールされており、LEDアタッチメントを選択するとロアエンドにも付くフロントスポイラー。フロント&リアスポイラーの造形をドア下で繋ぐサイドステップも複雑なデザインとなる。リアスポイラーはサイドにダクト、中央部にディフューザーを取り入れたものとなる。

Light ライト回り

ノーマルよりもシャープな印象を与えるフロントのライト回り。ボディ同色でライト上部に付くのがアイラインガーニッシュ。バンパー側に付く黒いラインがフロントフェイスエクステンション。リアスポイラーの中央部にはバッグフォグのインストールが可能だ。

WING ウイング

_F8A0131-1

ROWENらしいジャストサイズと呼べるリアウィング。30系プリウス用のデザインテイストを踏襲しつつ、50系プリウス専用に設計・開発されたものだ。リアウィング内部に付く小振りなトランクスポイラーも用意され、よりスポーティなデザインのリアスタイルにもできる。

“G's” をよりアグレッシブな“α” へと変貌させるエアロ

_F8A0283-1

G’sのノーマルバンパーの下部に装着するROWENのフロントスポイラー。小振りなサイズながら、巧みな3Dデザインとカナード状のサイドスタイルなどにより、確かな個性を主張している。また、ダクトが組み込まれたボンネットとフェンダーも特徴である。

WING ウイング

ROWENがリリースしているプリウスαのエアロ。G’s純正のルーフスポイラーの上部に付くリアウィング。リアスタイルの上部にアクセントを与え、スポーティな印象を与えるデザインである。バンパー側は中央部のディフューザーデザインとし、よりアグレッシブなスタイルを演出。これらに加え、LEDのバックフォグ、左右2本出しのマフラーが装着されている。G’sであってももの足りなさが残るリアスタイルとなるαだが、ROWENのエアロをプラスことでアグレッシブなスタイルへと変貌させることが可能なのだ。

株式会社E・Rコーポレーション ROWEN事業部
0565-52-8555
http://www.rowen.co.jp

PRIUS & PRIUS α CUSTOM BOOK VOL.02
ぶんか社



関連する記事