• TUNERS(チューナーズ)は車のカスタム,改造車,ドレスアップを中心とした専門WEBマガジンです。カーライフに関わる情報を随時更新しています。
  • logo
  • logo
  1. ホーム >
  2. エクステリアパーツ > エアロ >
  3. ROWENの新ブランド30系アルファード/ヴェルファイア用ボディキットは日本のモノづくりの業を結集

ROWENの新ブランド30系アルファード/ヴェルファイア用ボディキットは日本のモノづくりの業を結集

CONTINUE THE QUEST ジャパンプレミアムの矜持  Produced by ROWEN  ALPHARD/VELLFIRE

究極のさらなる究極を生み出すROWENの探求心

040_rowen_image_01

オリジナリティが高いどころか、はっきりと「他ではあり得ない」とまで言い切ることができるROWENのボディキット。スーパーカーの分野でも世界から高い評価を受けている代表の樋江井尊吉氏が30系アルファード/ヴェルファイア用ボディキットを手掛けた。新たに立ち上げた「JAPAN PREMIUM」というブランドの実体も含めて紹介する。

042_rowen_vell_02

日本国内はもちろんのこと、いまや世界からも注目を集めているROWENが「ジャパンプレミアム」という新ブランドを立ち上げた。

実は同ブランドには「プレミアムエディション」という高級路線を狙ったシリーズが既にあり、20系アルファードや同ヴェルファイアのボディキットはこのシリーズに当たる。しかし、フェラーリやランボルギーニといったスーパースポーツ用に「ワールドプラチナム」というブランドを誕生させたROWEN代表・樋江井尊吉氏のこと。世界をさらに意識するようになるのは当然のことだった。

樋江井氏は、 「日本には世界に誇ることができるミニバンやSUVが存在している。それらをベースに日本のモノづくりの業を結集し、世界に挑戦できる車両を作りたくなった」と熱っぽく語る。そんな樋江井氏が「ジャパンプレミアム」の第一弾の素材として指名したのが30系アルファード/ヴェルファイアだったというわけだ。

そもそもROWENは以前から日本が世界に誇る技(例えば素材や製法など)に過剰なほどにこだわりながら作品を作り上げ、その過程でデザインのアイデンティティも確立してきたブランドだ。「ジャパンプレミアム」30系アルファード/ヴェルファイア用ボディキットではどうだろう。 「ほぼ完成形」 「もうこれ以上はない」とまで言われていた20系のデザインがさらなる高みへと昇華されているではないか。それでいてROWENらしさも失われていない。いや、デザインのテイストは誰が見てもROWENのそれとわかるものになっている。

043_rowen_vell_01

また、ダクト部に奥行き感のあるレーシングボンネットやフロントフェンダー、ワイド感が演出されるリアコーナーパネルなど、 「ここまでやるのか!」と叫びたくなるようなパーツまでラインナップされている。さらに、グリルやサイドに関しては数タイプからチョイスできたり、フロントスポイラーに関してもハーフタイプとリップタイプがラインナップされているにも関わらず、新たにバンパータイプも開発中と、さらにチョイスの幅を広げる準備が着々と進行している。

なにをして究極と言うのか。ROWENおよび樋江井氏の探究心が枯渇しない限り、究極のそのさらに究極が現れる現象はまだまだ続きそうだ。

日本の技術を世界に問う名門のニューブランド

30系アルファード用ボディキットは少々大人向け

ややヴェルファイア用に似たデザイン・テイストは踏襲されているものの、カスタム人口の多いヴェルファイア用に対し、「ジャパンプレミアム」の30系アルファード用ボディキットは少しだけ大人の雰囲気に仕上げられているのが特徴。フロントスポイラーに設置された巧みなLED位置などは、いかにもROWENらしい繊細さを感じさせる秀逸なデザインとなっている。

