• TUNERS(チューナーズ)は車のカスタム,改造車,ドレスアップを中心とした専門WEBマガジンです。カーライフに関わる情報を随時更新しています。
  • logo
  • logo
  1. ホーム >
  2. 車種カテゴリー > インポート >
  3. 高級SUV ベンツGクラスをフロントリップスポイラーで躍動感あるデザインに

高級SUV ベンツGクラスをフロントリップスポイラーで躍動感あるデザインに

MERCEDES-BENZ G This Is How We Do It 【God HanD】

「神の手」のGフェイス強化術。

142-143-_DSC3437-1a

ベントレー・ベンテイガやマセラティ・レヴァンテ、ランボルギーニ・ウルスなど、いまや「高級SUV マーケット」は世界的なトレンドとなっているようだ。
しかし、そのルーツとなるメルセデス・ベンツのGクラスも、依然として人気が高い。しかし、ライバルたちと差別化を図るため、そして新興勢力に立ち向かうためにも、より力強い個性が求められているのも事実ではないだろうか。
だからこそ注目してほしいのがカスタムであり、そのパーツを使った手法なのだ。

1979年にこの世に登場したとき、Gの顔は今と少し違っていた。ブラックアウトされたグリルに優しげな眼つき。ヘッドライトベゼルは下方にいくにつれ大きく絞り込まれ、フェンダーアーチが目立っていた。よくよく見ればベゼルはゴム製でフェンダーも未塗装。さらに前後バンパーは下側のエッジがそぎ落とされ、ズバ抜けたアプローチアングルが確保されているのがわかる――

これこそが現代へと受け継がれるGクラスの源流であり、軍用/警察用を想定し開発された「W460」こと初代ゲレンデヴァーゲンだ。

しかし、時代とともに本来のものとは異なる需要の増加にともない、いつの間にか「高級SUV」路線へとシフト。それが89 年にフルタイム4WD 化されたW463 か、AMG が開発に協力したという限定車が発売された93 年か、いや、V8 が標準モデルに搭載された98 年かもしれないが、いずれにしてもGの存在は、大きく軌道修正され、現在にいたる。

結果として基本デザインに手を加えることなくロングセラーを続けたGは、いまや街中でも頻繁に見かけるモデルとなった。しかし、同時にオーナーにとってはライバルが増え続けることを意味するわけで、個性を求め購入した人にとっては考えるところもあるに違いない。

だからGをとりまくアフターマーケットは活況を呈している。ホイールはもちろん、威圧感のあるボディをさらに厳ついものにするためのエフェクトも数多くラインナップされている。ライバルとは違うスタイルの確立は、もはや必然なのだ。

だからこそ注目したいのがニューカマーだ。もちろん定番も悪くはないが、より個性を打ち出したいなら、この選択は悪くはない。

躍動感あふれるアクティビティをデザインワークの信条とする職人集団God HanD。メルセデス・ベンツを中核に据えたフロントリップスポイラーの開発で定評のあるブランドでもある。このGに採用されたのは彼らの手掛けた新作アイテムで、フロントのバンパー下部に装着するだけで驚くほどのビジュアルアップが期待できる専用リップ。ノーマルと
比べてみればその効果は一目瞭然で、想像以上に大きな効果を得ることができる注目エレメンツである。

高いクオリティと独自のデザインで老舗のエアロメーカーを蹴散らしてきた「神の手」が、いま再び「高級SUV」Gのフェイスを強化する。

ベースはメルセデス・ベンツながらエンブレムだけは思い切って……

撮影車両はメルセデス・ベンツのGクラスだが、各部のエンブレムはオーナーの意向によって人気の高いメルセデスAMG「G63」のものへと交換されていた。

現行型の巨大バンパーへのインストールで印象激変!

2012 年に行われたマイナーチェンジを受け、フロントバンパーは左右に開口部を大きく取ったタイプに変更。このバンパーの下にセットされているのがGod HanD のリップスポイラーだ。段を付けた躍動感あるデザインが特徴となっている。

パワーアップしたフロントに負けないシンプルなディッシュ・ホイール

_DSC3506

フロントリップスポイラー同様、ホイールもニューフェイスを投入。装着されたのは「Fast」の22 インチ。シンプルなディッシュタイプのデザインが武骨な「高級SUV」Gを引き立てている。

Custom Spec.
God HanD フロントリップスポイラー
Fast 22inch
AMG エンブレム

【問い合わせ】
God HanD
Tel:048-483-4222
www.godhand2.com



関連する記事