• TUNERS(チューナーズ)は車のカスタム,改造車,ドレスアップを中心とした専門WEBマガジンです。カーライフに関わる情報を随時更新しています。
  • logo
  • logo
  • logo
  1. ホーム >
  2. アクセサリー > インテリアパーツ >
  3. 厳選6種の電装パーツで ハイエースがもっと楽しめる!vol.02

厳選6種の電装パーツで ハイエースがもっと楽しめる!vol.02

愛車の機能をバージョンアップ!
電装アップデイト術 vol.2

10

4型までバリエーションが増えたハイエースでは、型によってメーターレイアウトが微妙に違ってきている。センターには視認性を重視したスピードメーターが備わっているのは共通ながら、左右のスペースにはタコが入ったりフューエル計や、水温計がといった計器が装備される。とはいっても中には必要最低限のスピード、フューエル、水温といったレイアウトも存在し、回転数はどう判断したら? なんてこともあり得る。逆に水温計が廃止されているタイプもあるため、愛車のコンディションチェックがままならないものもある。もちろんそんな情報をいちいち表示しなくても、ハイエースは壊れない。そうはいっても、トラブルを事前に察知するにはメーターの情報は必要不可欠。そこで取り入れたいのがマルチメーター。故障診断のOBDⅡ端子に接続するだけで、車両本体が収集する各種データを表示できるこのメーター。面倒なセンサー取り付けや配線作業を行わなくても、必要な情報を得られるだけに、万が一に備えて取り付けておいて損はない。

#2
Multi Meter[マルチメーター]

追加メーターで愛車の状態をリアルタイムチェック

11

メーターとレーダー探知機を一体化!
BLITZ Smart-B.R.A.I.N 価格:4万9800円
スマホやタブレットとBluetooth経由で接続する拡張性の高いマルチメーター。本体付属の表示部分はコンパクトに集約しながらレーダー探知機を併せ持つ。もちろんスマホと連動させなくても単独で使用できるため、これひとつで様々なニーズに対応。表示項目数は最大26の情報が取得可能。

最大50項目のデータを表示する充実タイプ
BLITZ Touch-B.R.A.I.N 価格:4万8000円〜
タッチパネル搭載の3.5インチ液晶を備えるハイスペックモデル。表示項目は最大で50項目と多彩なため、純正メーターに表示されないあらゆる情報をこれ1台で全てチェック可能。

最大3種の情報を選んで同時表示
Pivot OBモニター 価格:2万5000円
設置しやすいコンパクト設計かつ視認性を高めた有機ELディスプレイを採用するマルチモニター。表示情報は水温、電圧、回転数、油温などを始めとした全8種類。表示方法もシングルや3項目同時のマルチなど自由に選べる自由度の高さも特徴。

OBDⅡ接続のアナログメーター
BLITZ FLDメーター 価格:3万8000円〜
φ74の回転数やブースト圧アナログメーターに、車速や水温、スロットル開度など3項目を同時表示可能なモデル。視認性の高さに加えてOBDⅡ経由で様々な情報が取得できるため設置性の高さも魅力。

アナログでマルチな表示機能を搭載
Pivot デュアルゲージプロ 価格:2万8000円
OBDⅡ端子と接続するだけで、指針とデジタルのデュアル表示による回転数表示と水温、電圧などが切り替えで表示可能。ガソリン、ディーゼルともに対応しているのも嬉しいところ。

スマホ連動でフル活用
Defi SMART ADAPTER W OBD SET 価格:2万1000円
対応OS:アンドロイド、iOS
詳細設定から表示までスマホ内で完結するため操作性は良好。固定されたレイアウトの項目をタッチすれば、それぞれの表示情報を変更できるほか、表示単位まで細かく指定することができる。

