• TUNERS(チューナーズ)は車のカスタム,改造車,ドレスアップを中心とした専門WEBマガジンです。カーライフに関わる情報を随時更新しています。
  • logo
  • logo
  • logo
  1. ホーム >
  2. アクセサリー > ナビオーディオ >
  3. ハイレゾ再生、音楽配信サービス対応の新型サイバーナビ【パイオニア/カロッツェリア】

ハイレゾ再生、音楽配信サービス対応の新型サイバーナビ【パイオニア/カロッツェリア】

パイオニアは9月に、カロッツェリアサイバーナビの新モデル、5機種を発売した。

 

2016年に大きくフルモデルチェンジされたサイバーナビだが、この度さらに進化を遂げたという。
まず、メインのシステムチップはシングルコアからクアッドコアに変更され、操作性が向上。そして、オーディオ面においてはDSPも48bitデュアルコアDSPから52bitトリプルコア浮動小数点DSPへと強化され、各種パーツも新しいものが導入されている。

単なるマイナーチェンジとは異なる内容になっており、オーディオパーツに関してはほぼフルモデルチェンジともいえる。すでに気なっているという感度の高いユーザーも少なくないだろう。

 

そこでこの記事では、そんな新しいサイバーナビの魅力や特徴について見ていきたいと思う。

 

 

AV機能強化でハイレゾ対応

今回の新モデルでもっとも強化されたのは、ハイレゾ音源の再生に対応したAV機能である。

 

今や携帯音楽プレーヤー、スマートフォンではすっかりおなじみとなったハイレゾを、カーナビ一体型のメインユニットで実現。

 

対応しているハイレゾ音源は「FLAC」、「WAV」、「ALAC(Apple Lossless)」、「DSD64」、「DSD128」で、そのうち「FLAC」、「WAV」、「ALAC」については、96kHz/24bitのネイティブ再生が可能となっている。

 

また、既存のCDや圧縮された音源も、リアルタイムな信号解析処理により量子化ノイズの効果的な除去とbit深度拡張、デジタル処理により失われる約22kHz以上の高域成分の自然な倍音を復元し、ハイレゾ相当に匹敵する高音質で再生することができる。

 

 

充実のエンターテイメント

ハイレゾ対応のほか、さまざまなドライブシーンで音楽を思う存分楽しめるストリーミングサービス「ミュージッククルーズチャンネル」に対応した。

 

これは、レコチョクの配信している約650万曲の中から、場所や時間、またはユーザーの好みに合わせて、再生リストを自動でピックアップするというサービス。

 

月額300円(税別)の「レコチョク Best ライトプラン」へ加入すれば、わざわざ家で音源をダウンロードしたり、CDをレンタルすること無く、常に新しい音楽を聴くことができる。

 

通信にはユーザーのスマートフォンを介して行われ、さらにスマートフォン単体でも再生リストの続きを聴くことができる「スタンドアローンモード」も搭載し、車外でもミュージッククルーズチャンネルを楽しむことができる。

 

また、前席と後席で別々のコンテンツを楽しめる「リアクルーズモード」も新たに搭載し、車内のエンターテイメントを、どこの席に座っていても自由に満喫できるのである。

 

 

基本のナビゲーション機能も強化

AV機能ばかりでなく、カーナビ本来の機能であるナビゲーション能力についても強化された。

 

カロッツェリアでは、これまで最新の渋滞情報をユーザー同士で共有できる「スマートループ」というサービスを提供してきたことで得られ、蓄積された膨大なプローブデータを、専用サーバーで高速演算。

 

本機では、そのサーバーからの情報をもとに、それまでの「時間」「距離」「料金」に加え「効率」までも考慮した「スーパールート検索」に対応している。

 

時間と共に変化する渋滞情報などの道路状況や、ETC/ETC2.0 の時間帯別割引料金も考慮に入れた、幅広い選択肢の中から柔軟にルートを選択することが可能になった。

 

そして、パイオニアが開発した自車位置精度専用システムと「6 軸 3D ハイブリッドセンサー」を採用し、3 種類の衛星(GPS、グロナス、 みちびき)からの位置情報の同時受信とGPSの補正データ「SBAS」に対応することで自車位置精度の向上も実現している。

 

 

カーライフをトータルにサポート

現在新車として販売されている「多くの車種では、先進の安全支援機能が必ずと言っていいほど装着されているが、マルチドライブアシストユニットと連携することで、先行車との車間距離や、車線維持などをサポートしてくれる。

 

本機ではさらにその制度を向上させ、誤警告を低減し、加えて、駐車時に車の異常を検知して知らせる「ライブカーセキュリティ」などの機能も搭載、走行中から駐車中まで安心安全なカーライフをトータルでサポートする。

 

 

選べる全5機種

展開されるラインナップは、8型の大型ディスプレイを備えた「AVIC-CL901」、200 mmワイドサイズの「AVIC-CW901」、通常の2Dサイズに収まる「AVIC-CZ901」の3機種。

 

さらに、ハイレゾ機能を省きコストパフォーマンスを重視した、200mmワイドサイズの「AVIC-CW700 II」と、2Dサイズの「AVIC-CZ700 II」を加えた合計5機種となる。

 

問い合わせ
パイオニア株式会社
カスタマーサポートセンター
0120-944-111(無料)
carrozzeria.jp

 

TEXT:Shingo.M

関連する記事