• TUNERS(チューナーズ)は車のカスタム,改造車,ドレスアップを中心とした専門WEBマガジンです。カーライフに関わる情報を随時更新しています。
  • logo
  • logo
  • logo
  1. ホーム >
  2. 車種カテゴリー > インポート >
  3. 世界でたった1台!?プローラーリムジン【カープロデュース ゲインズ】
関連タグ

世界でたった1台!?プローラーリムジン【カープロデュース ゲインズ】

この記事を読んでいる人のなかで、プローラーという車名だけを聞いて、すぐどんな車か想像できる人は少ないのではないだろか。
それもそのはず、今回取り上げたカープロデュース ゲインズが販売する「プローラー リムジン」のベース車両は、5年の生産年数の間に、全世界で11,479台しか製造されていない車両で、日本に何台入って来ているのかが不明なうえ、この記事を書いている2017年3月の時点では、大手中古車情報サイトには、1台も掲載されていないというほどの希少車なのである。

カスタムベースとしてプローラーを選択すること自体、かなり挑戦的と言えるが、今回の車両を見て私が思った正直な感想は、「とんでもないクルマだ!」である。
今回の記事では、そんなとんでもないクルマ「プローラー リムジン」の、とんでもないカスタムポイントについて見ていきたいと思う。

IMG_8748

2シーターから6シーターへ、60インチのストレッチ

まずは何と言っても、リムジン使用にするにあたりストレッチされた全長を紹介しないわけにはいかない。
ノーマル状態のプローラーの全長は4,199mmなのだが、この車両の全長は5,723mmで、なんと1,524mm(60インチ)も延長されている。
ストレッチされた長さだけで見れば、小柄な成人女性一人分にあたり、その長さがどれだけ長いかお分かりいただけるであろう。

もともと乗車定員が2名のプローラーが、後部座席を対面式に4つ備えたことにより乗車可能人数は6名に、そして、新たに設置された後部座席はしっかりと厚みのある、まるでソファーのようなゴージャスな仕上がりである。

IMG_8756

特別な空間で、特別な時間を

もちろんゴージャスなのはシートだけではなく、まさしく”客室”と呼べる後部のキャビンには、シャンパングラスが似合いそうなテーブル、また、随所にレザーがあしらわれラグジュアリーな空間が演出されている。
さらには、運転席及び助手席と、後部のキャビンスペースを仕切ることができる電動パーテーションも備え、その驚く外観と、車高の低さを除けば、列記としたストレッチリムジンである。

ベースであるプローラーはオープン2シーターモデルで、もちろんこの車両もオープンスタイルを踏襲し、リヤキャビン上部の幌はもちろん開閉可能で、オープンにできるリムジンというなかなかお目に掛かれない、特別な乗車感覚が味わえるだろう。

そして、今回の車両で、制作者の苦労が分かる点が、少々高めなセンタートンネル。
FRであるプローラーは当然プロペラシャフトを通すためのセンタートンネルは必須であるが、元来オープンモデルであるが故、屋根のない車両をストレッチするにはそのままでは間違いなくボディ剛性が不足する。
そのため、必要以上に大きなセンタートンネルは、不足するボディ剛性を確保するため、相当な補強がされていることが垣間見え、オープンモデルのリムジン特有のなかなか面白い特徴とも言える。

魅力満載の遊び心

長さや内装だけでも十分見どころたっぷり車両だが、さらに驚くポイントは「ドア」である。
まず、道行く人をあっと驚かせるポイントは、左右のフロントドアで、なんと跳ね上げ式のガルウイングに改造されているのだ。
あえて敬意をもってこのガルウイングを評するならば、「まったく意味のない最高の遊び」である。

そして、右リヤにだけ備えられたドアは、リムジンである以上当然のように違和感なく感じるかもしれないが、よく思い出して欲しい、このプローラーはもともと2シーターモデルであるため、リヤのドアは存在していない。
そう、この当たり前のように見えるドアは新設されたドアであり、尚且つ開閉用のヒンジをリヤ側に設定した前開き。

左右フロントのガルウイングに、前開きのリヤドアと、「車のドアってどう開くんだっけ?」と言わんばかりに、いわゆる”普通のドア”が存在していないのである。

IMG_8768

クルマの魅力を再認識

本来、要人や客人をもてなし、優雅に乗ることを前提にしているはずのリムジンで、「スポーツカーベースであるが故の低い屋根」「センターに大きく張り出したセンタートンネル」などは、乗り降りがし辛く、幌を開けない限り窮屈に感じる車内空間となり、ある意味真逆のネガティブな要素である。

しかし、この車の目的は普通のリムジンとは全く違い、街中では多くの通行人の注目を集め、乗る人も、見る人にも楽しい時間を提供すること。
車は単なる人や荷物を運ぶだけの移動手段ではなく、多くの人をワクワクさせ、特別な時間を、特別な思い出を残すことができる、素晴らしい存在であることを再認識させてくれる、まさしくオンリーワンの特別な1台なのである。

リムジンのエキスパート

今回取り上げた「プローラー リムジン」を販売しているカープロデュース ゲインズでは、アメリカ本国のリムジンコーチビルダーと提携し、リンカーンタウンカーをはじめ、キャデラック・ハマー、エスカレードやナビゲーターなど何十台ものリムジンを直輸入し日本全国に販売、さらに、カラー、内装、装備など、ユーザーの好みやニーズに合わせたカスタムオーダーメイドでの販売も行っている。
また、購入後のメンテナンスなども相談できるため、リムジンや希少車を所有するオーナーにとっては心強いショップである

カープロデュース ゲインズ
TEL:043-215-1080
http://gains1.net/

TEXT:Shingo.M
PHOTOS:TUNERS



関連する記事