• TUNERS(チューナーズ)は車のカスタム,改造車,ドレスアップを中心とした専門WEBマガジンです。カーライフに関わる情報を随時更新しています。
  • logo
  • logo
  1. ホーム >
  2. エクステリアパーツ > エアロ >
  3. レイズ直系ガレージ レイブロスが参戦表明!? TBR TWO BROTHERS RACING

レイズ直系ガレージ レイブロスが参戦表明!? TBR TWO BROTHERS RACING

THRASH BOX GT ROUND22

_63A2890

協力 レイブロスレーシングサービス
TEL:06-6747-3451

著名チューニングガレージがホイールとフロントエアロを新開発してハイエース界に電撃参戦!

_63A2968

セントラルサーキットでの激走レースの興奮も冷めやまぬまま、ビッグニュースが飛び込んできた!

かつてF1にもホイールを供給していた、あのレイズの直系チューニングガレージ、レイブロスレーシングサービスがスラッシュボックスGTに参戦意思があるという。

新規ブランド「TWOBROTHERS RACING」、通称「TBR」からハイエース用ホイールとエアロを発表したのだ。

TBRとは、個性の異なる兄弟設定で、ひとりはジャンル&カテゴリー問わずのレース野郎、もうひとりはノーマルでクルマを走らせるなんて許せないカスタム野郎。

そんなふたりが「RACING=荒ぶる魂のモノ造り」を具現化していくというもの。

その第1弾として標的になったのが、サーキット場で必要不可欠なトランポ&サービスカーとして数多く使われているハイエースだ。

純正鉄ちんが大多数を占めるその足元をカッコよくキメたい! という思いから誕生したのが「TB‐01」。

18インチは、オーバーフェンダー前提のサイズ設定で、ブラックポリッシュのステップリム。

金型技術の向上により、1ピースモデルながらディスクの断面が立体的でイマっぽい。

さすがメイドインジャパンのレイズ製だ。根底にあるコンセプトはもちろん“レーシー”なのだが、懐かしさを感じつつもイマどきっぽい新しさも併せ持つネオクラシカルなデザインといえる。

このホイールにピタリとハマるフロントリップも新開発。コチラもネオクラなチンスポ形状で、左右のフリッパーと3ピース構成となるのがポイントだ。

この2つのアイテムを引っさげてスラッシュボックスGTに参戦を検討しているTBR。

レーシングカーも製作する名だたるチューニングガレージが本気で作るハイエースをこの目で見てみたい!!

 

ネオクラ+イマ風のテイストを融合したNEWホイール

_MG_2535

TWO BROTHERS RACING TB-01(トゥーブラザーズレーシングティービー ゼロワン)

サイズ 16×6.5J IN38
18×9.0J IN25
価格 3万4000円
4万3000円
カラー ラックポリッシュ
構造 鋳造1ピース

 

ネオクラ+イマ風のテイストを融合したNEWホイール

段リムを採用し、凹凸のある立体的なディスク面としたデザイン。切削面のアウトラインをハッキリと見せるブラックポリッシュというカラーもあって、ネオクラシックなテイスト漂うモデルだ。ディスク面はわずかにテーパーを描き、リムへとつながるデザインが美しい。エンボス加工されたRAYSの文字が安心感を与えてくれる。

 

リップスポイラー+フリッパーの3P構造エアロ

ホイールに合うエアロということで開発された「フロントセンターリップ+コーナーフリッパー」は3ピース構成で、センターはヤンチャな街道レーサー的なチンスポ形状、両サイドはレーシーなカナードタイプのフリッパーとなる。3分割式なので、すべて装着、センターリップのみ、コーナーフリッパーのみの装着が可能だ。価格未定。

 

_63A2963

 

芸文社 / カスタムカーvol.475

カスタムカー 雑誌購入はこちら

 



関連する記事