• TUNERS(チューナーズ)は車のカスタム,改造車,ドレスアップを中心とした専門WEBマガジンです。カーライフに関わる情報を随時更新しています。
  • logo
  • logo
  1. ホーム >
  2. 車種カテゴリー > インポート >
  3. ダッジチャレンジャー マッスルカーファン達の度肝を抜いた1台 【ラグジ】

ダッジチャレンジャー マッスルカーファン達の度肝を抜いた1台 【ラグジ】

DODGE CHALLENGER『R-LINE』
知り尽くしたオトコのモパーマジック 【LUXZ】

01

本場のマッスルカーファン達の度肝を抜いた1台を紹介する。
日本からわざわざカスタムパーツ一式をアメリカ空輸し、現地調達したベース車に組上げたこのチャレンジャーは、L/X系のカスタムでは日本随一と言っても過言ではないラグジが満を持してSEMA Showでデビューさせた車両だけあり、ビジュアル的なインパクトはもちろん、内容的にも文句無しだ。

12

日本におけるダッジ・チャレンジャーのカスタムの流行を作ったと言っても過言ではないLUXZ(ラグジ)が制作したコンプリート・カーが遂にアメリカ進出を果たした。今回ラグジがSEMAに持ち込んだのは、同社が展開するオリジナルカスタムブランドである『EDGE CUSTOMS』の最新作となる『R-LINE』。『R』というのはRacingの頭文字を取ったもので、同ブランドの中でもスポーティなイメージに特化したスタイルとなっている。

11

もっとも、「この車両はR-LINEのコンプリート・カーとして今回SEMAに出展しましたが、これはあくまでもひとつの見本に過ぎません。弊社本来の制作スタイルは、お客様それぞれの要望を、お客様の創造以上のカタチに完成させるのが基本なんです。EDGE CUSTOMも便宜的にM、R、Cと3つのシリーズに分けていますが、それぞれを明確に区分けして差別化する事にこだわってはいません」とのこと。
要するにダッジ・チャレンジャーという魅力的な素材をどう料理するか?はユーザーの希望次第であり、ラグジに展開するEDGE CUSTOMSは、ユーザーが想像力を働かせやすくするための商品サンプルの様なものだと思えばいいだろう。

09

ディープリム&カーボンディスク

ホイールはAmani Forgedをチョイス。サイズはフロントが9.5Jで、リアは何と14J。足回りはKWの車高調で僅かにロワードされている。

06 03

07

リアエンドを引き締めるトランクスポイラー

これ見よがしの大型のリアウィングではなく、控えめとも思えるトランクスポイラーを装着している事に「Racing」の本気度が伺える。

車両の完成度の高さはリアを見れば一目瞭然

リアオーバーフェンダーから繋がるリアカナードがリアエンドに独特の存在感を醸し出す。また、サイドデカールには「EDGE CUSTOMS」のブランドロゴがさり気なくデザインされており、LUXZの名称もリアバンパーに控えめに貼られたステッカーのみ、この辺の品の良さは見事だ。

 

13

大量生産でなく少ロッドでも高品質なものを

LUXZ代表兼ビルダーである島澤氏のモットーは「ユーザーの想像を超える1台を制作すること」であり、大量生産は好みではないのだとか。

EDGE CUSTOMSはベース車両を問わず制作可能

今回のR-LINE第一号車は2015年型のSRT8 392をベースに制作されているが、カスタムを依頼する際のベース車両はV6でもV8でもATでもMTでも何でもOKとのこと。

 

08

ちなみにこの車両、SEMA終了後には日本に輸入するそうで、早ければ年明け早々にはラグジに到着予定とのこと。SEMAでデビューして、現地のモダン・マッスルカーファンの注目を集めたこの車両を直に見たいと思われる方は、ぜひ同店に問い合わせてみると良いだろう。

Custom Spec.
フロントスポイラー
フロントオーバーフェンダー
フロントカナード
オリジナルグリル
ヘッドライトリング
ボンネットピン
ボンネットフードラッピング
サイドスカート
サイドデカール
サイドエンブレム
リアオーバーフェンダー
リアカナード
トランクスポイラー
KW車高調キット
AMANI20&21AW

Text|田中 亭 Photo|SEMA RULES

お問い合わせ|LUXZ Tel:0120-694-206 luxz.jp



関連する記事