• TUNERS(チューナーズ)は車のカスタム,改造車,ドレスアップを中心とした専門WEBマガジンです。カーライフに関わる情報を随時更新しています。
  • logo
  • logo
  1. ホーム >
  2. エクステリアパーツ > エアロ >
  3. シンプル&ラグジュアリーという開発テーマが実にまとまりの良い50系プリウスを生んだ

シンプル&ラグジュアリーという開発テーマが実にまとまりの良い50系プリウスを生んだ

最先端のシンプル&ラグジースタイル 【K’SPEC】

_F8A0415-1

ノーマルから大きくイメージを変えることに成功しながら、そこに奇妙な違和感はない。シンプル&ラグジーという開発テーマの下に作り上げたケースペックのエアロパーツ。その詳細に迫っていく。

奇抜ともいえるノーマルのヘッドライトデザインゆえに、50系プリウスのカスタマイズは、 そのデザインからして容易なものではないようだ。

ところが、 ここに紹介するケースペックがリリースするエアロパーツは、 まるで50系プリウスの北米仕様にでもあるかのごとく、 実にまとまりの良いデザインであることが特徴だ。

まず目を引くのは、 マークレスタイプとなったフロントノーズ。ノーマルでは大きなトヨタのエンブレムと二本のグリルがバンパーに付くが、 エンブレムを廃止し、 左右一体式のグリルへと変更したことで、 スムーズなノーズデザインになっている。フロントノーズの長さやブラックグリルの幅や角度など、 計算されたデザインにより、50系プリウスの新たなフロントマスクを構築することに成功している。 「シンプル&ラグジュアリー」の下に開発されたこのエアロパーツ、 そのデザインセンスの素晴らしさと品質の良さに、 素直に拍手を送りたい。

フロントのみならずトータルバランスに優れる K'spec

ノーマルよりスポーティに、 ノーマルよりもワイルドに。そのようなコンセプトであれば、50系のプリウスのエアロパーツ開発も、 それほど難しいものではないかもしれない。しかし、 ケースペックは「シンプルかつラグジュアリー」という、 多くのカスタマイズ層に受け入れられるデザインテイストを開発テーマに掲げ、 そして見事に実現した。

フロントマスクばかりが注目されるが、 サイドもリアのデザインもキッチリ作り込まれているからこそ、 個性的なフロントマスクが生きるデザインとなっている。サイドの下部ラインは、 サイドステップに加え前後のスポイラーまでカナード形状を取り込み、 ボリューム感とローダウン効果を得たデザインとしている。加えて、ケースペックのカスタマイズアイテムの中でも人気が高いピンストライプを装着したことで、 シャープなサイドラインを演出することに一役買うプロダクツとなっている。

そしてリア。ルーフとトランクスポイラーは小さめのサイズながら、 複雑かつ凝ったデザインを採用している。ウェッジシェイプを強調するようなデザインで、 フロントマスクと同様、 シャープな印象のサイド&リアデザインを演出している。

これらの効果が複合的に重なることで、 シンプル&ラグジュアリーなエアロパーツは完成している。実はトータルバランスにも優れたエアロパーツなのだ。

_F8A0410-1

ノーマルよりもフィット感に優れる印象を与えるケースペックのエアロパーツ。下品な印象を与えることなく、シンプルかつラグジュアリーなデザインとなっている。

_F8A0388-1

個性が光るフロントのデザインに対して、サイドとリアはノーマルのデザインテイストを崩すことなくアップグレードを行ったようなスタイルとなっている。サイドステップとリアのバンパースポイラーの影響で、ローダウン効果が強調されている。また、ルーフスポイラーとトランクスポイラーの装着により、シャープなサイドデザインへとスタイルアップが施されている。

Grille グリル

_F8A0363-1

特徴的なグリルデザインは、見る角度を変えると印象も大きく変わる傾向にある。正面から見ると、ブラックのグリルがワイド感を強調し、迫力を感じさせるデザインとなる。少し斜めから見ると、ボンネットとヘッドライトのプレスラインをグリルにも延長し、シャープなフロントノーズデザインへと変更している。フロントスポイラーはバンパー下部に備わるタイプだ。

Aero Parts エアロパーツ

フロント、サイド、ルーフ、トランクに装着されるスポイラーは、小さめのサイズのものが採用されている。しかし巧みなデザインにより、確かな存在感を与えている。特にデザインが難しいとされているトランクスポイラーは、独特のテールランプ形状ともマッチしたウィングスタイルを採用。これによりシャープなリアスタイルを演出している。

Wheel ホイール

_F8A0433-1

シンプル&ラグジュアリーのテーマに合わせて、アルミホイールはWEDSのKranzeAcuerdoの19インチをチョイスしている。上品な10本スプリットスポークデザインで、スポーティかつ高級感も得られる19インチアルミホイールだ。装着されているタイヤはNANKANのULTRA SPOT NS-2で225/35ZR19サイズ。

K’SPEC
http://www.kspec.co.jp/

PRIUS & PRIUS α CUSTOM BOOK VOL.02
ぶんか社



関連する記事