• TUNERS(チューナーズ)は車のカスタム,改造車,ドレスアップを中心とした専門WEBマガジンです。カーライフに関わる情報を随時更新しています。
  • logo
  • logo
  1. ホーム >
  2. 車種カテゴリー > インポート >
  3. AUTOMOTIVE DECLARATION OF INDEPENDENCE. 【スカイオート】

AUTOMOTIVE DECLARATION OF INDEPENDENCE. 【スカイオート】

アメ車専門ディーラーの老舗が自信を持って推す、日本での超レアモデルの4台がベールを脱ぐ

MG_0728-1

アメ車専門ディーラーとして、40年の実績を重ねている『スカイオート』。埼玉県越谷市に展示場、認証サービス工場、パーツセンター、そしてオフィスを一体化した広大な総合店舗を構え、サービス体制を充実。得意とするハマーH1をはじめ、レアなヴィンテージ・アメリカンから最新型のSUV、お手頃な1台まで、ここでバッチリ探せるようになっている。

今回はそんなスカイオートから、4台のビンテージ・アメリカンを紹介していただくことになった。

まず最初に紹介する2台は、’60年代を代表するマッスルカーとクーペだ。

1台は’69年型インペリアル・クラウン。インペリアルというブランド名は1926年以降、クライスラーがキャデラックやリンカーンに対抗して同社の最高級車に用いたもので、なるほど目の前の現車も豪華な装備には目を見張るほどだ。1955年から’75年にかけて、また’81年から’83年にかけて、インペリアルはクライスラーから独立したブランドとされたので、クルマのエンブレムに『クライスラー』の文字は見えないが、MOPARでも最大級の440(7.2ℓ)エンジン、パワーウィンドウ&パワーシートの装備など、その存在感は突出している。

そしてもう1台は、’66年型シボレー・シェベル。’63年にミドルサイズの大衆車として登場したが、パワフルなエンジンを積んだハイパフォーマンスモデルもラインナップ。今回のモデルも327(5.3ℓ)エンジンを積んだ「SS」グレードの2ドアクーペ。当時、マッスルカーと称された、強烈なモデルなのだ。

1969y Imperial Crown

MG_0789

キャデラックやリンカーンに対抗する、MOPARの超高級2ドアクーペ。ヘッドライトを隠し全幅を覆うフロントグリル、“サメのエラ”と呼ばれた前部コーナリングランプ、そして後輪を覆うフェンダーカバーが’69年型の特徴だ。全長は6m近くあるが、それでも2ドアのボディワークがイカす!

エンジンは440という、アメ車の中でもとくに大きな排気量。コラム式の3速ATがコンビだ。エアコン、パワーウィンドウ、パワーシート、ウッドトリムなど、超高級装備が充実している。

1966y Chevrolet Chevelle SS

MG_0924

スカイオートの手によってフルレストアされた’66シェベル。代表の村上周平さんが普段乗りしていて、とても乗りやすいクルマだという。ハイパフォーマンスのSSグレード、エンブレムには396の文字があるが、元々はそのエンジンを搭載?ただし現在は327が載っている。

レストアに際してはエンジンをMSD化、運転席まわりには水温、電圧、油圧のメーターも追加。コラム式の3速AT、前後ベンチシートは居住性も良好。タイヤ&ホイールは今どきのグッドイヤー・イーグルF1&ロケットホイールの17インチを装着する。

旧き良きアメリカを感じさせる60ピックアップトラック

MG_1011

スカイオートが薦めるもう2台のビンテージカーは、いずれもピックアップトラック。日本の国産車では正規販売のラインナップから消えてしまったピックアップだが(ハイラックスもダットラも、今や新車は売られていない)、一部には根強いファンもいる。実際、アメリカン・フルサイズのピックはそれなりに人気だし、トヨタのタンドラやタコマは今、逆輸入車として人気が最高潮だ。この2台は、そんなピックアップの元祖と言ってもいいモデルだ。

フォード・ランチェロは1957年に初代が登場。トラックというよりクーペさながらのスポーティなユーティリティビークルとしてのコンセプトを持っていたが、それが大ヒット。今回のモデルは’66年型、ランチェロとしては2代目後期モデルで「ファルコン・ランチェロ」の正式名称が与えられている。このランチェロの成功を見て登場したシボレー・エルカミーノのほうが、今は人気があったりするのだが…。

一方、もう1台のGMCトラックは、シボレーのピックアップ、Cシリーズの兄弟車である。日本ではかなりレアな存在といえるだろう。

1966y FORD RANCHERO

MG_1107

日本では稀少な存在であるランチェロ。ミドルサイズのボディに289(4.7ℓ)V8エンジンを搭載し、トルクフルな走りが楽しめる。フロントブレーキもディスク化され走りをサポートする。フカフカのベンチシート、レザートリム、クーラー装備など、インテリアの高級感もたっぷりだ。

軽量なボディに不釣り合いなほど大排気量のV8エンジンは、アメ車の何よりの魅力。ゴージャスなインテリアも今のピックに通じるところ。

1963y GMC C/K PICK UP TRUCK

MG_1038

インテリアは鉄板ムキだしで、ワークホース的なテイスト。フロントウィンドウは左右両端に曲面処理がなされ、なんとも言えない味を出している。シートはベンチシートだが、ミッションは4速MTのフロア式だ。

GMCはGMのコマーシャルカーブランド。シボレーのC/Kシリーズ・ピックアップとは兄弟車になる。ボディはフルサイズ・シングルキャブ、エンジンはV6ながら305(5.0ℓ)で、走りもサウンドも力強い。ボディ各部に曲線的デザインを採用する細かいワークアウトは、アメリカン・ヴィンテージの魅力そのものだ。

■取材協力:スカイオート(http://www.skyauto.co.jp/)

■Text & Photos|AMERICAN VINTAGECAR magazine

関連する記事