• TUNERS(チューナーズ)は車のカスタム,改造車,ドレスアップを中心とした専門WEBマガジンです。カーライフに関わる情報を随時更新しています。
  • logo
  • logo

アイスフューズ検証企画第3弾!韓国からやってきた本気仕様BMW M3

  1. ホーム >
  2. 車種カテゴリー > インポート >
  3. アイスフューズ検証企画第3弾!韓国からやってきた本気仕様BMW M3

アイスフューズ検証企画第3弾!韓国からやってきた本気仕様BMW M3

チューナーズでは、これまで「BMW X3 3.0i」「200系ハイエース2.5L SGL」とアイスフューズがもたらす効果について、実際の試乗や施工ショップのインタビューも含め検証を行ってきた。

検証企画の第3弾、取材に協力してくれた車両は、2005年式のBMW M3(E46型)。「なんだまたBMWか」と思わないで欲しい、今回の車両は今までのようなノーマル車両ではなく、バリバリ本気仕様のフルチューニングが施された1台だ。

今回の記事では、注目度満点のM3の車両紹介はもちろん、そのチューニングカーがアイスフューズに交換してどういった変化があったかなど、オーナーの素直な感想をお届けしよう。

 

国際サーキットのレコードホルダー

今回の検証企画に協力してくれたM3のオーナーは、韓国人のリーさん。そう、リーさんはスタンスネイション東京2017に出品するため、わざわざフェリーで18時間かけて大阪に入り、その後7~8時間かけて東京まで自走していくことを計画していたそうだ。

そこへ、以前から交流のあった「Dレジェンド代表の東氏」といっしょに訪韓中だった「ユナイテッドサウンド代表の長谷川氏」と出会ったのだ。

アイスフューズに興味を持ったリーさんは経由地でもありDレジェンドのある大阪でアイスフューズの交換をして東京を目指すことになった。

当然本サイトでは「アイスフューズ」の検証として、その真相を追い求めていたため、我々取材班はその話を聞きつけたのち、すぐさま大阪と東京へと取材に向かったのである。

ちなみに、このM3は、韓国にあるヨンアム国際サーキットにおいてE46型M3のレコードホルダーでもあり、リーさん本人はSPLチューニングというチューニングショップの共同代表も務めている。

 

外観だけでも本気度がわかる

見てもらえばわかる通り、レーシングカーがそのままサーキットを飛び出してきたかのような外観で、ロケットバニーのオーバーフェンダーとGTウイング、そして、R34GT-R用を加工したというマフラーがその本気度を物語る。

車内にはイエローカラーが目を引くロールゲージが張り巡らされ、これがこのまま公道を走れるのかとい心配になる。オーナーであるリーさんのこだわりは、「サーキットで速いのはもちろん、ストリートでも峠でも楽しめる車を作りたい」ということ。

その証拠に、これ程のチューニング施しているにも関わらず、ミッションはM3純正のSMG。日本では壊れやすいというイメージのSMGだけに、大丈夫なのかと心配して聞いたところ、「きちんとオイルの管理をして、正しく乗ってやれば心配ない」とのこと。また、サーキットを全開で攻めているにも関わらず、今まで大きなトラブルになったことはないという。

 

日本で通用するのか試したい

韓国でチューナーとして成功しているリーさんが、なぜわざわざ日本まで来たのか聞いてみた、

「韓国に比べて日本のチューニングカー文化はとても進んでいる。いつか自分の手でチューニングした車で、日本のイベントに出ることが夢だったんです。それと自分のチューニングカーが日本でどう評価されるのか試してみたかったんです。」

と、大阪への留学経験から、少し関西弁交じりの流ちょうな日本語で答えてくれた。

そんな夢を叶えたリーさんに、スタンスネイションに参加した感想を聞いてみたところ、

「とにかく楽しい。東京に着いたのは昨日の夜だけど、首都高を走ってみたりしてほとんど寝てない。でも全然眠くないんですよ!」

と少々興奮気味に話しながら、こうも続ける。

「やっぱり韓国から日本に来るというのは大変でしたけど、Dレジェンドさんをはじめ、たくさんの人の協力で実現できた。日本の人はみんな優しい!」

常に笑顔で明るく語ってくれるリーさんは、とても人懐っこい性格で、話しているとこちらまで笑顔になるほど。この笑顔と、車に対する情熱を見せられたら、誰でも力になりたいと思わされてしまうだろう。

 

次頁・・・

やり手チューナーの本気インプレッション



関連する記事