042_rowen_vell_03

LED付きとLEDレスからチョイスできるフロントスポイラーは主張が大きめの造形。2つのデザインが用意されるフロントグリル(写真はFace 1)、その上に付くフロントフードエクステンション、LEDが埋め込まれたヘッドライトガーニッシュと同時装着することにより、印象をガラッと変えることが可能だ。アルファード/ヴェルファイアでは珍しいカナードもラインナップされる。※フロントスポイラー、フロントカナードはヴェルファイアZグレード専用。

042_rowen_vell_05

写真のサイドパネルの他、サイドアンダーエクステンションも用意される。フロントスポイラーとサイドパネル、フロントリップスポイラーとサイドアンダーエクステンション、さらにそれらの複合など、個性に合わせて様々に組み合わせが可能。一度見たら忘れられない強烈な造形のフロントフェンダーには既にたくさんの注文が入っているそう。※サイドパネル、サイドアンダーエクステンションともにヴェルファイアZグレード/アルファードSグレード専用。

042_rowen_vell_07

入り組んだ形状のリアハーフスポイラーもROWENらしいアイデンティティを感じさせる部分。塗り分けが楽しめるのも同ブランドのアイテムならではの魅力だ。※リアハーフスポイラーはヴェルファイアZグレード/アルファードSグレード専用。

足元から支える老舗の逸品

042_rowen_vell_04

装着されていたホイールは凝ったデザインが特徴のWORK BALMUNGBG2 Nで、サイズはフロントが9.0J×20inch+30、リアが9.0J×20inch+15となる。カラーはジェムストーングラフィックスを指名。

SPECIFICATIONS(VELLFIRE)
EXTERIOR PARTS
フロントスポイラーwith LED 72,000円〜96,000円
フロントカナード 26,000円〜52,000円
フロントグリルFace 1 54,000円〜74,000円
フロントフードエクステンション 17,000円〜44,000円
ヘッドライトガーニッシュ 38,000円〜68,000円
レーシングボンネット 88,000円
フロントフェンダー 92,000円
サイドパネル 75,000円〜105,000円
リヤハーフスポイラー 55,000円〜82,000円
リアコーナーパネル 36,000円〜66,000円
リアウイング 68,000円〜126,000円
WHEEL
WORK BALMUNG BG2 N(20inch×9.0J)
TYRE
POTENZA Adrenalin RE003(245/35R20)
ACCESSORIES
REALステアリング プレミアムシリーズ [ラウンドシェイプ]
54,000円
LEDバックフォグVer II 16,000円
LEDバックフォグVer II(リレーキット付) 24,000円
ピンストライプ 20,000円

車種別にチョイス可能テールのマテリアルにも注目

042_rowen_vell_08

自社工場にて製作されるオリジナルマフラーは2.5ℓ用、3.5ℓ用、ハイブリッド用があり、それぞれROWEN製リアハーフスポイラー専用と純正バンパー用が用意される。また、テールの素材もステンレス、チタン、カーボンの3種類からチョイス可能だ。

PREMIUM01S(2.5ℓ用、3.5ℓ用、ハイブリッド用)※ROWENリヤハーフスポイラー専用 125,000円
PREMIUM01S(2.5ℓ用、3.5ℓ用、ハイブリッド用)※ROWENリヤハーフスポイラー専用/チタンテール
150,000円
PREMIUM01S(2.5ℓ用、3.5ℓ用、ハイブリッド用)※ROWENリヤハーフスポイラー専用/カーボンテール
195,000円
PREMIUM01S(2.5ℓ用、3.5ℓ用、ハイブリッド用)※純正リアバンパー用 125,000円
PREMIUM01S(2.5ℓ用、3.5ℓ用、ハイブリッド用)※純正リアバンパー用/チタンテール 150,000円
PREMIUM01S(2.5ℓ用、3.5ℓ用、ハイブリッド用)※純正リアバンパー用/カーボンテール 195,000円

[問い合わせ]
ROWEN事業部
TEL:0565-52-8555
www.rowen.co.jp



関連する記事