デビューが2004年と、すでに12年もの長きに渡って生産され続けている200系ハイエース。それだけ生産台数も多く、仕事からプライベートのレジャーまで幅広く活用されている。そんなハイエースは、知っての通り盗難被害率がダントツでNo.1。特に日本国内での需要以上に高い海外に密輸されることも多く、盗難にあった場合は見つかることは極稀と言われる。そんなハイエースをいかに窃盗団の手から守るか。その答えのひとつがアナログのセキュリティグッズ。最近の窃盗団は純正イモビライザーも簡単にカットしてしまう。そのため電子式のセキュリティユニットでは効果は期待できない。もちろんサイレンタイプのセキュリティは、警戒心を煽る効果はあるものの、万が一警報がなったからといって窃盗団と鉢合わせすると、クルマを盗まれるだけでなく命の危険にもつながりかねない。そのため視覚的に盗みにくいクルマを演出する、ハンドルバーやタイヤロックといったセキュリティグッズは、車両盗難被害が多いハイエースには効果的と言えるのだ。もちろん、セキュリティグッズをつけたから完璧というわけでなく、駐車場所など根本的な防犯対策も必須。盗まれないための工夫こそ、盗難対策の基本というわけなのだ。

#3
Security [セキュリティ]

盗難率トップクラス!ハイエースを完全ガード

19

視認性を高めた設計と機能性
ToFiT ステアリングアラームロック 価格:2万8500円
物理的にステアリングをロックする頑丈なバーに、振動感知センサーや気圧センサー、超音波センサーをプラス。万が一の場合は100dBのサイレンに加え、付属のリコモンに緊急連絡を送る多機能モデル。万が一、クルマを壊されて修理代を払うよりも安い金額で安心が手に入るというわけだ。

(左) 特許を取得した最新のシリンダーはピッキング対策にも効果的。アラーム機能のON/OFFもキーシリンダーから操作するため、ワンタッチで最強のセキュリティをセット。

(中) 本体裏には各種センサーの感度調整からアラーム音のボリュームが備わっている。使用するシチュエーションに合わせ、手軽に調整できるのも安心を高めてくれるポイント。

(右) 付属のリモコンは緊急連絡を音と振動で知らせてくれる。発動された警告の内容もイラストのアイコンで示してくれるため、離れた場所からも車輛状況を一目で判断。

警戒感を煽るならアラームも効果的
ToFiT ワンタッチセキュリティ 価格:1万4800円
コンパクトなボディにサイレンとセンサーを合わせる簡易タイプのセキュリティユニット。8段階のショックセンサーと6段階の警告音は、万が一の犯罪被害時には犯人への心理的負荷を強めること間違いなし。なお、取り付けはOBDⅡコネクターにワンタッチ接続でOK。

#4
Door Rock [ドアロック]

両手がふさがっていてもドアをロック/アンロック!

仕事で使うならコレは便利!
ToFiT スマートキーフリーシステム 価格:1万4800円
仕事で使用するハイエースの場合、クルマから荷物を降ろす際には、両手がふさがっているとロックができない。そんな時にあると便利なのがこのスマートキーフリーシステム。赤外線リモコンに反応し、クルマから離れると自動的にロックを行うこのアイテム。仕事に趣味に活躍するハイエースだからこそ、あると便利な機能と言えるだろう。

#5
Defend [ボディ保護]

実用車だからこその錆対策は必須

ToFiT ラストストッパー 価格:2万7000円
仕事にレジャーに、フルに使い倒す実用車のハイエースだからこそ、ボディのサビ対策は万全に行いたいところ。ラストストッパーはバッテリーから断続的に電子を送ることで、サビや腐食を抑止する電子パーツ。すでに下回りのサビに悩む多くのハイエースユーザーに親しまれている定番アイテムだ。

[問い合わせ]
ブリッツサポートセンター Tel.0422-60-2277 http://www.blitz.co.jp
ピボット Tel.0263-46-5901 http://pivotjp.com
デフィお客様相談室 Tel.03-3835-3639  http://www.nippon-seiki.co.jp
ツーフィット Tel.045-253-7945 http://www.to-fit.co.jp

ハイエース完全ガイド
マガジンボックス



関連する記事